コントロールの違和感


栗のいが

 先日、我が家のとわちゃんと散歩に行った時に道ばたに栗のいがが落ちていた。彼女は道路に落ちている虫の死骸などこれまで見たことのない物体を見つけることにはとても目ざとい。
 ボクたち大人いや老人にとっては栗のいがなど目の端にも入らない。ところが発見するやいなや
「これなぁに?」
と質問。
「栗のいがだよ」
教えてもわけがわからない。そこでソーッとボクは手に取って彼女の手の平に載せてあげた。動かさなければ特に痛いこともないのでしばらく手の平に載った緑色の「いが」を眺めていてやがて興味を失ったようだ。あとはポイッと捨てたのでした。
 昨日、彼女の通う保育園で栗拾いをしたとのことで食べて下さいと何個か届いた。それで栗と「いが」の関係がわかったかどうかわかりませんが・・・。
 家人がゆでた栗を食べる食べるとわちゃんもわかちゃんも大好きである。ところが二人のお母さんはゆで栗は嫌いとのこと・・・ウーム。
 秋は一歩一歩深まって行く。




ラヂヲを聴きながら

 ボクの書くブログは原発反対の内容が結構多い。
 あらためて書くのだが福島第一原発事故の収束も汚染水の処理も終わっていないのに安倍首相が「汚染水問題は完全にコントロールできている」と発言してオリンピック誘致を進めたことに疑問も持っていた。おそらく日本人の半数以上はそのように感じているはずだ。
 今週の月曜日ニッポン放送でオンエアされた「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンゴールド」を聴いていたら、坂崎幸之助と吉田拓郎が雑談の中でおよそ次のような内容の話をしていた。

『東京オリンピックそのものが東京に来ることは良かったと思う。しかし、オリンピックの前にやるべきことがあるはずだ。それが福島原発の事故収束であり汚染水問題の解決だ。オリンピック招致のコメントで首相が汚染水を完全にコントロールできているという発言は違和感があった』

二人の意見は一致していた。いいねぇ坂崎幸之助と拓郎は・・・と、思って聴いていた。
 彼らがラジオで発言するくらいだから多くの人たちが違和感を感じていることは確かなことだろう。この番組は4年前から続いていたが残念ながら来週で最終回を迎える。

 ここまで書いて突然思いだした。22日、仙台でサザンオールスターズが5万人を集めてのコンサートがあった。WOWOWで実況中継があったので録画して観た。それはそれでとても楽しいコンサートだった。
 ところで、サザンが復活した時に新曲「ピースとハイライト」を出した。その歌詞の内容が政治色が強いのでネットで批判が続出しているという新聞記事があった。
 どうしてこうなんだろうなぁと思う。人は政治を抜きにして自分の生活を考えることができないはずだ。それが少しでも体制批判的なことを言ったり書いたりすると集中的に批判にさらされる。
 ジョン・レノンもそうだった。CIAやFBIに狙われていたと今でもささやかれている。体制を批判する姿勢が明確だったからだ。ジョン・レノンの影響力が若者たちに及ぶことを体制側は怖れたからだ。
 それと同じことがサザンにも起きているとも言えよう。体制をまっとうに批判する言論が出ない方が民主的では無いとボクは思うのだが・・・。

 まぁ、例によって少し脱線したのだが連日、どこかの新聞の片隅には福島の原発・放射能についての記事が掲載される。今からでも遅くないから福島から早急に退避した方が良いという意見も出されている。

 それほど大きな大きな問題であるのだ。けっして放射能の汚染水はコントロールなんかできていないのだ。そして、原発の収束だっていつになるのかわからないのである。


とわちゃんとわかちゃん。先ほども書いたがゆで栗が大好物であった。こんなに食べるのを見てボクは驚いている。何でも食べる姿勢は良いもんですねぇ。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

  手の甲に小さく文字を書いている女子高生の忘れぬまじない
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR