映画「見えない雲」


仕事始め

 小寒に入った本日久しぶりに仕事場に向かった。職場にある例の積雪計をみると紅白の目盛りは6個見えるので積雪量は八十センチを示している。
 思ったより少ない感じがするのだが、平地の積雪量として今の時期としては多い。これからが本当の寒さの日々だろう。気をつけて過ごさなければ。
 数羽のヒヨドリが飛び交っていた。

    ヒヨドリの飛んでる軌跡正弦波気づいてなぜかニンマリとする


付録あなどれず

 先日、『通販生活』の2013春号が届いた。内容はいつもと同じで売れ筋ベスト百を中心とした広告である。一つ欲しい物もあるのだが今回はちょっと自制している。
 ところで今号についた付録がすごい。ドイツ映画の「見えない雲」というDVDである。原発事故が引き起こす極限状態を描いた2006年公開のドイツ映画とのこと。
 まだ、観ていないのだが内容はチェルノブイリ原発事故のことを描いた映画。その付録DVDについて毒蝮三毒太夫さん(毒蝮三太夫さんではなかった・・・)がツイッターで次のような発言をしている。

https://twitter.com/sunnapanna
カタログハウス『通販生活』2013春号の付録、原発事故を描いたドイツ映画「見えない雲」。誌面では東浩紀が高橋源一郎との対談で相変わらずしょーもないこと垂れ流しているのだが、このDVDでカンベンする気になった。』

ぜひともこのDVDの封をといて早く観たい。

 ところで通販生活は三つの忘れないアピールをしている。
  1、商品注文を忘れない
  2、福島を忘れない
  3、沖縄を忘れない
通販生活は商売の他に原発事故や放射能汚染そして沖縄の状況について現状ではダメだと明言している。商品のページだけではなく読み物の部分を読んでいるだけでも納得できることが多い。これで百八十円也。何と安い雑誌なのに中身が濃いことか。

 そんなわけで物欲をくすぐりながらちょっと考えさせられる話でした。


本日のブログはこれにて終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR