大震災2年目に


本日も大荒れに

 積雪10センチほどになった。風も強かった。今日は休暇をとって運転免許センターに。5年目の免許更新の日。
 写真は寒い空の下にある秋田の免許センター。詳しいことは後日レポート。



まったくダメな復興状況

 3.11。
 2年前の午後2時46分を忘れることはないだろう。その時に書いた短歌を思い出す。

   なにひとつ安否わからぬもどかしさマーマレード作りたしのぐ

たまたま3.11は連れ合いの兄の働いてる現場が石巻だった。震災津波のあとに全然連絡がとれなくなってしまう。連絡がまったくとれずに三日経過。
ボクは連れ合いに
「今日、何も連絡がなかったら犠牲になったとあきらめるしかないかもしれない」
と、言った。
 電気も止まっており暖房は反射ストーブのみ。そんな時に静岡の友人から送られてきた夏ミカンをむきストーブの上でマーマレードを煮詰めていた。そうやって気持ちを紛らわしていたのである。
 幸い連れ合いの兄は三日後に非難していた石巻市内の小学校から帰還した。

 今、言われ始めているのが震災の記憶を風化させているかもしれないと言うことだ。
 おそらく国も震災のことには触れたくない「景気だドンドン」で行きたいのだろうなぁ。確かに何千億、何兆円と復興の金は出そうとしているようだ。ところが復興のために使おうとするとアーだこーだと「紐付き」で使えないらしい。金を使うまで時間がかかってしまう。スピード感がないのだ。いまだに何万人もの方たちが2年前と同じ状態なのにである。
 この遅々とした復興の流れはたまたま被災地が切り捨てられつつあった東北だったからなのかもしれない。つまり儲からない土地が多いのが原因かもしれない。などと東北の民であるボクはひがんで考えてしまう。
 阪神淡路大震災の2年後に野球部遠征で神戸に行った。その時は確かに震災の傷跡はあったが大部分が復興していた。
 政治の貧困。政治家や経済界と呼ばれる人たちの思惑がからんできて東北の復興は遅れるだけ遅れるのだろう。

 そして、フクシマ。安倍首相は原発の再稼働をすると舵を切ったらしい。いま、そんな時ではないと思うのだが・・・。福島第一原発事故の総括も終わらない。いや、原発周辺の住民の生活基盤さえしっかりできない。
 経済活動ができないから原発再稼働をする。違うだろう!。見出し人間のボクは新聞に掲載される週刊誌の見出し広告を見てウームとうなったりする。最近では原発の放射能が危ないと騒いだマスコミや人間をバカにする論調が出ているようだ。原発事故で亡くなった人はいないだろうとか。放射能で被曝してどんな被害があったのかなどなどである。いずれにしても世も末だなぁと思う。いずれにしても安全神話再びである。そして原発再稼働ということになってしまう。

 あの時にフクシマの短歌を作った。

   タニウツギそよがす風はやわらかし雲の向こうにフクシマがあり

大震災から2ヶ月。ボクの身の回りでは桜も過ぎ桃色のタニウツギが咲きはじめた。とても過ごしやすい季節である。しかし、フクシマの苦悩はいかばかりか。こんな感傷的な気持だった。そして福島第一原発事故について憤りと若い頃自分が原発反対運動にもっと首を突っ込んでいたらこんなことはなかったかもしれないという慚愧の念があった。

 あの頃「何も心配する必要のない数値である」と言いつづけた官房長官はどこに行ったのだろう。政治家は嘘つきであることを公言したようなものだ。「インディアン(何だか差別用語らしいが・・・)嘘つかない」の方がズーッとレベルが高い。

 日本は3.11で一度「立ち尽くして呆然とした」はずである。だが、その後にしっかり対応したかどうかを考えると全然ダメだと言える。
 復興第一で考える政治や国になることを願う一日である。

   やることは一も二もなく復興です三・一一風化させずと


我が家のわかちゃん。ハイハイが上手になりました。写真はわかちゃんを写そうとしているカメラに一直線で向かってくるところです。元気が何よりですねぇ。
これにて本日のブログは終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR