エジプトレポート【2】


ヌビアの歴史

 ルクソールで若き日本語ガイドたちのルクソール神殿などの案内練習を終えた後のこと。
 彼等と一緒に食事をしようと神殿付近で小型の乗合バスを拾うことになった。小型の乗合バスとはトヨタのハイエースに座席が全部つけられていて12~13人前後が乗ると満員になるような車。
 通り過ぎる車はほとんどが満員状態でなかなか拾うことができない。何台もやりすごしているうちに一人の女性が乗ったバスに乗ることができた。

 このバスの運転手がサービス満点。カーステレオでアフリカンドラムの低音が響く音楽を大音量で流してくれた。するとノリの良い若者たちがそろって手拍子を始めたのである。そして時折「あわわわわわ・・」と高い声で相の手を入れる。これが何ともアフリカっぽくてかっこいいのだ。途中で同乗していた一人の女性がニコニコと笑顔で降りていった。そして数分後に目的地の韓国料理レストランに到着。

 彼等に車内でかかっていた音楽は何かをたずねた。すると「ヌビア」と言う。「ヌビア」と言う言葉は初めて聞く言葉。その意味をたずねたらアスワンハイダムの建設の際、その地域に住んでいた人たちが立ち退きをせまられた。立ち退きを迫られた部族の名前がヌビアだった。エジプトの中でも黒人の部族であると話してくれた。ヌビア人のバンドができCD化され車の中でかかっていたのだろう。エジプトでは有名なバンドだとボクは推測した。

 次の日。今回旅行を案内してくれたリエちゃんの仲間のJICAメンバーユアサチヒロさんの働いているヌビア人女性のカルチャーセンター(作業所)の見学に行くことになった。チヒロさんはヌビアの女性たちに陶芸の指導をしておられた。
 そこでは10数人の若い女性たちがヌビアの伝統的な織物や陶芸などに取り組み土産品などを作っていた。
 ボクもこの施設への若干のカンパと彼女たちの自立支援を兼ねて独特の色合いの陶器を3個ほど購入してきた。そう言えばルクソールで宿泊したSTEIGENBERGER NILE PALACE HOTELにもヌビアンの伝統的な工芸品が展示されていたことを思い出した。

 日本に帰ってからヌビアのCDを探したら『EGYPT NOIR  ヌビアン・ソウル・トレジャーズ』を見つけて早速購入。CDに入っているライナーノーツに「ヌビア」の解説があるので一部抜き書きします。

『ヌビアはエジプト南部から国境を越え、スーダン北部まで至るアフリカ大陸北東部の地域の名称である。紀元前26世紀にはアフリカ大陸で最も古い文明の一つであるクシュ文明を興し、古代には金や銅などの鉱物資源に恵まれたため、古代エジプト語で「金」を現す言葉「ヌブ」から国名がつけられた。4世紀にはエチオピアの侵略を受け、一部がキリスト教化された。その後7世紀にはイスラーム教徒アラブ人によりエジプトとともに侵略され、住民のほとんどがイスラーム教化された。近世以降はエジプトに支配され、1956年のスーダン独立ともにヌビアは二つの国に分断され、現在に至っている。
その上、ナイル川の氾濫を抑えるために建造されたアスワン・ダム(1902年)、アスワン・ハイダム(1960年)により、ヌビア人の多くが故郷を水没で失い、エジプト側ヌビア人はアスワン北部のコム・オンボや首都カイロに、スーダン側ヌビアは首都ハルツームやヌビア砂漠南部に移住を余儀なくされた。
いわば亡国の民であるヌビア人の音楽、さぞかし悲しみに満ちた音楽ではないか・・・・例えばアメリカに奴隷として連れてこられたアフリカ黒人の生んだブルースのように・・・と思うと、そんなことは全然ない』

 このCDには音楽はもちろんおまけがある。それはCDのジャケットになっている19世紀のオリエンタリズムあふれるスライドショーが楽しめる仕掛けだ。

 「ヌビア」の歴史も垣間見ることができた旅行だった。ダムの功罪も考えさせられた。そして現地でJICAでがんばっている女性二人の健闘にも頭が下がる思いだった。女性は強いなぁ。

   故郷を追われし民の誇り聴くヌビアンソウルドラムの響き



リーグ戦の結果
【鹿角大館北秋リーグ】
 大館鳳鳴 8- 4 大館工
 花 輪  6- 4 大館国際
 秋田北鷹 5- 1 大 館
【能代地区リーグ】
 能 代  4- 0 能代商
 能代西  6- 3 二ツ井
【秋田市内リーグ】
 秋田南  5- 4 秋田中央
 秋田高専 4- 3 秋田工
 金足農  7- 0 秋 田(7コ)
【由利本荘にかほリーグ】
 西 目  4- 4 由利工
 本 荘 10- 0 仁賀保(5コ)
 由 利  6- 2 矢 島
【県南地区リーグ】
 大農太田 5- 4 平 成
 秋田修英 5- 1 雄 勝
 大曲農  6- 4 増 田
 横 手  8- 6 角 館
 横手城南 6- 6 湯沢翔北
 雄物川  8- 5 西仙北


今日から旧盆。本日のブログはこれにて終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR