TPPいよいよ牙をむく


夕焼けの鳥海山

 夕焼けに鳥海山が小さく写っている。飛行機雲が鳥海山方向から出てくるような感じで尾を引いていた。
 今日はフェーン現象で気温が高め。五城目町付近では29℃超えだったとのこと。今日は長袖のYシャツを着たが暑くて役立たなかった。




日本農業破壊への一里塚


 今朝の新聞を見て「アーァ」とまたまた溜め息がもれた。TPP(環太平洋パートナーシップ)で日本政府と自民党は農業の五品目の関税撤廃を検討する事を表明したとの事。五品目とはコメ、麦、牛・豚肉、乳製品、砂糖のことを言う。

 昨年末の衆議院選挙、先日行われた参議院選挙で自民党議員の大半は農業の五品目については「聖域」として日本農業のためにも絶対に守ると公約して当選した。野党のある議員が選挙後に話した言葉を忘れられない。
「自民党の議員の誰と誰がTPPに反対して当選したかを覚えておきましょう」
いよいよ「その時」がきたと言える。
 自民党幹事長(だったかな)の石破茂氏はTPPで農業五品目の関税が撤廃される事になったらTPP交渉そのものから撤退すべきだと話していたような気もする。そして、自民党全体の雰囲気としては「TPP交渉で聖域が守られなければ交渉から脱退しよう。とりあえず参加表明だけをしよう」なんて話もあったような気もする。
 いずれにしても脱退する気はないだろう。そして、農業五品目の関税は撤廃されるはずだ。そうやって日本の農業は破滅の方向に向かってゆくんだろうなぁ。

 昨日、八森山の祠修復後に参加の皆で飲んでいた時に次のような話が出た。
「今年の田んぼは雨のために稲の倒伏が多かった」
「なるほど大変だったなぁ」
「刈り取り機が古くなった事もあるが機械が壊れてしまった人もいる」
「ウーム」
「新しい機械もすでに補助金がなくなったので買えないし・・・」
「なんともなぁ」
「前は小さな農家にも補助はあったんだけど・・」
「ホー」
「今は法人組織でないと補助金はおりない」
「なんてこった」
「法人ではない小さな集落組織には補助金がない」
「ありゃりゃ」

こんな内容だった。弱い農家はどんどんつぶして大きく経営する農業(農家)だけを大切にする。やがて日本は農業の破壊に突き進んで行くのだ。コメは安い外国産を買いなさい。そんな思惑だろう。これで日本の自給率も一段と下がる。

 ボクのTPPに関する状況の把握が正確ではないかもしれない。しかし、農業を壊しつつあるのは肌で感じる。TPPの農業五品目関税撤廃には反対である。TPPからは即脱退すべきである。

  農業は国の基本と言う人の顔の裏には誤魔化しの影



今朝の朝日新聞などの住民アンケートで消費税アップに賛成している人が50%を超えていると報じている。
アリャリャ。そんなに賛成する人がいるのだろうか。信じられない。だまされていることがわからないんだろうなぁ。いずれにしても来年の3月までは東京周辺だけの好景気は維持されるだろうが4月からは景気はドガンと落ち込む。賃金はあがらないし生活の苦しさはますます加速するだろう。これは予想しておきたい。
「つぶれ梅干し」というペタペタした梅干しがあった。種が妙にでかい。割って食べたら微妙な味がえも言えない。「種の仁」あるいは「天神様」と呼ばれるようだ。ところが食べ過ぎると青酸カリ中毒になるとも書いている。オリョリョ。食べ過ぎなければ良さそうだが・・・。でも、あの微妙な味はいいなぁ。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR