地区の台所が消える?!政治の貧困


♪旅立ちの日に

 いやー良かった。今日はわが職場で卒業式がありました。
 とてもいい内容だったと言ってもどこも似たような流れだろう。その中で男子と女子の生徒が合唱で「旅立ちの日に」は良かったなぁ。
 その歌を聴きながら涙腺が緩くなっているボクの目に涙がツーッと流れてしまった。
 旅立つ諸君の幸せを祈りたい。

   どんなにもヤンチャだったと思う子も旅立つ日には修証義のごと


ほらネ!

 昔「だから言ったじゃないの」と歌った松山惠子の唄のイントロを思い出している。
 それはWBCの開催時期についてである。主将の阿部が右膝を痛めてもしかしたら欠場するかもしれないと今朝の日刊スポーツ紙の一面をにぎわしていた。昨日の「落ち武者」から「欠場??」となっているのだから、かなり厳しいのかもしれない。阿部はこのままの状態で無理を押して出場するとレギュラーシーズンに大きな影響を与える可能性は大だろう。最悪は選手寿命を縮めることも考えられる。

 まぁ、そこまではないだろうが開催時期がレギュラーシーズンの直前であることに違和感があると前にブログに書いたことがある。WBCで勝つことが大事かレギュラーシーズンで勝つことがポイントなのか。
 言うまでもない。年俸も含めてレギュラーシーズンに決まっている。毎回、WBCに参加した選手たちにシーズン中に「何らかのトラブル」がある。これは無理矢理調整して出場するからだろう。

 もっとも昨夜の試合はYGが壮行試合ということでYGの主力がいるWBCチームに花を持たせた形だとボクは推測している。邪推だろうと言われるかもしれないがYGで試合に出たメンバーを見たらそうとしか思えない。

 まぁ、明日から始まるWBCの本戦。覚めた目で見ることにしよう。


カメイスーパー自己倒産

 今朝(2013.3.1付)朝日新聞秋田版に次のような記事が掲載された。『南外のカメイスーパー自己破産』アリャリャ。なんてこった。我が家の台所である。
 子どもの頃から小さな店の「亀井さん」として訪問販売などで着々と地歩を築いて地元で一番の「スーパーマーケット」になった。村の人たちの台所として着実に商売していただろうと思っていた。数日前もカップ麺を買いに行ったのであるが・・・。

 カメイスーパ-。珍しい食材をいろいろと売っていたなぁ。ハタハタシーズンになれば箱売りでブリッコのハタハタ。いやハダハダ。川がに(モクズガニ)のシーズンになればカニが泡を吹き出しながら大きなポリバケツに入っていた。山菜のシーズンは各種の山菜もあったなぁ。そして、何よりも「アッ醤油がない」と言えば一っ走りで入手できるのがありがたかった。

 確かに自己破産だから個人的な問題かもしれない。しかし、大きく考えると政治の貧困があると思えてならない。中山間地域の疲弊はものすごい。人口減、空き屋問題、低所得などなど政治の目が届かないことを良いことにどんどんダメになってゆく。その延長線上に「カメイスーパー自己破産」があったと思えて仕方がないのである。

 桂文珍ではないが「地元にいるのは佃煮にできるくらいの老人ばかり」。このジーチャン、バーチャンたちが手軽に買い物できる場所がなくなってしまった。便利な台所が消えてしまったのである。


本日はこれからお祝いの会があります。と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR