原発汚染水はコントロールされていないぞ!


彼岸の入り

 気温12℃前後。寒い朝だった。彼岸の入りで少し神妙にお墓参り。暑さ寒さも彼岸までですね。
 通勤路の田んぼでは所々刈り入れが始まった。いよいよ本格的な秋になった。

  刈り入れの稲の匂いは土と風そして太陽人の温もり


嘘と言い訳

 その1。原発事故汚染水問題。
 昨日、安倍晋三首相が福島原発事故の汚染水処理現場を視察した。そこで発言したことがまたまた「0.3平方キロメートル以内で放射能は完全にコントロールされている」だった。
 エッ、それは違うでしょう。「よく言うよなぁ」とあらためて思った。嘘つきだなぁと思った。
 汚染水はいたる所から流れ出ている。しかもどこに流れてでいるかは判明していない。さらに外洋との境目は網のようなものでふさいでいるだけである。汚染水ダダ漏れだろうとツッコミを入れたくなる。
 しかも、安倍首相は福島第5と第6原発の廃炉に言及したのである。これって何か変である。今、なすべきことは汚染水処理はもちろん福島第一原発事故の収束を最優先すべきことだ。
 その事故の内容さえ明らかになっていないのに「問題のすりかえ」をおこなっただけである。目先を変えて自分のウソ発言をそらそうとしただけである。
 安倍首相が福島に出向いたことも廃炉発言も完全コントロール発言もあくまでもパフォーマンスである。
 海外に向けて五輪は大丈夫と発言したつもりだろうが、一番「アレッ」と疑問に思っているのが日本人であることは間違いない。

 福島第一原発の収束に向かって海外から優秀な人材も集めているような話も聞こえてくる。
 だが、その優秀な人材達も福島第一原発事故の収束は一筋縄では行かないと頭を抱えているという。アメリカの技術者はスリーマイル島の事故よりもひどい状況だと分析。イギリスからの技術者は日本はなぜこんな原発を作ることに邁進しただろう日本が原発を推進した過去のことに言及しているという。
 ボクはあまり専門的なことはわからない。だから文句を言うなよなんて突っ込まないでください。でもこれだけは言いたい。
 安倍首相の発言が本当だとしたら「安全な場所に住むことが出来るはずだろう」と思うし福島原発事故の近くから捕れる魚介類だって食べることが出来るだろう。 まずは安倍首相を先頭にオリンピックを誘致した「おえらい人たち」は福島原発周囲から捕れている魚介類を朝昼晩毎日食卓で食べる姿を全世界に配信すべきだと考える。
 まぁ、そんな時になったら彼等は別の魚介類を並べて「はい、これが福島産の魚介類ですよ。美味いですねぇ」と言うくらいの嘘つきパフォーマンスはやるだろうけれど・・・・。

 字数不足なので次回はプロ野球コミッショナー辞任劇について書きます。


わかちゃん。とわちゃんの物真似ばかりする。やはりオネーちゃんなんだろうなぁ。バンザイと手を上げると真似をするんですね。段々に負けない妹になってきた。
と、言うわけで本日のブログは彼岸の入りにも関わらずちょっとイラッとして終了します。

ところでもうすぐ170000ビューになりそうです。ちょうどの人は良かったらコメントでもください。記念カンバッヂでも・・・・。

白内障では・・・


中秋の名月

 今朝の気温はこの秋最低の気温になった。12~13℃前後だったと思う。毛布だけでは寒くて朝方目が覚めてしまう状況になった。
 栃木の友人からは奥日光では初霜があったと新聞記事のコピーの入ったメールが届いた。全国的に秋は深まってきている。

 夕方から雲も切れて中秋の名月がくっきりと見えた。今日は中秋の桂月と満月が一緒の日であるとのこと。実はこれを聞いても意味がわからないのです。
 何でだろうといまだに疑問です。でも、まぁ豆名月。真ん丸なお月さんだからいいことにしよう。

  真ん丸な月を眺めて枝豆とビールと君と軽く一杯

 午後7時過ぎに今日の月を一枚パチリと。月をまん丸に撮るのは難しいです。



瞳孔が開いて眩しい眩しい

 最近、視力が弱くなっている。昔は視力が2.0だったのだが最近は1未満だろう。しかも左右のバラツキもある。
 3ヶ月前に一度検査に行った後でしばらく放置していた。今日、ちょっと時間が空いたので久しぶりに検査に出かけた。
 「車で来ないように」とお達しがあったので家人に運転してもらい眼科医まで。

 ドクターの検査の結果。目玉の内部はきれいな状態。右のレンズ部分
に少し白内障の原因となるものが見えるが気にするほどではない。いずれ加齢とともに増えるだろうが今のところ手術を考えるほどではありません。半年後にまた検査してみましょう。ってことになりました。そこでボクはドクターに質問。
「最近、小さな文字が見えないんです」
「アーそれは老眼鏡をかければいいんです」
「・・・・」

 治療が終わった後で外に出たら眩しい眩しい。瞳孔を拡大させる点眼薬のために外の光がまともに入ってくるのだ。
 これじゃあ車の運転は無理だなぁ。と、両目をしかめながら家人の車に乗った。

 と、言うわけで白内障の手術を一度は覚悟して目医者に行ったが半年は生き延びることになった。ハイ。



とわちゃん。我が家に来るとストライダーに乗ってスピードを上げて家の周りを走り回る。なかなかに上手なライダーになった。
と、言うわけで本日のブログはまだ少し瞳孔が開いている(らしい)状態で終了です。

ポール・マッカートニー狂想曲??


サルビアの花

 サルビアの花はなかなかしぶとい。しかもその赤は錆びずにいつも赤い色をしている。わかちゃんを迎える場所で今朝も一枚撮影してみた。
「もとまろ」あるいは「早川義夫」の歌う「サルビアの花」を思い出す。
  ♪いつもいつも思ってた サルビアの花を
 今朝の気温は低く15℃前後だったろう。半袖ではちょっと寒いくらいだった。日中と気温差は10℃前後になるので何だか喉がゴホゴホする。気をつけなければいかんなぁと思っている。しかし、ビールと日本酒を飲んで寝込んでしまうと暑さも寒さも忘れて寝込んでしまう。気がつくと丹前(これが無いとボクは眠れません)毛布もかかっていない。
 こんな能天気なことを書いているうちに鼻の奥がむずむずかゆくなってきた。まずいなぁ。

   サルビアの赤に朝露輝いて気温十五℃台風一過



残念なりチケットは無理だった

 9月14日。iPadのメールソフトにアラームを入れて絶対に忘れないように設定していた。実はポール・マッカートニーの11年ぶり日本公演のチケット予約日だったからだ。
 以前もブログに書いたが3ヶ月ほど前にチケットぴあから連絡で事前予約のメールが入った。すぐに予約を入れたが外れ。当然だろうなぁと思っていたらすぐにもう一度事前予約があるとのメールがチケットぴあから来た。
 わらにもすがる思いですぐに予約作業をしようとしたら何と言うことでしょう。チケットぴあのクレジットカードに入会することが条件とのメッセージが出た。この段階でやめ。9月14日の一般予約まで待つことにした。

 いよいよ9月14日に。午前9時から予約が始まることになったが10分前からチケットぴあのネットにはまったくつながらなくなった。「回線が混雑しているので後ほどお試し下さい」のメッセージで何度トライしてもダメ。
 そのうちに家人からとわちゃんとわかちゃんのお父さんが田沢湖マラソンに出場するの応援に行くとの命令でパソコンの前を離れた。いずれiPadでもできるとタカをくくったのである。
 ところがダメですねぇ。iPadで何度トライしても回線が混んでいるのでお待ち下さいメッセージが延々と続く。午後になったら「すでに予定枚数完売」とのメッセージ。ダメでした。
家人に言われた。
「結局、本当のファンではなかったってことだべ」
「・・・・」
「何としてもチケットが欲しいならクレジットカードの会員にでも何でもなるのが普通だべ」
「ごもっとも・・・」
 と、まぁポール・マッカートニーの公演は残念ながらチケットがとれませんでした。負け惜しみですがボクはポールよりも今は亡きジョンやジョージのファンでした。やはり負け犬の遠吠えだなぁ。
 そのうち発売になるかもしれないライブ盤でも買うことで我慢しよう。できればウクレレで歌うジョージ作曲の「サムシング」を聞きたいなぁ。「イエスタデイ」よりも・・・・。
 半世紀ぶりにボクの中でのビートルズ狂想曲でした。ハイ。



わかちゃん。今日の夕方外をよちよち歩いている時にゴツンと前のめりに転んでしまい大泣き。わかちゃんのお母さんがたまたま携帯でビデオ撮影していたのでその場面が動画で残った。
わかちゃんは動画の自分が転んでなくシーンを見ると最初はウワーンと泣き出した。アリャリャ。それでも何度も見せろとせがむ。また、見せてあげると今度は涙を流してみている。何とメンコイことか。そんなわかちゃん今朝は朝日のあたる逆光の中で一枚。指を一本立てているのが1歳の意味なのか。はたして・・・。
これにて本日のブログは終了です。

平成25年度秋田県高校野球秋季全県大会組合せ


 今日、雨で延びていた各地区の決勝戦が行われ県南地区は大曲工業、中央地区は秋田、県北地区は能代松陽が優勝し各地区の出場校の順位が決まり秋季全県大会の組合せが決まった。
 正式には東北地区「なんとかかんとか」という名称だが秋季全県大会ということで・・・。
 大会は21日(土)からスタート。球場はこまち球場と八橋球場。こまち球場での開幕試合は雄物川対秋田工業となった。
 東北大会には3校が出場しセンバツへの道へとつながる大会である。はたして・・・。
 詳しい試合時間等は割愛です。

漫画「サバイバル」


台風一過

 今朝は青空がのぞいた。台風18号が太平洋側に抜けたので台風一過である。雨天順延になっていた高校野球地区大会も開かれて全県大会へ何チームかが駒を進めた。

  台風の過ぎ去った後の青空はなぜこんなにもあっからかんか


「家族への思い」の漫画

 先日、友人と話していた時に
「さいとうたかをのサバイバルというコミックを知ってますか」
と、聞かれた。その漫画は知らない。さいとうたかをと言えばゴルゴ13である。
「ゴルゴ13なら知っているけど」
「サバイバルという漫画も書いているんです」
「どんな話?」
「仲間とキャンプをしていた時に大地震で洞窟などが崩れて仲間たちも日本全体も超大津波などで滅亡。取り残された主人公が一人で生き抜く話です」
「ウーム・・・」
ネットをチェックしたら分厚い「サバイバル」が6冊セットで出ている。早速、発注。先日届いたのでイッキ読み。

 漫画はサトル君が主人公。地球が環境破壊や核兵器などいろいろな原因で大地震を起こしてしまい日本は海に沈んだりズタズタになる。その中で生き残りをかけたサトル君のサバイバルが始まるのである。
 大ざっぱに乱暴な要約をすると全巻を通してサトル君が離ればなれになった家族を探す物語である。その家族が生きているのか死んでいるのかは最後までわからない。
 1~2巻がサトル君個人の生き抜くためのサバイバル。3~4巻は日本の富士山麓に生き残った人たちとの交流や動物たちとの交流でのサバイバル。5~6巻はある集落で出会った人たちとの話で家族との接点が少しずつ出てくる展開。
 ボクの想像だが小松左京の「日本沈没」が土台になっているかもしれない。しかし、この「サバイバル」第1巻が発行されたのが1994年。
 この漫画では原発事故。動物たちの野生化。大津波などなど・・・が描かれ20年近く前に3.11東日本大震災の予言をしていたようにも思える。
 しかもアマチュア無線のことも第3巻で語られている。この中でアマチュア無線について次のようにある。CQCQはもちろん次のように表現されている。
『無線機械やガイド書はいくらでも手に入った・・・。いかし、機械の名や、ハム養護は英語であらわされているので、少年の理解力をはるかにこえていた・・・そしてサトル君は一人でつぶやく』
「10WのトランシーバーをDC12Vで作動させるには3A前後の・・・QSOとは交信か・・・」
『外国ではハムを趣味の王様と呼んでいる。一番さかんなのはアメリカだが、日本のハムは40万局で局数では世界一である』

 先日、アマチュア無線仲間のブログを見たら
「全国のアマチュア無線局数が7月の統計で436,185局とどんどん減ってますHi (2003年69,9460局)」とあった。つまり、現在は20年前のアマチュア無線人口になっているのだろうなぁ。
 と、ちょっと脱線したのだが3.11後だからこそ読むべき漫画かもしれない「サバイバル」。生き続けること生き抜くことの難しさ。自然の大切さ。家族の結びつきを考えさせられたと書いておこう。久しぶりにおもしろい漫画を読んだ。


わかちゃん。本当に一人前である。1歳3ヶ月。少しずつ言葉も出てきたので意思表示が明確になってきた。甘やかし放題のジジバカを見つけると走るように寄って来て抱っこをせがみ外へ出ろと命令する。これが楽しいんですねぇ。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

台風18号の日に


戸波鉱泉へ

 台風18号襲来。
 昨日とは違い今日こそは野球へゆくぞ。と、気合いが入っていた。ところが朝から強い雨が降り続いている。
 こりゃあ無理かなぁと思い野球関係者に電話すると順延とのこと。まぁ此の雨では仕方がない。
 すると我が家のリウマチのオッカアが
「戸波鉱泉にゆこう」
と、言うではありませんか。
 なんとなく最近膝の痛みも出てきたし、もちろん行きます。ちょうど台風18号が愛知県あたりに上陸した頃にでかけた。

 一部屋借りてのんびりとほんちょっぴりの硫黄臭がして肌がスベスベする湯舟に浸かりホッとする。
 そして、ウトウトとしながら先日購入した「サバイバル」を読む。そして居眠り。そしてしばらくしてからふたたび入浴。外は雨風が吹いている。しかし、借りた部屋はひっそりとして至福の時間をすごす。
 何となく気持ちもゆったりと膝の痛みもとれたような気持ちがする。

  台風の吹く日にノンビリ温泉で日頃の疲れ癒やす快楽

写真は雨の戸波鉱泉


とわちゃん三歳の誕生日

 今日はとわちゃんの三歳のプレ誕生日。本来は明日であるが家族みんなが明日から仕事。そのために明日の夜は皆が集まってハッピーバースディートゥユーができないので今日集合した。

 だんだんにペラペラと話せるようになってきた。そして「何歳になったの」と聞くと(ボクは聞きませんが周囲の人が)3本指をたてて「三歳」という。時々は「5歳」と言う時もありますが・・・、それはそれでカッコいいのです。

これにて本日は酔っ払ってのブログ終了です。

田沢湖マラソン


雨の中での韋駄天たち

 朝からぽつりぽつりと雨が降っていた。高校野球の地区大会は見逃せないカードがある。
 今日は球場をかけもちしてでも見に行くぞ。と、思っていたのだが・・・。家人が

「今日は田沢湖マラソンでとわとわかのお父さんが走るから」
「・・・・やきゅう・・・」
「なにっ!ダメだお父さんの走るところを見せに行く」
「・・・やきゅ・・・」
「子守りもあるし、さぁ、えぐど!}

そんなわけで本日は田沢湖マラソンに行くことになってしまった。

 田沢湖周辺は雨模様にもかかわらず多くのランナーが集まっている。走る人たちだけでも数千人いるようだ。
 その人たちを応援する人が3倍はいるので田沢湖周辺には一万人を超える人たちが集まっていただろうなぁ。
 一人一人の能力に応じて走る距離を決めることができるらしい。とわちゃんとわかちゃんのお父さんは20劼縫┘鵐肇蝓爾靴燭箸里海函20劼呂舛腓Δ錨賃湖一周になる。目標は2時間半程度とのことだった。
 
 勝負に徹する人もコスプレランナーもいるので見ていてもそれなりに楽しい。
 しかし、スタートすると走る人たちは目の前から消えるので何もやることがない。

 とわちゃんが田沢湖に浮かぶスワン型のボートに乗りたいと言うので皆で乗り込んだ。魚のエサもワンカップ100円也で売っている。ボートが動くと最近田沢湖で増加しているウグイがボートを追ってくるそうだ。

 ペダルを漕ぎながら沖合(それほどでもありませんが)に出てみるとウグイがついてくる。さっき購入したエサをポイッと投げるとジャンプする勢いで食べに来る。とわちゃん大喜びであった。

 次第に雨脚が強くなりとわちゃんとわかちゃんには気の毒なコンディションになったのでお父さんのゴール後(記録は2時間15分前後かな)すぐにシャトルバスに乗り込み帰宅することになった。

 それにしてもこんなに長い距離をタッタカタッタカ走るもんだなぁと思う。ボクならば20メートルでさえ絶対に走らないなぁ。

 ジジバカですが、今日湖の砂浜近くを走っているとわちゃんの走る姿がとても良いのですねぇ。根性さえあれば良いアスリートになると思うのだが・・・。

 阪神-ヤクルト戦のラジオを聴きながらブログを書いていました。1回裏ヤクルト攻撃の時にバレンティン選手の56号本塁打が出た。カキーンと言うよりもカシャッという乾いた音がラジオから聞こえたらアナウンサーが左中間にライナーで持って行ったと絶叫。良かった良かった。阪神榎田投手の調子が悪かったようだが堂々と勝負したのが素晴らしい。

 と、言うわけで本日は軽くビールを飲むためにこれにてブログ終了です。

  韋駄天はヒタヒタヒタと雨の中何を思うかゴールめざして
  

汚染水、外洋まで流出か


アカトンボ

 今日も30℃超えだった。蒸し暑いのでどうしようもない。外に一歩出てみたらアカトンボ(とわちゃんは赤ちゃんトンボと言うが・・)もげんなりとなっている。元気がない。
 元気のあるのはアメリカシロヒトリである。昨日、我が社でペットボトルを持ってワサワサと歩いている毛虫を集めていた男子がいた。アッと言う間にボトル内にアメシロの幼虫が集まり気味悪くなってきた・・・。でも、偉いなぁと思った。
 今朝の新聞に気温が高いためにアメシロは再度活性を増したとのことだった。まったく迷惑な虫です。


言い訳にしか聞こえない

 上のような記事がネットに載り今朝の新聞でも報じられている。ちょっとコピーしておきます。
『東京電力福島第一原発のタンクから高濃度の汚染水が漏れた事故で、海近くの排水溝で放射性ストロンチウムなどの濃度が11日に一時的に高まっていたことがわかった。東電はこの日まで、排水溝の上流で除染作業をしていた。「汚染水の一部が海に出ている可能性は否定できない」という。(朝日新聞デジタル)』
 安倍晋三首相が、7日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会の五輪招致プレゼンテーションで、福島第1原発の汚染水問題をめぐり、「完全にブロックされている」「コントロール下にある」と発言した。
 結局、五輪を誘致したいが為に実態を正しく伝えないウソの発言をしたと言える。アーァである。
 そうそう、昨日フランスの新聞に東京五輪誘致を福島原発の内容を書き込んで皮肉る漫画が掲載されたそうだ。
 それを官房長官が「福島の人たちをバカにするようなもんだ」みたいな談話を発表した。ボクは「アレッ、それって安倍首相の方がフランスの新聞よりも福島の人たちを馬鹿にした発言をしたんじゃないの」とボクは思ったのであります。
 でも、菅官房長官の言い方は変である。朝日新聞の記事からコピーします。
『放射性物質の影響は発電所の港湾内にとどまっている。汚染水の影響が外洋に及ばさないようにしていくということで、首相は「コントロールされている」と発言したと強調。東電が汚染水の制御ができていないということについては「貯水タンクからの汚染水漏洩など、個々の事象は発生しているという認識だ。と、述べた』
 何だかおかしいなぁ。コントロールされているんだけれどコントロールされていないようなことを言ってると思うのだが・・・・。

 いずれにしてもフクシマ第一原発事故による汚染水問題は日本のトップが「コントロールする(できている)」と国際公約した。後にはひけないだろう。しっかりとやることを期待したい。
 結局は日本人が選んだ政治家たちだから・・・。辛いんですけれどね。


とわちゃん。今日は三歳の誕生祝いの自転車を送ることにした。ストライダーと呼ばれる両足で地面を蹴って前進する自転車は上手にバランスをとって乗れるようになっている。両足を離してもスイスイ走れる。
そこでペダル付きをということになった。14インチの補助輪付きの小さなバイシクルをプレゼント。
乗ってみるとペダルが邪魔なようだ。まぁ、これからノンビリと慣れてゆくんでしょうね。まもなく、とわちゃん三歳。
これにてブログは終了です。

  自転車のこげない幼の補助になりゆっくり行けよ何時か乗れるよ

iPadがつながらない!?


小路を眺めて

 職場に通じる町を通っていると小さな小路が見える。妙に懐かしい風景だなぁと思ってしまう。 
 なぜ、懐かしいんだろう。考えながら通過するのだが思いつかない。どんな小さな路もどこかにつながっている言うことを本能的に感じているのかもしれない。


コンピュータとの格闘

 XPのサービスが終わるのでコンピュータのOSを7のマシンに交換したことは先日書いた。ちょっと後日談。
 まず、古いマシンから新しいマシンへは引越ソフトを利用。そのソフトの売りはデータはもちろんソフトも引っ越しできるというものであった。簡単に引っ越しができますと言う売り文句に乗ってしまった。
 面倒くさがりのボクは説明書もろくに読まず引越ソフトのCDを新旧のマシンに入れリターンキーをポンと押して一晩待った。古いマシンのCドライブとEドライブのほとんどが新しいマシンのCドライブに引っ越したようだ。
 新しい機械のディスプレイを見ると古いデスクトップにとっちらかっていたアイコンがたくさん並んでいる。
「オーこれは引越しができなぁ」
と、思いランチャーソフトを起動した。すると動くではありませんか。
 そこで古いコンピュータから引っ越したと思われるソフトを一つ一つ動かそうとした。ところが主要なソフト例えばワープロ一太郎などは再インストールを求められる。他のソフトも途中まで動き出すが途中でストップ。シリアルナンバーの入力を求められる。
 だいたい、シリアルナンバーやソフトのCDやDVDはどこに置いたのか探すのが面倒だ。ダウンロード製品ならばアーカイブしているGメールを検索すれば出てくる可能性はあるのだが・・・。こんな時ほど自分のとっちらかっている性格を恨んでしまう。もっと整理整頓しろよなぁと・・・。無理ですね。
 それでも、とりあえず日常的に使うワープロ、オフィス、ビデオ編集、音声編集などのソフトは復旧させた。あとは細々したソフトをどうするかをじっくりやればいい。
 そんな中で問題がおきた。それはiTunesがインストールをできないのだ。32bitなら問題なさそうだが新しいマシンを64ビットにしたために起きた問題なようだ。アップルのHPなどを参考にしてインストールに挑戦した。四苦八苦しながら二日間かけた。二日目になり一つのファイルが問題らしいことがわかり削除したらiTunesは動いた。
「ヨシッ」
今度はiPadをつないで同期をとろうとした。ところがメッセージは「このiPadを使うには新しいiTunes64bitのソフトをインストールをすること」とメッセージが出てiPadを認識してくれない。何度も何度もトライしたがダメ。iTunesソフトを再インストールしてもダメ。
 こりゃあダメじゃん。ボクはアップルの陰謀に乗っているだけかもしれない。iPadはやめよう。と、思いネットでMicrosoftのサーフェスというタブレット版のパソコンを検索。ところがサーフェスは3G回線で使えなさそうなのだ。もしかしたらできるかもしれないが少し気持ちが沈んでしまった。これじゃあiPadを使うしかないと思い直した。
 昨夜、もう一度iTunesの再インストールとiPadの同期にとりかかった。何度も何度もアンインストールや再インストールを繰り返してトライ。
 ネットの情報を見ながらやっていたのだがあるページに「削除したファイルをゴミ箱から完全に消去してください」という書き込みを発見。ゴミ箱完全消去だけはやっていなかったのでダメもとで消去実行。
 再インストールしたら無事iTunesは動いた。ダメだろうなぁと思いながらiPadをつないだらiTunesの端っこにiPadのマークが出ているではありませんか。
 オヤオヤそんなんでいいの。と、iPadマークをクリックしたら見事に認識してくれた。良かった良かった。
 古いマシンから引っ越していたデータ類はバックアップフォルダーに発見できた。これもダメもとで新しくできたiTunesのプログラムフォルダーに重ね書きしたら古いデータも読み取ることができたのです。ついでにiPodも接続したら問題なく同期してくれた。こんなもんですねぇ。
 なぜストライキを起こされたのかよくわかりません。もしも、まっさらなマシンで最初からいろいろとインストールしていたら難儀しなかったのかもしれない。それを引越ソフトでかなりのデータやらソフトのフォルダーなどを引っ越したので互いに干渉しあった可能性もある。と、推理している。
 難儀したなぁ。まぁ、それも楽しみといえば楽しみでしょうが・・・・。




わかちゃん。最近、風船ののような丸いものに興味をもつ。手前に持っているのはスフェアと呼ばれる直径60センチほどにスーッと広がる科学玩具である。今朝、それを出せとせがんだので出したら遊んでいた。壊されなければいいなぁと思い職場に向かった。でも大丈夫でした。
本日のブログはこれにて終了です。

   四苦八苦七転八倒五里霧中フクシマいまだ収束つかず

バレンティン選手本塁打55号


蕎麦の花

 わかちゃんを迎える場所に咲いている蕎麦の花を近くで撮影してみた。白い花にピンクの雄しべが妙に可憐である。


虫の名判明

 昨日、ブログに掲載した小さな黒い虫の名前が判明。プログ「むし探検広場」の園長さんである川邊さんに問い合わせたらすぐにメールをいただき虫の名前がわかった次第。
 虫の名は「キノコバエの一種」ということです。詳しい種類ははっきりしないがキノコバエの仲間。
 堆肥や歌壇、植木鉢の土などで大量発生することがある。人に直接危害を加えることはない。しかし人を不快にさせるので「不快害虫」と考えられるとのことです。
 
 職場の同僚や生徒諸君の話では湯沢から十文字にかけて大量に発生しているとの話でしたから困っていると言う話もある。しかし、川邊さんは学校中あるいは町中で沢山見られるというのは妙なことだと連絡してくれました。
 もしかすれば別の小さなハエなどが大量発生しているのかもしれません。
 我が職場で本日は蚊取り線香を焚いたりして対策をしたためかキノコバエの発生は下火になったようだ。実際にボクが今日見たのは数匹程度だった。これで落ち着くだろう。

 回答をいただいた川邊さんのブログ「むし探検広場」は虫好きにとっては素晴らしく楽しい内容です。ぜひ一度見てください。おすすめのブログです。
 今日の記事には「ウチワトンボ」が紹介されている。普通のオニヤンマかと思ったら尻尾の先端部が丸くなっているのである。アドレスは下の通りです。
http://insects.exblog.jp/
 とても簡潔に虫の生態などを教えてくださり「むし探検広場」の川邊園長さんには感謝感謝です。


バレンティン選手55号本塁打

 52号を打ってから少し足踏みをしていたようだが昨夜の試合で55号を打ち日本の記録に並んだ。今回の記録については日本中で歓迎されているような感じを受ける。
 ところで今朝の朝日新聞の社会面では「晴れバレ55号」としてスポーツ面とは違う切り口で記事を書いている。簡単にまとめると次のような内容だ。
『シーズン記録の55本塁打はプロ野球界の「聖域」だった。これが破られる時がやってきた。
 王貞治(73)が巨人時代に記録を作ったのが1964年。この後55本は「助っ人外国人」に壁となって立ちはだかった。
 あと一本に迫ったのが85年のバース(阪神)。128試合目で54本塁打を打ったが残りの2試合が巨人戦。9打席のうち6打席が四球と勝負を避けられ並べなかった。その時の巨人は王貞治監督。
 それから18年後の2001年。ローズ(近鉄)が55本に並んだ後に、王監督率いるダイエーと対戦。投手はストライクをほとんど投げず勝負を避けた。それを指示したコーチは試合後「ローズはいずれ米国に帰る。俺たちが配慮しないと」と語ったという。この件を受けて当時の川島コミッショナーは「フェアプレーを至上の価値とする野球の本質から外れている。そうして守られた記録は、その記録ばかりか記録を達成した選手の人格も汚すことになる」と遺憾の意を示した。
 翌年カブレラ(西武)が5試合残して55本に並んだ。相手投手は不当に勝負を避けることは無かったが厳しい内角攻めでカブレラは打撃を崩して結局一本は出なかった』

 何とみみっちい勝負の世界だったことか。狭量のなせる業としか言いようがない。
 今回はバレンティンは22試合を残している。普通に勝負がされたらほぼ間違いなく記録は更新されるだろう。
 もし、バレンティンの56号が達成されたら密かにビールを一本増やして飲むつもりです。



わかちゃん。お姉ちゃんのとわちゃんの行動が気になって仕方がない。ちょっとでも動こうとすればすぐに後追いをする。そして真似っこである。なかなかメンコイものです。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。


  三・一一(あの日)から二年半過ぎ悲しみと辛さ悔恨永遠に薄れず
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR