「釜石小学校校歌」は素晴らしい


彼岸の入り

 暑さ寒さも彼岸まで。ホント?そんな気温が続いていた。今日は久しぶりに雨模様の天気であった。少し気温が下がり一息つけた感じがした。


避難所設置訓練

 今日、避難所設置などの広域の防災訓練がボクの職場で実施された。避難所設置などの詳しい内容については結構大変だった。生徒諸君の頑張りとその指示にあたった指導者の先生たちの努力には頭が下がる。
 2枚目の写真はパーテーションと呼ばれる体育館に設営された避難者たちの場所である。プライバシーとコミュニケーションを微妙に保てる距離に作るのがとても難しいらしい。
 そして、午後から実施された釜石市を襲った津波災害で釜石小学校に避難所を設置し管理運営された佐々木さんの体験談があった。々木さんの最後に話された言葉に感銘を受けた。
「避難所が設置された釜石小学校の校歌が被災者の皆様を勇気づけてくれました」
その校歌がプロジェクターで映された。
 映し出された作詞者と作曲者を見た「オッ」と姿勢を正してしまった。それは今は亡き井上ひさしさんと宇野誠一郎さんである。あの素晴らしい「ひょっこりひょうたん島」のコンビなのだ。

 歌詞は次のようになっている。校歌は海や山や砂浜など普通に使われている言葉が何も無い。読んでいるうちに「そうだよなぁ、いきいき生きるってのは大事なんだよなぁ」とあらためて気づいた。

釜石小学校校歌
        作詞 井上 ひさし
        作曲 宇野誠一郎
   (1)
 いきいき生きる いきいき生きる
 ひとりで立って まっすぐ生きる
 困ったときは 目をあげて
 星を目当てに まっすぐ生きる
 息あるうちは いきいき生きる
   (2)
 はっきり話す はっきり話す
 びくびくせずに はっきり話す
 困ったときは あわてずに
 人間について よく考える
 考えたなら はっきり話す
   (3)
 しっかりつかむ しっかりつかむ
 まことの知恵を しっかりつかむ
 困ったときは 手を出して
 ともだちの手を しっかりつかむ
 手と手をつないで しっかり生きる

 ネットでチェックしたら初音ミクが釜石小学校校歌を歌っているバージョンもあり聴いてみて「これだば元気出る」と感じた次第です。とても素敵な詩に出会えたことが幸いだった。



我が家のわかちゃん。昨日、突然寝返りをしたそうです。ビックリ。座布団の上に寝かせていたので両端に若干の下り傾斜があったので少し寝返り年齢?を割り引かなければいけませんが・・・。そう言えば仰向けになっている時に腹ばいになろうとする姿勢を見せていたのである。順調に成長している3ヶ月目のとわちゃんの妹です。

  寝返りをしたこと驚き目出度いネわかちゃん生後三ヶ月目に

と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR