歌集『いちまいの葉つぱ』


積雪の違い

 我が家の付近では一昨日から30僂論僂發辰拭しかし、職場付近では10僉淞戮任△襦2罎家はもちろんだが職場付近は県内有数の豪雪地帯。そこが思ったより降っていない。
 職場の人たちの話をだいたいまとめると大曲から奥羽山脈にかけて積雪が多いようだ。今の時期は積雪の違いが結構多いなぁと感じるのである。
 写真は職場の駐車場から某大企業の鉄塔を眺めた景色である。昨日から鉄塔続き。何だか鉄塔愛の感じになってきています。ハイ。


短歌集

 先日、知人から一冊の本を届けていただいた。
 それは『歌集 いちまいの葉つぱ 短歌研究社刊』だった。秋田に短歌の会「かりん秋田」がある。そこのお一人である。加藤さんが上梓した一冊である。
「これはこれは」。と、思い手に取りながら素敵な製本を確かめ「謹呈」の短冊を発見。短歌初心者のボクにまでお届けいただいたことに恐縮した。

 一首一首を味わいながら「心から平和を願っておられるなぁ」「加藤さんは教師として生徒たちに共感されているんだなぁ」「東日本大震災に言葉を失われても歌をしぼり出されたんだ」などなどボクの心の世界が広がった。中でも震災後の原発で自分の子どもたちを守るために70僂離咼法璽訛泙鯣錣擦独鯑颪靴真佑力辰鮗,里茲Δ焚里北椶とまった。

『七十センチ四方の袋に私なら何入れ戻らむ 途方に暮れる』
 
大震災後の原発行政の迷走状態に怒りの1年9ヶ月が走馬燈のように頭の中を駆け巡った。

 ボクもこんな風に歌を詠めたらとあらためて考えたが、グータラな人間なのでなかなか難しいことにも気づかされた。
 しっかりと読み込むためにはもう少し時間をかけなければ。そう思いながらとても貴重な一冊に感謝した次第。

  歌集『いちまいの葉つぱ』をひもといてそのしなやかさ緑の地球



本日は職場の忘年会。横手市にて開催。あまり飲まないように電車で帰ろう。これにて本日のブログは早めに終了です。

孫の成長


懐かしの鉄塔

 我が家の地区では1週間に2回燃えるゴミの収集がある。
 家の中の燃えるゴミなどのとりまとめは家人がおこなうが収集所への運搬はボクの役割。近くのおばさん(おばあちゃんと言っても良いが・・)に出会うといつも話しかけてくる。
「貯まるのはなんとこればりだ・・」
と、言いながらゴミ袋をポンポンとたたいておばちゃんは収集場所に収める。
ボクはもちろん納得して
「んだなぁ」
と、答えて一緒に自分ちのゴミ袋を出す。

 オーッとこれが本題ではなかった。最近は除雪で積み重なった雪が道路の両側に積み重なっているのでゴミ集積所の付近でUターンすることが難しい。
 そこで少し遠回りをしてUターンをしなくてもいいように一筆書きルートを使う。すると雪が積もった懐かしい風景に会える。それがこの写真。昔、我が家のあった場所である。生長した木々に雪がついて何となく幻想的な景色であると思うのはボクだけかもしれない。
 そこには鉄塔があり「早く「アマチュア無線に復帰しろよ」と語りかけられたような気がした。


ジジバカの極み

 やはりジジバカである。写真屋に行ったらA4判の用紙に24ミリ×32ミリほどのサムネイル写真が48枚。50ミリ×65ミリほどのちょっと大きめの写真が2枚を配置したものが1枚の用紙にプリントされて飾られていた。
「これはいいなぁ」
店先でしげしげと眺めてその構造を暗記して、自宅に帰り「ラベルマイティ」というソフトでフォーマットを作ってみた。そして、最近3ヶ月ほどブログに掲載した我が家のとわちゃんの写真を順番に配置した。そしてプリントアウト。写真屋で見たように正確にできていないのが難ではあるがこんなものでしょう。

 こうやって一覧にしてみると色々なことがあったと思いだす。ジジバカはA4版の写真用紙を何度も何度も眺めてしまうのであった。これのできあがったのが昨夜11時過ぎ。わかちゃんの写真まで手が回らなかったので今宵はブログアップ後にわかちゃんの写真にとりかかることにしよう。
 と、ジジバカのバカさ加減は尽きないのである。
   

宅急便が夕方届いた。配達してくれた人が疲れ切った顔をしている。
「年末、大変だんすな」
と、言ったら
「それよりも道路が悪くて・・・」
と、言う。日中少し2℃前後まで気温がゆるみ夕方から冷え込んできたので道路が洗濯板状態になっているそうだ。いずれにしても冬場の道路は油断がならないのである。
これにて本日のブログは終了です。

   雪が降るただ音もなく降り積もる艱難辛苦覚悟も嫌だ

憲法9条守る心意気


猛吹雪

 今朝は猛吹雪。朝方の通勤時間帯は10メートル前後の視界だった。車は前照灯はもちろんフォッグランプなどすべてのライトを点灯して走行。

 ラジオを聴いていたらちょうど気象予報士の森田正光さんが今年の五大気象現象について話していた。もちろん森田さんの気象予報会社単独のベスト5ではあるが。
 その中の第1位が竜巻発生とのこと。おそらく今年の竜巻は日本で起きた史上初ぐらいの大きな竜巻が起きたとのこと。風速が100メートルを超えていたらしい。すごいなぁ。また、残暑の厳しさ、台風の多さ、集中豪雨、爆弾低気圧などがあげられていた。
 ボクの記憶に残っているのは夏の残暑というか猛暑のことばかりである。台風も豪雨も竜巻も直接被害はなかったからだ。ただ春先にあった爆弾低気圧でボクの勤務する地域では3日間以上の停電があったことは記憶に残っている。
 気象現象は毎日のことであるが日本全体になるといろいろあるんですねぇ。

 写真は外小友郵便局付近。サントリーオールドの看板はご主人が亡くなり今は誰も住んでいない「松店」。道の向こうには半世紀以上前にボクらが学んだ外小友小中学校(やはり建物は跡形もない)方向を吹雪の中で見た風景。

   郵便局松店ジュンスケオクヤマを過ぎた所は懐かし学舎


すごい人

 今朝(2012.12.19付)の朝日新聞「ひと」欄に『全国最高齢の候補者として衆院選を戦った 川島良吉さん』の記事か光った。
 なにしろ川島さんは94歳である。彼が立候補にいたったきっかけがといも良い。
 テレビの党首討論で「国防軍」「憲法改正」の言葉が飛び交っていたこと。川島さんは21歳で陸軍歩兵として中国戦線に送られ仲間が次々に死んでいった。しかし、政治家は戦地に行かない。犠牲になるのは弱者や貧乏人だけ・・・。今こそ平和の大切さを若い人に伝えなければと公示日前日に埼玉12区から立候補することを決意したという。
 川島さんは体調などを考えて街頭演説は2日間に絞り、毛筆のたすきをかけ手押し車に旗掛けて「川島良吉94歳」「日本国憲法は最高!第9条を守ろう」と訴えた。「暴走老人」を自認する石原慎太郎氏(80)には泰然として「俺の方が年上だ」と話したという。
 結局、元会社員の無所属新顔は2169票で最下位。「葬式代」としてためていた供託金300万円はなくなったが娘さん(62歳)が「じいちゃんがそこまで言うなら」と神奈川から応援に駆けつけた。

 自民が圧勝したが絶望はしていない。「こんな右傾化の動きは長くは続かない。国民はそんなバカじゃないよ」。

 ボクはケチだからすぐに供託金300万円はもったいないなぁと思うしそんな勇気もない。しかし、これだけネットや全国紙や外国メディアにも取り上げられたこと。そして2000票を越える票を集めたことをを考えれば痛快な話ですねぇ。
 ブツブツとつぶやいているだけなボクのような人間に勇気を与えてくれるニュースだった。


我が家のとわちゃん。先日の体調悪化から回復して元気もりもりになった。良かった良かった。回復したらやんちゃぶりがなかなかのもの。それはそれで嬉しいものです。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

ほぼ日手帳


アッと言う間

 積雪が70僂曚匹砲覆蠅△蠅磴蠅磴隼廚辰討い燭蕁△海虜■押腺各農兩磴魯▲辰噺世Υ屬烹隠悪兮罎砲覆辰拭2罎社の簡易積雪計の紅白段だら模様は9目盛を読めるようになった。
 これはこれでありがたいことだ。しかし、まだまだ冬の入り口。これから寒くなるのである。消えるのもアッと言う間、積もるのもアッと言う間。


新たな手帳

 ボクの手帳は10数年前の皮革製作教室で作ったA4判の用紙を四つ折りして挟み込めるタイプだった。これは野口悠紀夫さんが提案した超整理手帳を真似したものである。だが、実際に整理できたかというとそんなことはない。常に情報などは自分の周りでとっちらかっていた。
 手帳の内部に挟み込む予定表のリフィルもワープロで手づくりした。これをおよそ10数年近く使っていたが今年はほとんど開くこともなくデジタルの予定表になった。

 これじゃあいかんなぁ。下手くそな文字でも書き留めておいた方が良い。と、思い手帳を交換することにしたのである。
 手帳は何にしたらいいかなぁと思いながら前の職場で同僚だった人が「ほぼ日手帳」を愛用していたことを思いだした。その頃から「ほぼ日手帳」気になっていたのだが「まぁ、いいか」と見送っていた。
 「ほぼ日手帳」は糸井重里さんのブログ(かな?)「ほぼ日刊いとい新聞」で使いやすい手帳を追求した手帳の名称である。

 「ほぼ日手帳」にしようとを糸井重里氏のHPから購入。手元に届いて「アレッ」と思ったのはサイズがイマイチ小さい。よくよく調べてみたらこの小さな方がオリジナルで前の職場の人が使っていたのが「カズン」とかという製品で大きめになっていることがわかった。

 ボクは本質的に三日坊主人間だから手帳に毎日「なにか」を記入することなんか絶対に無理なことを自分自身でわかっている。だからまぁ、バッグにドサッと入れてメモするために使う分にはこの手帳サイズで充分。

 と、言うわけで久しぶりに手帳を変えたのであります。

   来年の手帳をなでてほくそ笑む克服なるか三日坊主は


我が家のわかちゃん。活発になって人の見極めがきちんとできるようになった。その分人見知りもするようになったらしい。いいことですね。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

選挙結果で日本の未来は


凍り付いた朝焼け

 今朝はマイナス3~4℃くらいだったろうか。路面には積雪がなく濡れた状態だと思いながら車を走らせていた。
 すると、大森町に入りちょっと近道の小径に入るとゆるいT字路の一時停止がある。そこは、ちよっとした下り坂になっている。ブレーキを踏んだら突然ABSが作動しガガガガと車輪が滑りながら車は止まった。この冬、初のABS作動。路面が凍り付いていたのだ。
 危ないアブナイ。気をつけなければと思いながらスピードを抑えながら走行したのであった。
 選挙結果も聴きながら気持ちが凍り付き路面もついでに凍り付いてました。


総選挙の結果

 まぁ、一言コメントというか感想を書いておこう。

 こんなもんでしょうね。自民党が小選挙区制を導入したときの思惑が見事に当たったとも言える。前回自民党は負けたが今回は得票率で言えば半数も獲得していないのに議席では過半数を大きく超える議席を得た。この選挙制度は憲法違反の一票の格差と同じように大きな問題点である。

 そして、地方区で落選した人物がゾンビのように甦る摩訶不思議さ。あの人たちの落選してからゾンビの当選したときの微妙な笑い顔は気持ち悪くて仕方がない。

 59%ちょっとの投票率の低さ。投票率は最低でも70%を超えなければ選挙のやり直しをすべきとの法令を作るべきだ。と、思うのはボクだけかもしれないがこれで圧勝だとか民主主義なんて言えない。

 次回の政権のトップのタカのような人たちがうようよと出るのが心配である。憲法9条の改正。国防軍の創設などなど声高に言い出すのだろう。うがった考えかももしれないがいずれ徴兵制を持ち出す可能性だってある。

 民主党が惨敗を喫したのは「やらないと言っていたことをやった」ことに対する不満があるのだと思う。どんな人だって「これをやります」と言ってできなければ「まぁ、しかだねべ」となる。
 しかし、民主党は任期期間中は消費税を上げないと言っていたにもかかわらず消費税を上げることを決めた。この怒りが民主党だけに集中したのだろう。本当は自民党も公明党も同罪なのだが・・・。
 自民党は「やりたくてやりたく仕方がなかった消費税増税を敵失でうまくせしめた」。そんな「ご褒美」を持って政権につくのである。アーァである。

 さらには原発、震災復興、TPP、景気問題などを白紙委任したようなものだ。秋田県の当選者たちは三人ともTPPに反対と言っている。だが必ずTPP促進に回るだろう。これは断言しておきたい。

 昨日も書いたが国民は一人一票を持っている。それをどのように行使するのか。それが常に問われることをあらためて感じた選挙である。

   「アーまただ」こんな結果を見る羽目に見事に日本の民度確かめ



我が家のとわちゃん。体調が戻ってきて食欲も旺盛になった。良かった良かった。と、同時に遊び食いにもなった。でも、元気になればそれで良いのだ。

本当の?休日


二日間ノンビリ

 いろいろと用事は山ほどある。礼状、返信、その他の書状を書かなければいけない。依頼されたDVDの編集もあるし・・・。
 しかし、この二日間はどうしても動かなければいけないこと以外はノンビリと過ごすことに。

 要するに孫娘のとわちゃんが「遊ぼう」と言えばできるだけできるだけ粘り強く遊ぶことにした。

 彼女とつきあいながらジョン・レノンのことを思いだした。ジョンは小野洋子との間にショーンが産まれた時に「主夫宣言」をし子育てに専念することした。4年間ほとんど音楽活動をせずにショーンと家族とともに過ごしたという。
 ある人は言う「最も音楽家として脂ののりきっている4年間に音楽活動をしたらどんな素晴らしい曲ができたことか・・・」と。
 でも、音楽活動を差異化してから暗殺されるまで素晴らしい曲を残している。その子育て期間がどれだけ大切なものだったかわからせてくるのではないだろうか。

 と、まぁボクはジョン・レノンにはなれませんがこの二日間「やるべきことリスト」に入っていたことをせず読書もせずで過ごした。でも、これは必ずボクにとってプラスになるのではないかと思うのである。と、書いておきます。

 そんな二人の孫が今日の写真です。お姉ちゃんは妹の成長に「やきもち」を焼きながら、またまた成長している日々であります。

これにて本日のジジバカブログは生存証明。

  一票に「君らの将来戦争の世界にしない」祈りを込めて

期日前投票


今日は雨模様に

 今朝、久しぶりにボーッとしながらテレビのチャンネルを替えていたら二つの周波数の電波が届いていない。
 秋田ではテレビのチャンネル数が少ない。地デジ部分ではNHK2波、民放3波計5局が受信できる。TBS系列のテレビ放送がない。5局受信の2局が映らない。
 もっとも見たい番組があるわけではないので問題は無いのだが・・・。

 この原因はUHFのテレビアンテナに重い雪が乗ってそのままアンテナ上で凍り付いたためだ。気温が上がりアンテナにへばりついている雪が溶けなればまともにテレビは見ることができないのである。

 まぁ、特に見たい番組があるわけではないので問題は無いのだが・・・。

 このように雨模様ではあるが雪は色々な障害をもたらすのですねぇ。


民主主義のために

 総選挙は明日なのだが所用のために一日前に投票することに。
 毎度のことながら新聞社やテレビ屋は事前アンケートなどを実施して選挙予想を出している。確かに統計学的に2000人前後をランダム抽出した値が日本全体を表す数値になることは理解できる。おそらくほぼその予想通りになるのだろう。でもねぇ。まったくおもしろくない。

 そんな中で昨日(2012.12.14付)毎日新聞に『民主主義支える選挙』と言うコラムが掲載された。誰もが知っていることかもしれないが、ボクにとっては目からウロコの内容だった。

 日本はある意味世界的にも有数な民主主義の国とのこと。それは最近少しきな臭くなってきたが、国民に対して平等に「結社の自由」と「選挙権」が与えられているからだと言う。世界的に見てもこのような民主主義の国は珍しいらしい。
 簡単に言えば一人一票の選挙による改革ができることになるのだ。戦後、あまりにも当たり前になったことで忘れていたのだがこれはすごいことだなぁ。次の言葉がとても印象的である。

『(一票を投じるのは)政権選挙の負託と同時に「私は感心を持って監視している」、国会議員や立候補者たちに「有権者をなめるなよ」との思いを抱かせる機会だ』

 そんな意味をこめてボクは今日の一票を投じてきたのである。もっともボクの投票した人たちはあまり当選したことがありませんが・・・。



 期日前投票所にはひっきりなしに人が来訪していた。知人も多い。中で一人の方に声をかけてもらった。
「2年程前に稲川のお城に行ったら、城の管理人さんがあなた(ボクのこと)を知っている人がいました」
と、言われてもボクはその管理人さんを知らないのである。
「???」と曖昧に答えて別れたのだが何だか気になるなぁ。

我が家のとわちゃん。久しぶりに「つなぎ」を着て外に出た。相変わらず傘が大好き。しかし、体力があまりなく雪につまずきもたもたしている。すぐに家の中に入った。それでも一歩も二歩も前進したのである。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

双子座流星群


雪一段落も・・・

 今日は4~5僂曚匹寮兩磴覇始にはほとんど雪がなかった。通常の積雪時は四駆にして走っている。今朝は夏場のように後輪駆動で走った。
 職場の駐車場に普段通りに駐車して車を降りて驚いた。駐車場の路面が全体的に結氷しているのである。アリャリャこれはこれは・・・・。いわゆるボクの頭のようにツルツルである。四駆で走るべきだった。
 四駆で走ったからと言って安全ではない。でも何となく安心感はある。

 路面が黒いからと言って安心はできないことを心して走らなければいけないとつくづく思った。

 そして、雪が降らなくなると屋根の雪下ろしでの事故が増える。案の定、テレビ報道で死者が出たと報じていた。

 写真は南外村の峠から大森町に降り始めた場所付近である。朝焼けがまだ少し残っている。



見たかったなぁ

昨夜10時頃に徳島に住む姪。要するに大河クンのお母さんから電話。

「おんちゃん」
「オー、なんだ?」
「双子座ってどこの付近」
「エーッ?」
「今日、流星群なんでしょう」
「んだんだ」
「3つ並んでいる星があるんだけど双子座ってどこ?」
「三つ星の左側あたりだと思うよ」
「やっぱり!!さっき10分ほどで4つばかり流れ星を見たよ」
「オーッ!。エーナー!」
「真っ暗な空に星がいっぱいある」

こんな会話をしている間にも流星が1個流れたらしい。

 昨夜は双子座流星群の絶好の観測の夜だったという。それはあくまでも太平洋側。秋田のような冬空の広がる地域では夢のような話なのである。そして今朝届いたメールには次のように書かれていた。

『なんと30分で15個は見られました!願いが叶いそうです!』

まぁ、どんな願いかはわかりませんがそんなに簡単には叶わないでしょうが短時間にそれだけの流星を見ることができたのはうらやましいのである。

 双子座流星群は獅子座流星群のように遠出してまで観測しようという気持ちが起きなかった。でも、来年あたりから再開しても良いかなぁと考えているところです。

  瞬きをするのも惜しく目をこらし流星群に願いを込めて
  流れ星その数え方は何がいい?一個ではなく一願いかな




我が家のわかちゃん。グイッと胸をそらして周りを見回せるようになってきた。間もなくハイハイだろうなぁ。今、彼女の移動はゴロリごろりと寝返りの連続をしながら場所を変えてゆく。気がつくとテーブルの近くに寄ってきている。成長とはこんなにすごいのかと感動的である。
これにて本日のブログは終了です。

ヒメミズキ


シャーベット状道路の怖さ

 今朝はそれほど積雪はなかったが車の事故は多かった。ボクが目撃したのは一件だがあちこちのルートから来ている人たちから聴いたらあちこちでスリップ事故が多発したようだ。
 秋田の高速道路から大曲市内にアクセするバイパス通称西道路では死亡事故も起きたとテレビで報道していた。うっすらと雪の積もったシャーベット状道路の怖さをまざまざと見せつけられた。
 今日の積雪は少なかったので気持ちがゆるんだのかもしれない。

 全県的にこの時期の積雪の多さは異常とのこと。由利本荘市では平年ならば3僂曚匹覆里世今年は27僉N稠積雪の少ない由利本荘の900%も多い積雪量を呆れていた。

 冬の車運転は本当に大変である。


初めて知った花の名前

 職場のパブリックスペースと言いますかちょっと食事をしたり新聞を見たりお茶を飲んだりする6人掛けのテーブルがある。
 その上に長さ25僂曚匹両枝が10本ほどまとめてコップに生けられている。数日前には小さな薄い黄緑色のポツポツがついているだけだっ。2~3日前から小さなフンワリとした黄色の花がポツンポツンと咲き始めた。我が社の茶華道部顧問に聴いたら「ヒメミズキ」とのこと。なるほどなぁ。教えてもらわなければ「ただの枝っこ」で終わっていた。ありがたいことです。
 じっくり見るとなかなかに可憐な花である。

   ヒヨコってこんな感じの産まれかもヒメミズキの色空気含んで


我が家のとわちゃん。日曜日から食欲がなく体調を崩した。昨日あたりから少しずつ回復しているが何となくほっそりしたとジジバカには見える。家族に隠れてジジバカととわと二人でアイスクリームを盗み食いする日が早く帰ってくれ。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

最近の新聞書評は


積雪

 この時期にこんなに大量の雪が降るのは珍しいようだ。

 写真はわが職場の窓の下に設置されている簡易型積雪計(今、ボクが突然命名)である。測量用のポールを地面に立てているだけである。でも、これがとても見やすくていいのだ。ポールを立てた人たちのグッドアイディアなのである。紅白の一目盛が20僉上から順に数を数えると積雪量がわかる仕組みだ。

 今朝は上から7個目まで見えているので200-140つまり積雪量は60冑婉瓩辰討海箸砲覆襦やはり今年は多い。

 早朝、我が家では屋根からドドドドドと落ちる雪の音があまり聞こえないので「そんなに雪の量は多くないだろう」と油断していたら何と言うことでしょう15僂曚廟僂發辰討い拭

 あわてて除雪機を引っ張り出したがちょこっと除雪するだけで終わってしまった。これから3ヶ月ほどは油断大敵いや「油断大雪」なのである??。


小難しい書評

 そうかぁ、そんなことだった。と、気づいたことがある。

 先日の朝、車載ラジオで森本毅郎さんの「日本全国八時です」を聴いていたときだ。詩人の荒川洋治さんとの会話で森本さんはだいたい次のように話していた。

「最近の新聞書評はまったく面白くないです。とりあげている本が何だか小難しくて読む気がしません」
これに対して荒川さんが
「書評家もあまり軽い本を選ぶと軽い人間と見られるかもしれないと思っているんでしょうねぇ」
と話した。

 これを聴いてボクははたと気づいたのである。たいていの新聞は日曜日に書評欄が掲載される。日曜日には日刊スポーツを除きいつも3紙の書評を楽しみにしていた。

 だいたいは書評を読むだけで本っていいなぁと思わせてくれていた。ところが最近の書評欄はまったくおもしろくないと感じていた。書評そのものがつまらないし読みたいと思わないのである。
 確かにとりあげている本が小難しい。こんな本を誰が読むんだと思うような本が登場する。おそらく誰も読まないだろう。
 ベストセラーを解説してくれとは言わない。どんなに軽い本(重さではありません内容と言っても変ですが・・・)でも言及してもらいたいと思うのです。

 その意味では作家の椎名誠さんが編集長であった月刊『本の雑誌』は編集長が替わっても相変わらず面白い。ベストセラーは扱わないことをポリシーとしての書評誌である。この紹介を読んで「当たり!」の本が何冊も何冊もあった。

 新聞にそれを求めてはいけないかもしれないが、そのくらいの所は追求してくれたらなぁと思うのです。日曜ののんびりしたひととき、書評を読む楽しみよ今一度である。


我が家のわかちゃん。お宮参りの写真第2弾。髪の毛が短いが確かに女の子です。健やかに成長してくれ。
これにて本日のブログは終了です。

  嫌だよね水兵リーベボクの船しかしそれって宇宙の真理
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR