大鵬死去を聞いて


とわちゃんちの雪下ろし

 今日はそれほどの積雪もなく比較的穏やかな一日。とわちゃんの家の屋根の雪下ろしを手伝ってきた。屋根からおろした雪を下で待ちながら除雪機で飛ばした。かれこれ2時間ほど作業しただろうか。
 終わった後にとわちゃん「でんでんでんろく豆 美味い豆」の「でんろく豆」についている付録の鬼、桃太郎、キジ、犬、猿のお面を使い桃太郎の話を適当に作って話した。結構喜んでいる。このくらいだったらまだボクの話でもだませそうですね。
 豪雪です。


大鵬死去

 昭和34年頃に我が家にテレビが入った。毎晩、我が地区の人たちがテレビを見に来た。テレビ番組が一段落する午後9時前後まで見て帰ってゆく。こんな日々か続いた。地域の交流の場になっていたと思う。
 相撲が始まると夕方から我が家は賑やかになったのである。そのテレビが入ってきた時に彗星のように現れたのが大鵬である。
 大鵬が登場する前は栃錦や若乃花や千代の山などが人気力士だった。考えてみると栃若時代まではラジオの時代であり大鵬や冨樫改め柏戸の時代になるとテレビの時代になったのである。
 ボクはどちらか言えば柏戸が好きだった。あの身体が硬そうでギクシャクした直線的な動きが良かったなぁ。この頃の子どもたちの大好きなものは「巨人・大鵬・卵焼き」といわれており、へそ曲がりのボクは大鵬を好きになるのは違うぞと感じていた。
 そんな大鵬だが身体は軟らかく強い相撲取りだったので気になり常に見ていた気がする。偉大な相撲取りが一人亡くなってしまった。

   大鵬と言う名の力士我が家にはテレビと共に姿あらわし


夕方、とわちゃんの家から食事をしようと連絡あり。もちろんGO。神宮寺のお菓子やさんの重光堂で大判焼き(これも秋田弁かも・・・普通はお焼きか?)をお土産に。重光堂前から空を見上げたらNIさんの高さ50メートルアンテナが冬にしては珍しい夕焼けの中に屹立していた。
今日は楽しかったなぁ。これにて本日のブログは終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR