高校野球と眉毛について


ノートの落書き

 その昔、和製フォークが流行っていた。その頃「古井戸」というグループがあった。解散後RCサクセションに参加した中井戸麗市とソロで活動していた加奈崎芳太郎のデュオである。その中ヒット曲に「さなえちゃん」という曲がなかなかにいい。

♪大学ノートの裏表紙に
 さなえちゃんを書いたの

という歌だ。

そして、斉藤和義の「ずっと好きだった」の歌詞の最初。

♪この町を歩けば よみがえる16歳
 教科書の落書きは ギターの絵と君の顔

つまり、高校生諸君は教科書でもノートでも授業が退屈なのである。そして、紙に空白があればついつい落書きをするのが正しい高校生かもしれない。好きな人。嫌いな教師。卑猥なマーク。何でもありの退屈しのぎだろう。

 で、写真はある子がボクを描いた似顔絵であるがほとんど似ていませんねぇ。今も昔も落書きの歴史は変わらない。

    落書きは高校生の定番で教師の癖を見事に描き


高校球児のまゆ毛?

『高校球児のインタビューをテレビで見ていて気付いたことがある。時折、手を入れたとみられる整った眉をしている選手がいるのだ。少なからず驚いたが「美眉」作りは今の男子高校生にとっては身だしなみの一つなのだろう』

 こんな内容が今朝(2012.4.11付)の魁新報のコラムに『ボーダレス化』として掲載された。コラムには男性が料理をしたり女性用ステテコの男女差がなくなることに「眉を寄せる風潮」かもしれないと書く。そしてまとめには「男性の育児休業制度の定着が焦眉の急であることもお忘れなく」と「眉」に焦点をしぼって男女の「ボーダレス化」について書いている。

 中味はそれなりに楽しく読めた。ただボクは「ウーム高校野球の美眉ねぇと納得がゆかない。魁のコラムニストは「眉を手入れしている選手に少なからず驚いた」と書いているくらいだから高校野球のまゆ毛問題は見苦しいしスポーツマンとして妥当ではないと問題視されていたと思う。

 だが、高校野球に限って言えば絶対に美眉なんかではない。ここをボクは譲れないのである。眉を細くしている選手のほとんどは女性の三日月眉(美眉なのかなぁ)に近づこうとしているのではない。ただ、単にかっこつけているだけ。その「かっこつけ」も相手を威嚇しようとするハ虫類系の眉毛なのだ。「逆ハの字」と言いますか「↘ ↙「←こんな形に薄く削っているまゆ毛。何とも不気味である。

 ボクの考えは古いかもしれない。だが、高校野球やあるいは高校スポーツにおいて男子が極端にまゆ毛を剃る(あるいは抜く)姿は異常だと考えている。高野連は今一度強い指導をすべきだ。そして、NHKを中心とするマスコミはその姿に「ダメである」ともっと提言すべきである。
 もちろん、帽子のツバの形の∩∧にも明確に異様であると・・・。


我が家のとわちゃん。最近、オウム返しと言いますか「とわ返し」で、人の言うことを喃語でくり返す。少しずつ言葉になっているのだろうなぁ。
と、言うわけで夕方から雨が降り始めた夜に、本日のブログはこれにて終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR