「こっそり」変えていた飛ぶボール


暑いですねぇ

 6月としては記録的な暑さとのこと。五城目では6月初の猛暑日を記録したとのこと。朝から抜けるような青空が広がった。
 北の高気圧の影響のようで湿度は低い。しかし、夏至付近なので太陽は高く直接注いでくるから暑い暑い。4日連続の真夏日とのこと。


隠蔽体質そのものですね

 それにしても野球はデータのスポーツだなぁとつくづく思った。
 今年のプロ野球のシーズンが始まってからスポーツ紙やテレビ番組などで「今年のホームランは多くなりましたねぇ。もしかしたら飛ぶボールに替えられたのかもしれませんね」と言われていた。
 データ上では本塁打数などの比較をすると打者有利な飛ぶボールではないかと推測していたのである。
 楽天の嶋選手会長「明らかに本塁打数も3割打者も増えてる、逆に投手の防御率は悪くなってる」とも話していた。
 だが、野球機構(NPB)は昨年までの統一球(いわゆる飛ばないボール)を継続して使っていると明言していた。
 ところが一昨日(11日)「実は反発係数を計測したら飛ばなさすぎの反則球があったから、規則通りのボールに変えていた。しかしメーカーのミズノにはこのことを絶対に表沙汰にしないことと釘を刺していた」と発表した。さらに、NPB事務局はこの事実を加藤良三コミッショナーに伝えていて判断を仰いでいたとも話したのである。

 そして、昨日の加藤良三コミッショナーの記者会見だ。加藤氏は
「私はそのことを昨日(11日)まで知らなかった」
と、話した。テレビ番組を見ながらボクはエッと思った。しかも事務局長が前日に話したことは混乱していたからだったと言い訳をする始末だ。

 公認球には統一球として「加藤良三」のサインが印刷されているのである。何万個もあるボールの一つ一に彼のサインがあると言うことは統一球であることを証明していることだ。
 飛ぶボールになったことを知らなかったという加藤氏の神経を疑う。もしも、それが事実だったとしたらコミッショナーなど不要であろう。

 しかも加藤氏は「これは不祥事ではない」「たいした問題ではない」との認識を堂々と話すのである。ボクが考えるには大相撲で起きた八百長相撲に匹敵するくらいのコミッショナー側の大不祥事だろう。これが不祥事でなくて何が不祥事かと言いたい。

 これまでの加藤氏の無責任さと言うか当事者能力のなさと言いますかそんなことが結構ある。
 2011年3月東日本大震災の時。こんな日本をゆるがす時期にプロ野球ではないと言うことでパリーグは開幕の時期を遅れさせた。ところがセリーグは某W氏の予定通り開幕の一声でびびったのかコミッショナーはそれでOKの判断をした。ところが国民から大ブーイングを浴びて結局はパリーグと同じ時期の開幕にせざるを得なくなった。この時の加藤氏の対応のまずさは語り継がれるだろう。
 2012年から2013年にかけてWBCの監督問題。CM代などメジャーリーグに吸い上げられることについて選手会につきあげられても何も対応しなかったこと。現役の監督から選ぶことができずに山本監督選出の時にも何も対応しない態度もひどかった。
 そして、今回の「内緒でこっそりボールを替えていた問題」。知らなかったのなら彼が「ガバナンス」なんて言葉をいう資格はない。

 野球はボールが飛べば飛んだで、飛ばなければ飛ばないなりに楽しめるスポーツであると思う。しかし、その前提となるルールがプレーする側に平等でなければこんなにつまらないことはない。

 責任の所在を明確にすべきだと思っているが無理でしょうね。推移を見守りたい。


我が家のとわちゃん。ストライダー自転車が上手になった。この自転車にはブレーキがない。とわちゃんの技術が上達しスピードが出るようになったので少し心配になってきた。
と、いうわけで本日のブログはこれにて終了です。

  真夏日に「頭まぐまぐしますねぇ」若者キョトン意味が通ぜず
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR