双子座流星群


雪一段落も・・・

 今日は4~5僂曚匹寮兩磴覇始にはほとんど雪がなかった。通常の積雪時は四駆にして走っている。今朝は夏場のように後輪駆動で走った。
 職場の駐車場に普段通りに駐車して車を降りて驚いた。駐車場の路面が全体的に結氷しているのである。アリャリャこれはこれは・・・・。いわゆるボクの頭のようにツルツルである。四駆で走るべきだった。
 四駆で走ったからと言って安全ではない。でも何となく安心感はある。

 路面が黒いからと言って安心はできないことを心して走らなければいけないとつくづく思った。

 そして、雪が降らなくなると屋根の雪下ろしでの事故が増える。案の定、テレビ報道で死者が出たと報じていた。

 写真は南外村の峠から大森町に降り始めた場所付近である。朝焼けがまだ少し残っている。



見たかったなぁ

昨夜10時頃に徳島に住む姪。要するに大河クンのお母さんから電話。

「おんちゃん」
「オー、なんだ?」
「双子座ってどこの付近」
「エーッ?」
「今日、流星群なんでしょう」
「んだんだ」
「3つ並んでいる星があるんだけど双子座ってどこ?」
「三つ星の左側あたりだと思うよ」
「やっぱり!!さっき10分ほどで4つばかり流れ星を見たよ」
「オーッ!。エーナー!」
「真っ暗な空に星がいっぱいある」

こんな会話をしている間にも流星が1個流れたらしい。

 昨夜は双子座流星群の絶好の観測の夜だったという。それはあくまでも太平洋側。秋田のような冬空の広がる地域では夢のような話なのである。そして今朝届いたメールには次のように書かれていた。

『なんと30分で15個は見られました!願いが叶いそうです!』

まぁ、どんな願いかはわかりませんがそんなに簡単には叶わないでしょうが短時間にそれだけの流星を見ることができたのはうらやましいのである。

 双子座流星群は獅子座流星群のように遠出してまで観測しようという気持ちが起きなかった。でも、来年あたりから再開しても良いかなぁと考えているところです。

  瞬きをするのも惜しく目をこらし流星群に願いを込めて
  流れ星その数え方は何がいい?一個ではなく一願いかな




我が家のわかちゃん。グイッと胸をそらして周りを見回せるようになってきた。間もなくハイハイだろうなぁ。今、彼女の移動はゴロリごろりと寝返りの連続をしながら場所を変えてゆく。気がつくとテーブルの近くに寄ってきている。成長とはこんなにすごいのかと感動的である。
これにて本日のブログは終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR