大監督退職祝いの日


大荒れの日に

 今日は朝から大嵐の一日。横手市で元同僚である。高校野球の監督であるTN先生の退職祝賀会があった。この3月で退職することになるとのこと。彼とはD農の定時制の時に同職した。その時に初めて会ってから30年以上が経過している。彼はその期間を高校野球の監督として指導にあたった。甲子園にあと1勝まで迫ったのだが惜しくも届かなかった。大監督である。
 彼の大らかな人柄は多くの人を惹きつけた。退職と同時に自宅に「青雲龍志館」と名付けた道場を創られたとのこと。これからの展開に期待したい。そして、一緒に釣りっこに行きたいものだ。

 会場で写真を確かに撮ってきたがSDカード(Eyi-Fiカード)の調子が悪く保存されていない。まったくボクは真抜けているのである。

 そうそう、今日の会場をボクは湯沢だと勘違いして一路湯沢市に向かおうとした。ところが同乗した本店の社長が
「湯沢でねんすよ。横手だんすよ」
と言うではありませんか。アリャリャであった。


今を全力で

 話変わってもう1人の高校野球監督の話。
 1週間程前に大曲の平山書店に寄った。注文した本や雑誌を受け取りながら、めぼしい本が無いかと店の中をウロウロする。
 すると『摂津正』という雑誌が目に入った。オリョリョ、ソフトバンクのエースである。もちろん経法大附属高校(明桜ではありません)の出身なのだ。
 中をパラパラとめくっていたら、あるページでさらに目が点になった。攝津正投手の恩師である全力監督が高校時代の想い出について三ページ分たっぷりと語り尽くしている。
 もちろん買いである。家に帰ってからじっくりと読まさせてもらった。全力監督と一緒に野球部に携わっていた頃。ドラフトシーズンになれば経附からJR東北に進んだ摂津投手のことを
「摂津はドラフトにかからねーかなぁ」
と、毎年話していたことも掲載されていて懐かしかった。
 何よりも全力監督が書いた色紙に「今を全力で」と書かれているのが素晴らしいのである。
 もし本屋にあったらぜひ手にとってみて下さい。発行は「ベースボール・マガジン社」です。やはり、今を全力でですねぇ。


と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。今日から我が家のとわちゃんを登場させようかと思いましたがお母さんの実家に行って不在です。明日からでも・・・。でも、明日ボクは仙台に行く用事もあるし・・・。詳しくは後日。

   「もういいよ」つい出てしまうつぶやきは立春過ぎた強いブリザード
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR