原発を売り出すとは・・・


ツバメ

 外小友郵便局のポストにハガキを投函しに朝方寄ったらスイーッとツバメが横切った。そして電線にとまったのである。
 郵便局近くの家に毎年営巣しているツバメの仲間だと思う。スズメも少なくなったがツバメも珍しい鳥になってしまった。ツバメもスズメも人間がいるから繁殖できる鳥たちであると言われる。現代はそれだけ人家の状況がツバメやスズメには合わなくなっているのだろう。過ごしにくい世の中になったのである。


自分のことしか考えていない人々

『原発の事故と補償で揺れている国の首相が原発を売る』
                   東久留米市 田村精進さん

 このような短歌が2013.6.24付の朝日新聞歌壇に投稿されていた。千首以上の中から選ばれていると思うので秀逸な歌だと思う。
 以前のブログに安倍首相は「死の商人」かもしれないと書いたことがある。それを見事に言い当てている。しかも原発事故で揺れ動く日本の現状も思い浮かばせる。

 今なぜ原発か。自分のことしか考えていないからだ。自分とは大企業、政治家、それを取り巻く一部に人間たち。その人たちが日本を悪くしていると思えて仕方がない。福島第一原発事故の影響に考えが及ばない。いや、無視しているとしか思えないのである。

 ところで先日の東京都議選。自民党が圧勝したとか公明党が勝ったとかはほとんど興味がない。
一番の問題は投票率の低さである。40パーセントちょっとの投票率で議席を独占したことに喜んでいるようだが全有権者の何パーセントが支持しているのかを謙虚に受け止めなければいけないと思う。
もちろん、衆議院議員のメンバーも同じことですけれどね。
 絶対に実現しないだろうが選挙の投票率は最低でも60パーセント以上(いや70パーセントでもいい)でなければ、その選挙は無効であるとの判断をすべきである。
 政治家の一人一人にそれぐらいの心意気がなければならないはずだ。そうでなければ、やはり「自分のことしか考えていない」職業政治屋ということになる。
 もっとも「教育は政治について無関心にさせるためにおこなわれてきた」と揶揄されることが実現されていると言いかえることもできるが・・・・。もっと学校で選挙のこと政治のことを積極的に取り上げる必要があるかもしれない。
 ただ、政治が教育に関係してくると日の丸とか君が代とか道徳とか過去の亡霊が復活しそうになっているのがとても気にはなる。
 まぁ、憲法は国民が為政者を縛るための道具であることを知られないように、為政者が国民を縛る憲法に変えようとする策動もこの流れの中にあるんでしょうけれど。

 いずれにしてももっともっと国民が選挙に関心を持つような方向にしなければ日本はより一層ジリ貧になってしまうだろうとボクには見えてしょうがない。

さて、話はぶっ飛んでしまったが元に返って。原発を外国に売り出そうとしている安倍政権。世界一安全だと真面目な顔をして言っているのはある意味ぷラックユーモアなのかなと思ってしまう。万が一の時に日本は責任を持つんでしょうかねぇ。廃棄物はどうするんですか。ツッコミどころは山ほどあるような気がする。

 福島第一原発事故の収束もままならない状況で原発再稼働やさらには原発の輸出などは身の恥を世界に晒す行為であると言っておく。

   恥さらし自国の事故もままならぬ安全うそぶき原発売るとは


我が家のわかちゃん。最近は自分でフォークを持って食べるようになった。食欲旺盛プクプクほっぺのわかちゃんが良いねぇ。
と、言うわけで30℃超えの一日のブログはこれにて終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR