秋の日はつるべ落とし


夕暮れの風景

 秋の日はつるべ落としと言われる。日没時間がどんどん早くなってくる。今では勤務から帰る午後5時過ぎになると暗くなってしまう。
 写真はその時間帯の西空である。




横手市市長選から

 横手市の市長選で37歳の新人が現職の市長をやぶって当選とのこと。なるほどなぁこれは有り得るなぁと思った。その理由は平成の大合併と呼ばれる市町村合併の余波と考えられるからである。
 今の横手市は旧横手市と増田町、平鹿町、雄物川町、大森町、十文字町、山内村、大雄村の8市町村が合併したのである。
 これまでの市長は旧横手市内出身。今回、当選した若い人は旧十文字町出身。十文字町の議員の頃に合併を推進に一役かったようだ。

 ところが合併から8年経過し何が見えてきたのか。おそらく旧横手市の中心だけが発展しているような(していなくても)状況が見えてきたと思う。
 周辺の旧市町村は置き去りにされ、合併にはメリットが無く「吸収合併」されたような気持ちになってしまうだろう。
 つまり、対決の構図は旧横手市と旧平鹿郡市町村になってしまう。旧市町村住民の思いは「合併のメリットが何も無い」である。結果は485票の僅差で若き新人が当選。

 例えば大仙市ならどうか。似たような構図になるのは間違いないとボクは思う。ただ、周辺の町村には立候補する人間がいないだけ・・・。

 ボクは今でも南外村は合併すべきでなかったと考えている。小さな村なら小さな村としての行き方や生き方からあったと考えるからである。今さら何を言っているのかと罵られようがボクはそう考えている。

 今回のような中心部にある旧市内と周辺部の恩恵を受けない旧市町村という対立構図はあちこちの合併した自治体に影響を与えるとボクは読む。





今朝の朝日新聞に天野祐吉さんの逝去が報じられていた。ボクにとって先日報じられたやなせたかしさんよりもショックが大きい。
朝日新聞に毎週1回連載された「CM天気図」が楽しみだった。CMやメディアに対してはもちろん政治に対しても辛口の評論をわかりやすく書いてくれた。それが読めなくなるのはアンパンマンを見られなくなるよりもつらいのである。
これから楽天対ロッテの試合を横目で見ながらとわちゃんとわかちゃんのためにビデオ編集をします。と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

  大脳は酸素がすごく要るらしい若人眠るな体育の後
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR