沖縄を置き去りに、日米地位協定


光芒

 久しぶりに西の空に光芒が・・・。それにしても寒いですねぇ。そんな日が続いています。職場の桜は一本の木にポツポツと18個ほど咲いていました。
   
   ポツポツとソメイヨシノは咲いたけどもう店じまい桜祭りは


明日は我が身に

 今朝の魁新報には「主権回復の日」などについて沖縄国際大学の佐藤学教授が「対米追随、矛盾を露呈」と題する評論を掲載している。
 これを読みながら魁もなかなか骨があるなぁと思った。佐藤学教授の考え方は今の政府に対する批判である。その批判が正論であるから理解しやすい。いわゆるマスコミが権力の批判をするのは珍しい。
 実はボクは朝日新聞も配達してもらっている。朝日新聞はもっと庶民によりそい権力の追求をする新聞だと思っていた。ところが最近風向きが変わってしまったとボクは感じていた。
 例えばTPP問題などは諸手をあげて大賛成の気持ちを社説で述べている。さらには昨日報じられたオスプレーの沖縄追加再配備についても知らんぶり。
 権力に密着した新聞では読む必要もないなぁと一時は購読をやめようかと思ったこともある。沖縄の問題についても朝日新聞はどことなく冷ややかである。権力の批判や対立軸を持たないつまり権力べったりの新聞は見る価値もない。と、思っているのだが・・・配達してくれている人とのつきあいもあるしなぁ。

さて、佐藤教授の評論を簡単にまとめておこう。

『日米安保条約の負担は沖縄に押し込めることで日本から不可視化されてきた。沖縄の問題が本土に伝わっていないことはたくさんある。
▲沖縄の県民所得に占める基地関連予算は沖縄経済にとって完全にマイナスであること。
▲米軍普天間飛行場と代替基地建設予定の名護市辺野古は直線距離で三十五キロしか離れていないこと。
▲在沖海兵隊は北朝鮮の核兵器に対しても尖閣諸島での軍事衝突にも枠割を持たないこと。
▲米上院が2006年以来、辺野古、グアムの新基地建設に所定の予算を付けていないこと。
▲米軍事予算の年8%の削減が始まり、海外基地縮小論が高まっていること。
▲沖縄県の現在の要求は普天間の県外移設のみで、全基地の返還までは求めていないこと。
これらのことが日本全体でどれだけ理解されているのだろうか。
日本が米国とまともな交渉ができない状態は主権国として異常だ。
安倍首相は就任後、米国にあらためて辺野古を差し出しただけでなく、将来的に日本の医療市場を丸ごと差し出しかねないTPP交渉に参加した。米国と「特別な関係」を深化させることで尖閣をめぐる軍事対立に米国を巻き込み、対中冷戦構造を作り出そうとしてように見える。しかし、米国が尖閣で軍事衝突に介入するとは思えない。
安倍首相がこだわった「主権回復」と、その一方での対米追随は現実と照らし合わせれば矛盾だらけだ』

かなり省略してまとめたが安倍首相の発言や言動は平和な日本を壊そうとしているようにボクには見える。
 日米地位協定では「米国が必要とすればいつでもどこでも日本を基地化し米軍を置くことができる」となっているとのこと。だからオスプレイは日本のどこでも飛行するんだなぁ。と、妙に納得した。沖縄のような状況が明日は我が身に降りかかってくる。あらためて認識せねば。
 こんな人たちに憲法改悪なんかされたらどうなるか。当然、最悪である。


わかちゃん。実は昨日、左足を火傷してしまった。かなりの重傷だ。一時は救急車を呼ぶかとおもうほどに緊迫した。家族そろって病院に行き救急に手当てを受け今日あらためて診察。まだまだ痛々しいのだが火傷をした箇所を覆っているので動けるようになった。写真は食事をしながらちょっとご機嫌になった顔である。わかちゃんに申し訳ない。2番目の子どもの火傷率は高いなぁとジジバカはつくづく考えているところである。順調に回復してくれることを祈るのみである。
そんなわけで本日のブログは終了です。

秋田県高校野球各地区大会組合せ


各地区の組み合わせが決まった。

組合せ表が見にくい時には組合せ表をクリックしてください。拡大されるはずです。

各地区とも大会は5月9日(木)からスタート。
会場は次の通り。
県南地区が平鹿球場と大曲球場。中央地区は八橋球場と協和球場。県北地区は能代球場と田代球場。
詳しい試合時間等は明日の新聞等で確認ください。

なお、春季全県大会には参加校の数によって県南地区から7校、中央地区から7校、県北地区からこ5校の合計19チームの参加になります。

各校の健闘を祈りたいですね。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR