体罰問題の波紋


久しぶりの好天

 勤務先に向かう大森町近くの峠である。向こうに久しぶりに顔を出した太陽から光芒が横手平野を照らしていた。
 豪雪の日々の一段落である。

    温かくなった部屋には冬越しのカメムシ一匹モソモソ動き


選挙による当選はは白紙委任ではない

 今日(2013.1.21)の日刊スポーツのコラム「政界地獄耳」に「真紀子と同じ現場無視の橋下」が掲載された。だいたいまとめると次の通り。

 大阪市立桜宮高校での体罰による自殺問題を受けて大阪市長の橋下徹氏が同校の体育系二学科の入試を中止するよう市教委に求めたことに対する日刊スポーツ記者のコメントである。
 入試がせまった今の時期にこんな判断をすることは桜宮高校を目指してきた生徒に動揺を与え混乱を招くとして市立中学校長会は入試を行うべきとの申入書を提出したとのことだ。
 しかし、橋下氏は「こんな環境でこれから生徒を受け入れられるか」という理屈である。さらに市教委が中止しなければ入試に関する予算を支出しないと予算権までちらつかせている。
 教育行政への政治の介入では前文科相の田中眞紀子が就任早々、大学設置学校法人審議会の抜本的な見直しを決め審議会が答申した3校の来年度からの大学新設は許可しないことを突然言い出し騒動になった。しかし、新年度に入学する学生はどうするかとの内外の声に田中真紀子大臣は全面降伏した。
 政界関係者がいう。「橋下の物言いに違和感を覚えるのは田中と同じで大人の都合ばかりで現場の学生や生徒を無視していること。同時に選挙で選ばれ施政者になった限りは任期中に専制権があるかのような対応になることだ。民主党政権や今度の安部政権でもそうだが、そこまでの白紙委任はしていないと有権者が感じているにもかかわらず、本人はいたって真面目にすべての負託を受けた気になってしまうこと」

 記者はチェックを怠らぬよう自戒しながらこの問題の推移を見守りたいと結んでいる。
 ボクも前にブログで権力を得た途端に好き勝手なことをやり始めるの考えものだと書いた。ボクが感じたのと同じような違和感を多くの人が感じているのは確かだろう。このことについてはボクも推移を見守りたい。
 などと書いたら何と言うことでしょう。大阪市の教育委員会は体育科2学科の募集停止、普通科で募集すると決定したと報道された。



本日はとわちゃんの家に遊びに行きました。大歓迎してくれるのが嬉しいです。
我が社のK君。愛嬢の若葉ちゃんに1週間会っていないそうだ。事情があって若葉ちゃんの住んでいる実家に帰っていないとのこと。気の毒気の毒。で、ボクがとわたちと会っているのを知っているらしく「まだ、遊びに行ったすべ」と羨ましそうに言う。フフフフフである。
そんなわけで本日のブログはこれにて終了です。

楢岡短歌会2013


本日は楢岡短歌会の新年会。
楽しく厳しくそして明るく過ごす。
その後の懇親会で呑んだ飲んだ。やばい。
と、言うことで本日は生存証明。

なお、写真は皆にブログの掲載を承認得ています。

  声に出し読んで初めて気がついた短歌の奥はこんなに深いと

大鵬死去を聞いて


とわちゃんちの雪下ろし

 今日はそれほどの積雪もなく比較的穏やかな一日。とわちゃんの家の屋根の雪下ろしを手伝ってきた。屋根からおろした雪を下で待ちながら除雪機で飛ばした。かれこれ2時間ほど作業しただろうか。
 終わった後にとわちゃん「でんでんでんろく豆 美味い豆」の「でんろく豆」についている付録の鬼、桃太郎、キジ、犬、猿のお面を使い桃太郎の話を適当に作って話した。結構喜んでいる。このくらいだったらまだボクの話でもだませそうですね。
 豪雪です。


大鵬死去

 昭和34年頃に我が家にテレビが入った。毎晩、我が地区の人たちがテレビを見に来た。テレビ番組が一段落する午後9時前後まで見て帰ってゆく。こんな日々か続いた。地域の交流の場になっていたと思う。
 相撲が始まると夕方から我が家は賑やかになったのである。そのテレビが入ってきた時に彗星のように現れたのが大鵬である。
 大鵬が登場する前は栃錦や若乃花や千代の山などが人気力士だった。考えてみると栃若時代まではラジオの時代であり大鵬や冨樫改め柏戸の時代になるとテレビの時代になったのである。
 ボクはどちらか言えば柏戸が好きだった。あの身体が硬そうでギクシャクした直線的な動きが良かったなぁ。この頃の子どもたちの大好きなものは「巨人・大鵬・卵焼き」といわれており、へそ曲がりのボクは大鵬を好きになるのは違うぞと感じていた。
 そんな大鵬だが身体は軟らかく強い相撲取りだったので気になり常に見ていた気がする。偉大な相撲取りが一人亡くなってしまった。

   大鵬と言う名の力士我が家にはテレビと共に姿あらわし


夕方、とわちゃんの家から食事をしようと連絡あり。もちろんGO。神宮寺のお菓子やさんの重光堂で大判焼き(これも秋田弁かも・・・普通はお焼きか?)をお土産に。重光堂前から空を見上げたらNIさんの高さ50メートルアンテナが冬にしては珍しい夕焼けの中に屹立していた。
今日は楽しかったなぁ。これにて本日のブログは終了です。

「普通」の「普」の字は「昔」に似てるわ


いよいよ豪雪

 我が社の簡易積雪計(これが結構正確なんです)がいよいよ130冂兇┐砲覆辰拭K楹陛な豪雪になってきた。我が家の周りでも軒並み雪下ろし作業に入っている。


読み違い

 「明日という日は明るい日と書くのね」という歌い出しの曲があった。45年ほど前に中ヒットしたアン真理子が歌う『悲しみは駆け足でやってくる』がタイトルである。

 今朝、新聞を見ているときにある箇所でピタリと読むのが止まったのである。

「普通った道」
と、ボクの目には見えた。
「ふつうったみち???こんな言葉があるのか?どんな意味?」
自問自答。意味が思いつかない。もう一度目をこらしてみたら
「昔通った道」
なのである。
なんだよぉ「むかしかよったみち」だったのです。

 ボクは老眼ですが新聞を読む程度の作業は老眼鏡をかけるほどではない。裸眼でそれこそ「普通」に新聞を読むのは苦労しない。
 それが、今朝は漢字を読み間違ってしまったのである。

 そこで思い出したのが冒頭の歌謡曲。この『悲しみは駆け足でやってくる』の2番の歌詞は次のようになっている。
「若いという字は苦しい字に似てるわ」
そうなんです。
「昔という字は普通の普に似てるわ」
と心の中で何度も歌いながら新聞をペラペラとめくるのであった。

 そう言えばこの前読んでいた岸本佐知子さんのエッセイ集『なんらかの事情』で彼女はひらがなの「ね」「わ」が似ているのだがこの「ね」と「わ」は仲が良いのかなぁなどと思索していた内容を読んだ。このエッセイ集はあちこちで評判が良かった。ある評者の方は
「このエッセイ集が好きになれない人とは友だちになれない」
と断言していたが、正直言ってボクはその評者の方とは友だちになれません。もっとも最後まで読み終えましたが・・・。

 なんだかボクも百均の老眼鏡ばかりでなくしっかりしたメガネを準備すべきかなぁと少し弱気になってきたのであります。

    普通の「普」「昔」と似てて「昔通った」「ふつうた」と読み


今日は久しぶりにとわちゃんとわかちゃんに会った。すでにジジバカの顔を忘れてしまったかと思ったが大丈夫だった。良かった良かった。孫離れができないですねぇ。メゴイ(メンコイの南外訛り)もんです。ハイ。
これにて本日のブログは終了です。

桑田真澄の言葉


1メートル20センチ超え

 職場の簡易積雪計の紅白の目盛りがとうとう四つになった。つまり積雪は120僂魃曚┐燭噺世Δ海箸任△襦
 横手のかまくらまでの我慢だねぇ。と、言う声もある。それまで約1ヶ月もあるからこれからどんな積雪になるか少し心配です。
 でも、黙々と除雪と排雪をしながら頑張るしかないのですねぇ。窓から見える木に積もった雪を見ていたら何だかシロクマに見えてきたので一枚。スノーモンスターになってきた。

  木の上に厚く積もった雪の形白熊吠える雪よ降るなと



体罰について

 栃木の友人からメールが届いた。それは大阪で起きた体罰の問題について桑田真澄氏が書いた新聞記事のコピーであった。
 その内容は素晴らしいものである。かなり長いがコピーしておきたい。

『早大大学院にいた2009年、論文執筆のため、プロ野球選手と東京六大学の野球部員の計約550人にアンケートをしました。
 体罰について尋ねると、「指導者から受けた」は中学で45%、高校で46%。「先輩から受けた」は中学36%、高校51%でした。「意外に少ないな」と思いました。
 ところが、アンケートでは「体罰は必要」「ときとして必要」との回答が83%にのぼりました。「あの指導のおかげで成功した」との思いからかもしれません。でも、肯定派の人に聞きたいのです。指導者や先輩の暴力で、失明したり大けがをしたりして選手生命を失うかもしれない。それでもいいのか、と。
 私は、体罰は必要ないと考えています。「絶対に仕返しをされない」という上下関係の構図で起きるのが体罰です。監督が采配ミスをして選手に殴られますか? スポーツで最も恥ずべきひきょうな行為です。殴られるのが嫌で、あるいは指導者や先輩が嫌いになり、野球を辞めた仲間を何人も見ました。スポーツ界にとって大きな損失です。
 指導者が怠けている証拠でもあります。暴力で脅して子どもを思い通りに動かそうとするのは、最も安易な方法。昔はそれが正しいと思われていました。でも、例えば、野球で三振した子を殴って叱ると、次の打席はどうすると思いますか? 何とかしてバットにボールを当てようと、スイングが縮こまります。それでは、正しい打撃を覚えられません。「タイミングが合ってないよ。どうすればいいか、次の打席まで他の選手のプレーを見て勉強してごらん」。そんなきっかけを与えてやるのが、本当の指導です。
 今はコミュニケーションを大事にした新たな指導法が研究され、多くの本で紹介もされています。子どもが10人いれば、10通りの指導法があっていい。「この子にはどういう声かけをしたら、伸びるか」。時間はかかるかもしれないけど、そう考えた教え方が技術を伸ばせるんです。
 「練習中に水を飲むとバテる」と信じられていたので、私はPL学園時代、先輩たちに隠れて便器の水を飲み、渇きをしのいだことがあります。手洗い所の蛇口は針金で縛られていましたから。でも今、適度な水分補給は常識です。スポーツ医学も、道具も、戦術も進化し、指導者だけが立ち遅れていると感じます。
 体罰を受けた子は、「何をしたら殴られないで済むだろう」という後ろ向きな思考に陥ります。それでは子どもの自立心が育たず、指示されたことしかやらない。自分でプレーの判断ができず、よい選手にはなれません。そして、日常生活でも、スポーツで養うべき判断力や精神力を生かせないでしょう。
 「極限状態に追い詰めて成長させるために」と体罰を正当化する人がいるかもしれませんが、殴ってうまくなるなら誰もがプロ選手になれます。私は、体罰を受けなかった高校時代に一番成長しました。「愛情の表れなら殴ってもよい」と言う人もいますが、私自身は体罰に愛を感じたことは一度もありません。伝わるかどうか分からない暴力より、指導者が教養を積んで伝えた方が確実です。
 日本のスポーツ指導者は、指導に情熱を傾けすぎた結果、体罰に及ぶ場合が多いように感じます。私も小学生から勝負の世界を経験してきましたし、今も中学生に野球を教えていますから、勝利にこだわる気持ちは分かります。しかし、アマチュアスポーツにおいて、「服従」で師弟が結びつく時代は終わりました。今回の残念な問題が、日本のスポーツ界が変わる契機になってほしいと思います』

 桑田さんの教育現場への提言はよくわかる。ところが大阪市長の橋下氏が当該校の教師を全員配置換えや生徒募集を考えるなどと発言しているのは教育を考えていないとしか言いようがない。

 メールの友人に感謝である。


本日はこれにてブログは終了です。

生徒が主役の学校に


白黒の世界

 窓から外を見ると白と黒の世界しか見えない。カラー写真で撮影しても白黒で撮影しても同じだと思い今日の写真は白黒写真で・・・・。


急激な改革はなじまない

 大阪の市立高校で起きたバスケットボール部キャプテンが、顧問の体罰が原因で自殺したことで大きな波紋が広がっている。

大阪市長の橋下さんが言う。

「仲間が死んだのだから、今何をすべきか考えてもらいたい。この状況で部活をやったら上手くなるかもしれないが、人間としてはダメだ。それを言うのが教育だ」
「当該校の体育科の募集を停止する」

これを聞いてボクは乱暴な話でしかも問題のすり替えのような気がした。
 生徒たちが悪いのではない。顧問の姿勢に問題があったのだ。在籍している生徒諸君には問題はない。さらに、その学校でぜひとも学びたいし部活動をやりたいと思っている中学生たちの思いを摘むことになるとボクは考える。

 何か問題が起きたときに素速く対応することは大事なことだ。しかし、橋下さんは感情的に物事を進めたり決めたりするように見えて仕方がない。彼の得意のやり方なんだろうが納得できない部分が多すぎる。
 橋下さんは手を上げたり殴ったりしないだけ。言葉や権力で「鉄槌」をくだしているような気がする。絶対に方向性が違う。

 話変わって・・・・。昨夜のNHKクローズアップ現代で大阪が4月から導入するという「教員の評価を生徒もおこなう」ということを取り上げていた。教師を競争させてより良い教育を目指すと言うことらしい。橋下さんの口癖は「一般の会社ではこんなことは当たり前ですよ」「一般の会社でこんなことがやられてますか」だ。だが、教師を一般の会社員のように評価制度で給料や賞与の支給に差をつけるようでは教育の崩壊につながりかねない。と、ボクは断言しておく。

 今、教師の勤務評定は校長がおこなっている。良かれ悪しかれ校長が責任を持っている作業だ。しかし、生徒に教師を評価させるのは匿名でおこなわれる。匿名の評価ほどその内容はあてにならないと言える。言い換えれば「便所の落書き」のようなものだ。生徒諸君にとっては私怨のはけ口になるだろう。もしかすれば単なる人気投票になったり、厳しく方向を示す教師は低評価になる可能性は大だ。

 為政者は教育改革と公務員攻撃をしていれば失政はないと良く言われる。もし、教育改革と打ち上げた花火は多くの人が興味をもつ。そしてその改革(悪)が実現しなくても為政者にとって特に大きなマイナスにならないことも教育改革(悪)を取り上げる理由とも言える。

 学校は生徒が主役なはずだ。今、声高に教育を変えようとする人たちにはこの辺がどうもわかっていない。もちろん体罰は言語道断であることは言うまでもないのです。


本日のブログはこれにて・・・。と、思ったが一昨日我が家にきて撮影したわかちゃんの写真があったので彩りに添えます。まだハイハイはできないがお腹を床につけないで四つん這いになることができようになった。そして、人見知りがとても激しくなったのである。おそらくボクも三日も会わないので次に会った時は大泣きをされるのだろうなぁ。孫離れのできないジジバカでした。ハイ。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

   わかちゃんはスフィンクスの問いかける四、二、三のファーストステップ

原点のみ・・・


大雪への覚悟

 昨日、東京の積雪は大変な状況だったようだ。今朝、東京で勤務している友人から会社付近の積雪写真をメールでいただいた。これはこれはなかなかの積雪じゃのおと思った。

 秋田県の県南地区では大雪には「当たり前」だと半分はあきらめ、半分は覚悟している。言うなれば当たり前の状態だ。それが秋田県内でも秋田市内だと30僂鯆兇┐訐兩磴砲覆襪肇僖縫奪になる。まぁ、言わせて貰えば秋田市内は毎年大雪にならないので「今年は大丈夫」と雪国の自覚がないのかもしれない。家屋が密集しているのも大きな原因だろう。

 現在の日本は歩行者社会ではなく車社会だからどうしても除雪排雪は必要になる。そのあたりの問題が解決されないし・・・。難しい問題ですね。

 もしも東京付近で30儷瓩降ったら日本の物流が麻痺するなどもっとすごいことになるんだろうなぁ。と、友人からの写真を見ながら考えていた。


眠れない夜は

 最近、どうもグッスリと眠られない。寒さのせいもあるのかもしれない。もしかすれば酒っこをあまり飲んでいないからかもしれない・・・。
 しかし、あまり遅い時間まで酒を飲むわけには行かないので布団の中で本を開いたり落語のCDを聴いたりする。本を読み始めると2~3ページでパタンと本を置いてしまう。そして、ヘッドフォンを耳につっこんで落語を聴くのである。

 昨夜は故春風亭柳昇師匠の『風もないのに世の中まわる』の柳昇師匠の言う「川柳のような楽しい短歌集」を読んだ。
 実はこの本は12月27日に書いた春風亭柳昇師匠の『漫画と滑稽短歌 今日は誰かの誕生日』この前に発行している本である。もちろん古本で見つけた。その中に次のような一文がある。

『子守唄 末娘の律子は小さい頃LPで童謡を聞くのが好きだった。沢山聞いた後で
「今度は春風亭柳昇を聞く」
そう言って私の落語をLPで聞き乍らよく眠った。私の落語は子守歌以上の効果があった』

 そこで、落語のCDが入っている段ボール箱をガシャガシャとひっくりかえして春風亭柳昇師匠のCDを引っ張りだし『結婚式風景』と『日照権』を聴き始めた。
 すると何と言うことでしょう。一席目の『結婚式風景』の途中で眠り着いてしまったようだ。ウーム・・・。確かに眠れない状況の時に柳昇師匠の落語は効くかもしれない・・・。と、思った次第。
  


写真は久しぶりに青空が見えた朝方。除雪した我が家の雪の壁の向こうに青空が見える。
そして、もう一枚は職場のグラウンド近くを除雪してくれているところ。除雪したあとは陸上部諸君が走ったりする。しかし、積雪ですぐに使用不可になる。でもコンディションを整えてくれることがありがたいことだ。原点とはこんなことかも。

  ガリ版と算盤黒板「三バン」と教えられたり原点ですね



何だか世の中の動きが嫌らしいです。特に教育を取り巻く状況が・・・。これにて本日のブログは終了です。

再開を心から


大雪

 と、言っても秋田ではありません。関東地方では大雪のために交通機関を中心に影響が出ているようだ。
 国立競技場でおこなわれる予定だったサッカーの高校選手権決勝も順延されたという。サッカーは天候が悪くても開催されると思っていたのだが・・・。20年程前だったか当時開催されていた南米とヨーロッパのクラブチャンピオンを決めるトヨタカップは雪の中で開催された。その時にキックしたボールが雪で止まってパンクする事件?があったことを思い出す。
 テレビ画面で報じられる雪が降っている画面を見ると東京でも道路はシャーベット状になっていた。これで普通タイヤだったらスリップ事故続出だろうなぁと想像した。
 爆弾低気圧とのこと。


大河君一家帰る

 昨日まで滞在していた大河君の一家が今日宮城県に帰った。いつもより到着時刻が遅くなったなぁと思っていたら塩竈でも10僂曚匹寮兩磴あり走行に難儀したとのことだった。それでも無事到着したとのことだったので良かった良かった。

 今日は大河君と我が家にある「ヒロシ君」という人体模型と「ヒロオ君」という骨格標本とボクの4人で記念写真を撮った。大河君はこの模型を怖いと言ってた。怖くないのになぁ。我が家のとわちゃんは毎日普通に眺めていたのですけれどねぇ。
 その大河君はもう少し塩竈に滞在してからお父さんが待つ徳島に帰ってゆく。


そんわけで連休もアッと言う間に終了。除雪有り、大河君一家との再会有り、RLUとの一杯も有り、とわちゃんとの交流も有り(今日もとわちゃんのお父さんは南外に連れてきてくれたりボクが行ったり・・・)充実の連休ということになろう。
さぁ、明日からはいよいよ本格的に仕事が始まる。気を引き締めてゆかなくては。
これにて本日のブログは終了です。

   あの頃は何を考え何思い生きていたのか二十歳の俺は

孫とセッション


秋田市は大変だ

 魁新報の一面トップ。秋田市積雪68センチ。除雪が進まず大慌ての記事が踊っている。平成18年の豪雪に追いつきそうであるらしい。

 確かに積雪量は多い。今日、たまたま行った南外村の温泉「ふるさと館」で南外の除雪センターの隊長に会った。

「あまりに雪が多くて大変ですねぇ」
「んだんすなぁ」
「休む日はねーすべ」
「一日だけ休めました」

それだけ雪は降り続いているのである。今日の温泉ふるさと館は混んでいた。何人かの知人にも会った。

「久しぶりだんすな」
「今日は雪よせの疲れをとるために来たんす」

今日は気温も真冬日でなくなったので除雪サンデーだった。我が家にはないが流雪溝のある地域では昨日と今日は終日水が流れたようだ。

 我が家の付近の豪雪と秋田市の豪雪は大きく違う。除雪体制が違うからだ。無線の大先輩達も多い地域。難儀をしているのだろうなぁ。


塩竈に徳島から帰省している大河君ファミリーが遊びに来た。我が家のとわちゃんも遊びに来た。ジジバカは大喜び。
大河君が歌う
♪マジックマジックマジックショータイム
というよくわからない歌にギターで適当にジャンジャカジャンジャカやっていたら大河君はボーカルと踊り、とわちゃんは木魚をもってリズムセクション。なんと楽しいことか。

    俺ギター キミは木魚でリズムとる土産にしよう孫とのセッション

やっぱりメゴイですねぇ


除雪の週末

 今日は我が家の古い家があった場所の車庫と書庫の雪下ろし。1メートルを超える積雪。雪が降り積もった下の方は雪がしっかりと締まってアルミのシャベルでは歯が立たないくらい固くなっている。それでもグサッとさしてこじるとなんとか起きる。
 今回の新兵器は小型のスノーダンプ。豪雪地帯の雪下ろし用に特化させたものだと思う。これがとてもいい。まぁ、ボクが使っているのではなく若い連中が使うのであるがザクッザクッと能率が上がるのです。もう一度書きます。こいつはいい。もう一つ準備しようかなぁと思っているのだがはたしてこの豪雪で売っているのかどうか・・。小さくてしかも丈夫なシンプル・イズ・ザ・ベストを体現している。写真がなくてすみません。明日掲載予定。


今日は久しぶりのとわちゃん登場。
理由は、塩竈から大河君の一家が来訪しました。大河君のお母さんがお土産持参。風船のペンギンである。風船ですが地面でフワフワする風船。なかなかに可愛いのである。
最近、ヘリウムの値段が上がると言うよりも入手が難しくなっている。大河君のお母さんは子どもの頃から大の風船好きで筋金入り。さすがにカッコいい。
 ペンギンり足についている厚紙が微妙な重さのバランスでペンギンが歩いているようになっている。使い方によってはとわちゃんが持っているように「手乗りペンギン」になる。フフフフフである。
ボクも手に持って腹話術?でペンギンとの会話をやってみたがとわちゃんは興味をしめしませんでした。それでも会えただけでいいのです。ハイ。
と、言うわけで本日のブログは終了です。

  いいですよ君が喜ぶことならばペンギンとでも会話をします
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR