ナメコの植菌


フキノトウ

 雪が消えた途端にフキノトウが芽を出した。そして、ドンドンドンドンと生長して秋田弁で言うバッケ状態をすぐに通り越してしまった。春は足早に過ぎてゆくのかもしれない。


ナメコ

 今は解体してなくなったが、古い家が建っていた土地に樹齢50年ほどの柳の木があった。十日程前の大嵐でこの柳の木の枝が吹き飛ばされ隣家の土地に落ちてしまった。家屋などに被害はなかったのがありがたかった。
 すでに柳の木は枯れていたようなので危険性があるので業者に頼んで切ってもらった。倒してくれた業者さんに伺ったらやはり空洞などもあり大変だったとのこと。
 それでも枝や細い部分はまだ大丈夫なところもあるとのことだった。それを利用して「ナメコ」を植えたらどうですかとアドバイスを受けた。
 それならば好天の今日しかチャンスはあるまい。ホームセンターにナメコの種菌と木に種の駒の穴を開けるビットを購入にいった。たまたま塩釜からお父さんが遊びに来ていたので(詳しいことは後日書きます)手伝ってもらいボクが駒用の穴をドリルでビャーンと開ける。塩釜のお父さんが種菌の駒をハンマーでトントンと植え付ける。太さ10センチ前後、長さ約80~90センチ前後の柳の木に30個くらいの駒を植え付けた。
隣の家のオドサンが素人がやっている仕事を興味深そうにやってきた。
「何を植えでのや?」
「ナメコっす」
「んだがぁ。へば、まず木を寝がせて置けばエー」
貴重なアドバイスをもらい、できるだけ日陰にナメコを植えた木を十数本横にして重ねて置いた。
「シートをかぶせればエーがもしれねーな」
とも、言うので近いうちに考えよう。
「秋になれば菌もまわるべがら木を立てればエー」
なるほど、なるほど。そのようにしてみよう。
ナメコが収穫できるかどうかわからない。しかし隣のオドサンが言うには。
「とれなくでもナメコの種菌分だけ楽しんだと思えばエーベ」
そうです。その気持ちが大事ですね。外に出て楽しんだ分良かったと思わなければいけない。しかも、ナメコの種菌は半額セールだったからいいでしょう。秋が少し楽しみである。

    倒木にナメコ収獲夢に見てトントントンとハンマーを打つ


風見鶏

 我が家のとわちゃん。とわちゃんの両親が盛岡から買ってきてくれた風見鶏がクルクル回るのが大好きである。この風車は弱い風でもクルクルと回ってくれる。少し風が強くなるとビュンビュンコロコロ音を出して回転する。そうするととわちゃんは両手をたたいて風見鶏の前で踊り出します。
 やはり、外にいるの大好きなんでしょうねぇ。
 昔、中曽根という総理大臣が風見鶏と言われていたことを思い出した。とわちゃんは風見鶏のような人間にならないでくれよなぁ。


リーグ戦の結果(魁新報より)

【県南地区】
 角 館 12- 5 増 田(8コ)
 雄物川 20- 0 雄 勝(5コ)
 大曲工  4- 2 角 館
【鹿角・大館・北秋地区】
 大館鳳鳴 3- 1 十和田
 秋田北鷹10- 5 大 館
 大館国際 6- 5 大館工
 花 輪 10- 0 小 坂(6コ)
【能代地区】
 能代工  8- 4 能代西
 能代商 10- 0 二ツ井(6コ)
【男鹿・潟上・南秋地区】
 秋田西  8- 7 男鹿海洋
 男鹿工  6- 1 五城目
【秋田市地区】
 秋田商  6- 4 秋田工
 明 桜 11- 1 新 屋(5コ)
 秋 田 12- 5 秋田高専(7コ)
 秋田中央 6- 3 金足農
【由利本荘・にかほ地区】
 由 利  6- 6 仁賀保
 本 荘  5- 1 西 目
 矢 島  5- 4 由利工
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR