憲法9条守る心意気


猛吹雪

 今朝は猛吹雪。朝方の通勤時間帯は10メートル前後の視界だった。車は前照灯はもちろんフォッグランプなどすべてのライトを点灯して走行。

 ラジオを聴いていたらちょうど気象予報士の森田正光さんが今年の五大気象現象について話していた。もちろん森田さんの気象予報会社単独のベスト5ではあるが。
 その中の第1位が竜巻発生とのこと。おそらく今年の竜巻は日本で起きた史上初ぐらいの大きな竜巻が起きたとのこと。風速が100メートルを超えていたらしい。すごいなぁ。また、残暑の厳しさ、台風の多さ、集中豪雨、爆弾低気圧などがあげられていた。
 ボクの記憶に残っているのは夏の残暑というか猛暑のことばかりである。台風も豪雨も竜巻も直接被害はなかったからだ。ただ春先にあった爆弾低気圧でボクの勤務する地域では3日間以上の停電があったことは記憶に残っている。
 気象現象は毎日のことであるが日本全体になるといろいろあるんですねぇ。

 写真は外小友郵便局付近。サントリーオールドの看板はご主人が亡くなり今は誰も住んでいない「松店」。道の向こうには半世紀以上前にボクらが学んだ外小友小中学校(やはり建物は跡形もない)方向を吹雪の中で見た風景。

   郵便局松店ジュンスケオクヤマを過ぎた所は懐かし学舎


すごい人

 今朝(2012.12.19付)の朝日新聞「ひと」欄に『全国最高齢の候補者として衆院選を戦った 川島良吉さん』の記事か光った。
 なにしろ川島さんは94歳である。彼が立候補にいたったきっかけがといも良い。
 テレビの党首討論で「国防軍」「憲法改正」の言葉が飛び交っていたこと。川島さんは21歳で陸軍歩兵として中国戦線に送られ仲間が次々に死んでいった。しかし、政治家は戦地に行かない。犠牲になるのは弱者や貧乏人だけ・・・。今こそ平和の大切さを若い人に伝えなければと公示日前日に埼玉12区から立候補することを決意したという。
 川島さんは体調などを考えて街頭演説は2日間に絞り、毛筆のたすきをかけ手押し車に旗掛けて「川島良吉94歳」「日本国憲法は最高!第9条を守ろう」と訴えた。「暴走老人」を自認する石原慎太郎氏(80)には泰然として「俺の方が年上だ」と話したという。
 結局、元会社員の無所属新顔は2169票で最下位。「葬式代」としてためていた供託金300万円はなくなったが娘さん(62歳)が「じいちゃんがそこまで言うなら」と神奈川から応援に駆けつけた。

 自民が圧勝したが絶望はしていない。「こんな右傾化の動きは長くは続かない。国民はそんなバカじゃないよ」。

 ボクはケチだからすぐに供託金300万円はもったいないなぁと思うしそんな勇気もない。しかし、これだけネットや全国紙や外国メディアにも取り上げられたこと。そして2000票を越える票を集めたことをを考えれば痛快な話ですねぇ。
 ブツブツとつぶやいているだけなボクのような人間に勇気を与えてくれるニュースだった。


我が家のとわちゃん。先日の体調悪化から回復して元気もりもりになった。良かった良かった。回復したらやんちゃぶりがなかなかのもの。それはそれで嬉しいものです。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR