どっこい公衆電話


ジャイアントステップ?

 朝から強風が吹き荒れた。西高東低の気圧配置になりビュービューと冬の風は平野を駈けぬけていった。それでも雪がそれほど混じっていないのでホワイトアウト現象にならずに何とか車は走れた。
 雪解けが進んで大きな足跡のような水たまりができていて寒さの中をふるえながら歩く巨人の姿が見える。見えないか。




電話ボックス(消えない公衆電話)

 一昨日のブログに電話ボックスのことを書いた。すると昨日(2014.1.30付)の朝日新聞天声人語に公衆電話のことについて書いている。ウーム・・・ボクの後を追いかけているのかもしれないなぁ。

 それによると公衆電話は84年には93万台あったとのこと。それが21万台に減っているらしい。でも、公衆電話がまだそれだけ残っていることは携帯電話時代としてはすごい。
 「公衆電話まだまだどっこいである」。消滅しないんですね。その理由は東日本大震災を機に公衆電話は頼りになると見直され、NTTは設置場所をネットで表示しているとのこと。つまり、携帯がダウンしたときの出番となるのだろう。強力な連絡手段となるのである。

 と、言うことは一昨日ブログに掲載した電話ボックスも脈々と役割を待ち続けるのだろう。なるほどそれはとても大切なことだ。あの場所のことをしっかりと記憶しておこう。と、言ってもいつも行ってる場所でけれどね。




ついでにNHKのこと。

 先日、籾井会長がトンデモ発言をした。これは「意図的なもの」を含んでいた可能性が高いとボクは考える。安倍政権寄りのNHKトップが「政府が右と言えば左と言うわけにゆかない」と発言した。そのためにNHKは公平性を保つということに過敏になりすぎた可能性がある。つまり、発言や報道に自己規制がかかってしまうことである。言ったもの勝ちである。現に安倍政権は籾井発言を不問にしようとすぐにもみ消しをはかった。
 その規制のかかった典型的な例が今朝の魁新報に小さく報道されていた。それはNHKラジオ番組で都知事選が告示されているからとの理由で20年間続いている教養番組出演者の「脱原発のテーマ」が放送原稿を出したらボツになったとのことだ。それこそ不公平もいいところである。
 視聴料の不払い運動が起きたらボクも乗るかもしれないなぁ。と、言うよりも一度NHKに「聴取料は払いません」と電話してみようかなぁ。まぁ、オッカアが反対するだろうなぁ。「朝の連ドラみれネーベ」と・・・。
 まったく安倍政権は夫婦の不和ももたらすんだから。




この大荒れに横手で一杯。我が社のK君が言う。時にはつきあって下さいよ、と。そんなわけで夕方から出かけます。
酒飲みは辛いなぁ。
これにて本日のブログは終了です。

早口言葉安倍首相


放射冷却

 今朝の我が家の付近の気温はマイナス5℃。通勤路で聴いていたラジオでは大曲でマイナス11℃以下になったと報じている。南外はそれほどでもないなぁと思いながら峠を車で登ってゆく。峠の頂上の標高は100メートルくらいかなぁ。するとなんと言うことでしょう。気温はマイナス3℃になっている。アレレ高い場所は気温が低くなるはず・・・。
 ところが峠を大森町に下ってゆくと気温がどんどん下がってゆく。とうとうマイナス8℃を温度計は示している。
 無風状態で標高の高い場所に暖かい層が逆転したのだろう。これが放射冷却だろうなぁとちょっと感動しながら凍った道をノロノロと走ったのであります。

 平鹿平野に出たら雪に覆われた真っ白な鳥海山が見えていた。そして今日は少し気温が上がり5℃前後までになったようだ。明日は冬型に逆戻りらしい。
 ジェットコースターのような気温のアップダウンの日々である。

  一瞬の冬の晴れ間は魔法です真白き鳥海パッと出現



何という大人げのなさか

 昨夜、ボーッとニュースを見ていたら国会で代表質問に答える安倍首相の姿が映し出された。その姿が異様だった。
 わけのわからない早口で何を話しているのかわからない答弁をしている。これって子どものケンカでおちゃらけて相手をやりこめるようなパターンだ。
 変な光景だなぁと思っていたら今朝の魁新報の社説に次のような一文が掲載された。

『参院では昨年の靖国参拝について「中韓との関係改善の機会をつぶした」たただされ、早口で棒読みの答弁をする場面もあった。議場のやじに対する抗議とも受け取れたが、あまりにも大人げない。答弁は質問者に対してだけではなく、この問題に関心のある各国へのメッセージでもあることを忘れてはならない』

大人げない。まったくこの通りだなぁ。自分が嫌なことに対して反発してる子どもの口げんかだ。
 国会のやじは自民党もひどいようだ。聞くに堪えない内容で罵倒している。なんと質の悪い議員を選んでいることか・・・。まぁ、これも日本の現状ですけれどね。




我が家のスーパーハウス書庫の屋根から雪がパイプラインのように巻き込んで落ちてきている。
今日、日中に落ちたと言うことだったが溶けたり冷え込んだりするのでこんな状況になる。冬はどんな状況でも気を抜けませんね。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

「花はどこへいった」


開かずの電話ボックス

 公衆電話がどんどん消えている。久しぶりに見る電話ボックス。珍しいなぁと見たら雪が周りを囲んでいて密室状態のボックスだった。
 もうすでに役割を終えたのか、それとも誰か使用する人がいるのか・・・。数ヶ月経過したらなくなっている可能性はあるなぁ。



ピート・シーガーさん逝去

 今朝の新聞の片隅にアメリカの歌手ピート・シーガーさんが亡くなったことを小さく報じていた。94歳だったとのこと。

 ピート・シーガー。懐かしいなぁ。学生時代にフォークソングが流行しミーハーのボクは送金された授業料をちょっと借りて初めてギターを買った。
 鉄弦のフォークギターではなくナイロン弦のクラシックギターだった。クラシックギターもやってみたい。「禁じられた遊び」や「アルハンブラの想い出」も弾きたいという妙にスケベ根性があった。軟弱な男です。
 一直線にフォークにのめり込めばよかったのになぁと今になって思うのだが・・・。
 それはともかくとしてフォークソング「花はどこへいった」が歌われていた。内容も吟味しないで悲しい青春の歌だろうなぐらいにしか思わずにC、Am、F、G7のコードで下手くそな歌を歌うのだった。
 その曲がピート・シーガーの曲だったことを知るのはもう少し後のこと。そして、この曲は強烈な反戦メッセージであることも知った。ブラザーズ・フォーやPPM、ジョーン・バエズ、ボブ・ディランがピート・シーガー二続いたのである。

 フォークソングの源流とも言えるのがピート・シーガーだった。長く歌い継がれる貴重な歌が残った。そして、ボクにも影響を与えたのである。
 さぁ、手元にギターがないのでウクレレで「花はどこへ行った」を弾こうか。

  五十年フォークソングを聴き続けピート・シーガー源流の人逝く



トマトの連続での登場。被写体がとわちゃんやわかちゃんから移動してしまった。ボクの前でトマトは気を許してのびのびしている。
と、言うわけで本日のブログは終了です。

雪虫がもう出現


雪虫が姿を見せる

 職場にある簡易積雪計の目盛りが上から赤・白・赤と出てきて次の白が半分顔を出している。つまり、積雪は130センチ位まで沈んだということになる。
 その横にある木の枝を見ると沈み込んだ雪に引っ張っぱられ底なし沼に引きずり込まれる怪獣の手足のように見える。見えないかも・・・。それだけ木々にとっては被害が厳しいということになる。

 今朝、起きたら5ミリくらいの黒く小さな虫が畳の上を歩いている。何だろうと思って目をこらすと「雪虫」です。
「もう雪虫が出たんだ」
と、少し気持ちが明るくなった。
 一般に雪虫というのは二つある。一つは冬になる直前に出てくるフワフワとした小さな虫。知らなかったのでブログ「むし探検広場」の園長先生に尋ねたことがある。
 もう一つが今朝見たカワゲラの仲間らしい黒い虫である。子供の頃から春が近づいて「固雪(かたゆき)渡り」の時期になると雪虫はキラキラとダイヤのように光る雪の上に出てくる。これを見ると「もうすぐ雪が消える。スキーもできなくなってしまう」と子供心に雪との別れを惜しんだものである。子どものボクは今のように雪を嫌いではなく大好きだったのであります。

 そんな雪虫がもう姿を現したのだ。なんだが、冬の様子が右往左往しているような気がしてならない。

  雪虫がちょっと早く現れて確かに見たり春はすぐそこ
豪雪に黒き雪虫発見し春は近いと皮算用を



NHK会長の発言

 個人的な考えと言うことで安倍政権は「おかまいなし」と言うことらしい。個人では何を考えても話してもいい。わからないでもない。しかし、公的な立場にいる人は発言に責任を持たなければと考えるのだが・・・。これじゃあ副総理のナチス発言でも自民党幹事長の発言と同じように「言ったもん勝ち」ってことだ。話したことで周囲は萎縮してしまうのだ。それが狙いの確信犯かもしれない。

 政治家と同じように国民の税金でまかなわれているNHK。公正な立場で言うべきことは言う。反対意見も採り上げる。それでなければ受信料を支払う必要はない。  そんなことを考えながら抗議のためにNHKの受信料不払いができるかどうかをネットで調べたら「できないわけではないらしい」のだが・・・。

いずれにしても短命のNHK会長になるのかもしれない。それにしても安倍さんって「お友だち」が好きなんですねぇ。NHK会長話選出したNHK経営委員に自分の愛読書である作家の百田尚樹氏(戦争賛美)や
家庭教師だった人を送り込んでいる。まったくなぁ。





我が家のトマトという名の猫。わかちゃんととわちゃんが来ていると遠慮して部屋に入ってこない。帰るとノソリと現れる。ボクに似てなかなかにシャイな猫である。
これにて本日のブログは終了です。

大本営発表の再現か?


日の入り時間

 この前塩竃に行った時に塩竃のお父さんが「最近、5時になっても明るいんですよ」と話す。そうだよなぁ。確かに日の入りの時間は遅くなってきた。
 写真は本日午後5時の雪景色。少し薄暗いのだが普通に写真が撮れる。今朝も雪は15センチほど積もった。もう一カ月の辛抱だなぁと思うのです。



NHK会長のトンデモ発言

 NHKの会長がトンデモ発言をして物議を醸している。安倍首相が自分のお気に入りつまりお友達をNHKの会長に据えて好きなように仕切ろうとする思惑が外れたのだろう。
 発言の後で問題視されたらNHK会長さんは「個人的な考えだ」ともみ消しに躍起だ。政権のスポークスマン湯沢出身の官房長官も「問題なし」の見解を発表している。例によって政権与党の少し叩かれようが「しゃべった者勝ち」のパターンである。
 NHKの報道内容が戦時中の大本営発表と同じような発想になるのかなぁ。政権の言うことをそのまま垂れ流す構図でまったく非道い話だ。どんどん日本の民主主義は劣化していくような気がしてならない。

 こんなことを考えながら二日酔いの頭を抱えてテレビをボーッと見ていたら「オッ」と良いことを話す人がいた。
番組の内容は「民意が日本の政治に結びつかない。例えば名護、例えば南相馬で政府の施策に反対の首長が当選すると無視して政権のやろうとすることをごり押しをする。民意を反映しないのである。
これは確かに残念なことだが地域から少しずつ政治を変えようとする「力」が出てきていることは明らかである。それは例えば特定秘密保護法反対もデモなどで意思表示をする人が着実に増えていることにも言える」
内容はうろ覚えだがこんな内容だった。希望がわく分析内容だと思ったのです。諦めることを諦めてはいけないなぁとあらためて気づかされた。




先日、里帰りしている大河君とバイバイしてきた。恐竜大好き、何とかレンジャー大好き、電車大好きで男の子らしい利発な男の子である。4月からは幼稚園(保育園だったかな)に入園するという。次に会える時には一回り大きく成長しているだろうなぁ。

   鮪の目砂糖と醤油でクツクツと煮込んで食べた海原見えた

本日のブログはこれにて終了です。

高校野球ラフプレーについて


塩竃市場にて

 今朝は早起きして午前6時には塩竃の市場に行った。日曜日だが何となく閑散としていたなぁ。
 「どんこ」という魚がある。宮城県に住んでいる頃に初めて食べた魚だ。正式にはエゾイソアイナメと言うらしいが「どんこ」である。捨てるところがなく「どんこ汁」にすると美味いことこの上なし。宮城県特有の料理かもしれない。いつだったか羽後町のスーパーで発見して買ったら販売している人が
「それってどうやって食べるんですか?」
と訪ねてきた。
「ぶつ切りにして大根、ジャガイモ、にんじんなどを味噌仕立てでナベにします」
家人は簡単にレシピを教えていた。

 大きめの「どんこ」が三尾ザルの上に置かれていて値段は800円也。久しぶりにどんこと対面したなぁと思いながら見ていたら別のお客さんが来て店のおやじさんに
「4匹で800円にまげねが?」
と、交渉している。おやじさんは
「それは無理だなぁ」
ザルの3匹に1匹足して秤に乗せ目方を量る。計算機を出してピポパと計算して
「4匹で1260円だから1200円にするよ」
するとお客さんは4匹買っていった。

 ボクは「ウーム・・・・」と思いながら側で見ていた。家人が言う。
「どんこ久しぶりに食いでぇナァ」
そこで、おやじさんに
「4匹で1000円でどう?」
と、交渉。するとおやじさんはザルの1匹と少し小さめの3匹をプラスして秤にかける。それで
「1000円でいいよ」
「オッいいんすか!?}
{大きさでなく、目方だからね」
と悪戯っぽい目で言いながら新聞紙に包んで氷を入れたビニール袋で保冷して手渡してくれた。

 その他に鯨、タコの頭、酢蛸、マグロの目玉、マグロのトロなどを仕入れてとわちゃんとわかちゃんの家で夕食を堪能。
 もちろんどんこ汁もいただきました。久しぶりに美味かったなぁ。




センバツ出場校選考の基準

 昨日も書いたが今回のセンバツ出場校決定にラフプレーの有無が影響を与えていたと報じられた。
 例年だと東北地区で補欠校の対象となるのは東北大会のベスト4とか優勝校と善戦を演じたチームが選ばれている。ところが今回代表となった八戸学院光星と準決勝で1-2と善戦した花巻東が補欠校に入らなかった。その理由が花巻東の走者が光星の捕手にぶつかり脳しんとうを起こさせたことだったとのこと。
 さらに中国大会で4強に入っていた高川学園(山口)が落選。地域性のバランスがあったことが理由としつつも、高川学園も秋季大会でラフプレーがあったことを指摘したというのである。

 一昨年の高校野球の世界大会でアメリカの選手が今回西武にドラフト指名された森捕手に激突して森選手をケガさせた場面を思い出す。
 アメリカ生まれの野球であるが「これはないなぁ」とテレビ画面を見ながら考えていた。

 ちょっと言い過ぎかもしれないが野球は「ばれなければ、ずるいことでもラフプレーでもやったもの勝ち」の傾向がある。注意されるまで知らんふりしてやり続ける。いろいろと思い出す場面はあるのだが今回は割愛。

 いずれしても高野連が「ラフプレー」について一定の見解を示したことは確かだ。これはとても良い傾向だ。
 今後はぜひとも球児たちの帽子などのマナーと言いますか姿勢もぜひとも選考基準にいれてもらいたい。と、思っているのだが・・・・。





2日間、雨が降ったり暖かくなったりで冬からちょっと抜け出した感じがした。しかし、夕方から風雪。アッと言う間に雪が数センチ積もった。明日からまた雪との格闘が続くのだろう。さぁ、がんばるべ。
これにて本日のブログは終了です。

少し遠出を


昨日の除雪。そして、疲れて一杯やって南外の温泉に入り疲れて寝込んでしまった。
朝方起きたら
「夕べの雨すごかったねぇ」
と言われたのだが雨が降ったことを全く知らなかった。外を見ると周囲の雪がかなり沈んで景色が少し変わっている。春先になった感じである。
今日は気温も上がり雪消えがもう少し進んでいるようだ。

こんな日だから、ちょいと遠出を・・・。
北上の駅で知人を待っている。西口には「鬼剣舞」の人形が飾られている。宮沢賢治の詩に「鬼剣舞」を歌っているのがあった気がするなぁ。と、思いながら一枚。

その後、宮城に来て河北新報を見たら昨日のセンバツ出場校決定の過程で高野連の一つの方向性が出ていて、ボクはいいなぁと思っている。
それは「ラフプレー」についての見識である。簡単に引用します。

「ラフプレーも選考に影響 出場校を決める選考委員会で、試合中に本塁生還を狙う走者が捕手に激突するラフプレーが決定に影響を与えていたことが明らかになった」

具体的な校名もあるが本日はメールにてブログアップしているので字数制限があります。この件については明日もう一度書きます。
と、言うわけで本日のブログも生存証明です。

放射冷却


 今朝は冷え込みました。南外地区よりも大森町に超えた途端に5度も気温が下がった。

 周囲は朝焼けが金色に輝き車載の温度計は-11℃を示している。



センバツ出場校決定。角館高校の21世紀枠を楽しみしていたのだが残念ながら選出されなかった。もう一歩だったと思うのだが・・・。
秋田県夏の大会で各チームの健闘を期待することにしよう。
写真の花は職場の玄関に飾られている春らしい花。
本日は雪下ろし作業で疲れています。プラス送別の一杯で生存証明です。

巨大防潮堤建設反対!


金儲けだけの施策


 昨夜のニュースステーションでMCの古舘伊知郎さんが宮城県知事との対談をおこなっていた。そのテーマは宮城県(日本全国の計画らしいが)の沿岸部全域に巨大な防潮堤を築くことについてだった。
 すでに宮城県南部では巨大防潮堤ができつつあると報じていた。
 リアス式海岸になっている気仙沼地域について高さ9.9メートルの防潮堤を一律に作る計画に対して住民が反対していることである。

 写真は左側が気仙沼のある唐桑半島を防潮堤で囲もうとする計画図である。そして、右側が10メートルほどの防潮堤が築かれると港湾が単なる汚れた池のように見える画面である。実際の動画はこう見えなかったが切り取ってみると全くドブ池に見えてしまう。計画の写真だとしてもつらいなぁ。
その計画されている浜の住民のほとんどの意見は
「そんな高い防潮堤は要らない。長い間、海で生活してきて海とともに生きてきた。それが巨大な防潮堤ができたなら海や湾が見えなくなる。その結果、将来住民は誰もいなくなってしまう。作るなら半分の高さでいい」
と、訴えている。
ところが宮城県知事の村井氏は
「住民の生活と命を守るのが私の務めだ。100年に一度の津波は4メートルくらいの高さと想定されているが津波のエネルギーで高さは倍になる。3.11のような1000年に1回の津波では逃げることを前提としているのだがこの(防潮堤)高さは譲れない」
と、言うのだ。
古館さんは
「確かに高さが地域ごとに異ったりすれば他への影響もあるだろう。それは理解できるが住民の意見を聞いてもらえないでしょうか」
と、食い下がる。しかし宮城県知事は
「二度と津波による死者の顔を見たくない」
とだけ言う。

 安倍政権は日本の素晴らしい海岸線を「国土強靱化」とかなんとか言いながら日本を巨大な防潮堤で囲もうとしているのだ。
 宮城県知事はこのお達しに忠実な犬のように従っているだけなのだ。これでは全く話にならない。まず避難することを前提にすべきなのだ。知事の話の中でも100年に1回の津波に耐える防潮堤だ。もしも1000年に1回の津波が来たら逃げるのが前提と話している。100年に1回の津波でも逃げることを基本にしておけば無駄な防潮堤は要らないと思うのだ。自然に対抗しようとする意識に問題があるボクは思う。
あえて言わせて貰えば3.11を口実にして公共事業によって「金」が蠢く構造なのだ。そう言えば昨日の放送でも言っていたが無人島にも20億もの金をかけて防潮堤を築こうとしていた。さすがに「これは単なる金もうけがばれるぞヤバイ」と気づいたらしく一応取りやめになったらしい。

 消費税を上げる。各種の料金を値上げする。などなどでかき集めた金を公共事業などにつぎ込もうとしているとしか思えない。適切な公共事業は必要だ。しかし、巨大防潮堤は本当に必要なのだろうか。

気仙沼の人が苦笑いしながら話していた。
「巨大防潮堤の上をカモシカだけが歩いている時がくるかもしれない」
と。
 今の政権は何から何までお話にならない。と、思えてしょうがない。



天気予報は今週末に気温が上がると予報を出している。豪雪の中休みかなぁと思っている。そうなってくれたらいいなぁ。
とわちゃんとわかちゃん。カメラを向けると意識的に変顔にする。それがひとつの成長なんだろうなぁ。ある意味メンコイですけれどね。

   知らんふりしながらカメラ向けてると気配察して孫変顔に


と、言うわけでブツブツと本日のブログは終了です。

豪雪の原因とは


朝日のあたる雪の壁

 朝方、お日様が出て雪の壁が輝いている。このままで雪が降らずに一日過ぎてくれたらいいのになぁと思っていたら昼前から降ること降ること。
 ただ、少し雪が沈み込んで積雪量は減った。140センチくらいになったから30センチ以上は減ったのだが・・・。



大陸からの風向きが違った

 今朝、ラヂヲを聴いていたらお天気キャスターの森田正光さんが秋田の豪雪を解説していた。なるほどなぁと思い出しながら、なぜ秋田はこの冬、四八豪雪に匹敵するくらいの大雪なのかを忘れないうちに記しておきたい。

 雪の供給源は日本海である。高い水温の日本海を冷たい大陸の風が通り抜ける時に大量の水蒸気が発生する。それが風に含まれて運ばれ奥羽山脈や日本の脊梁山脈り雪になるという。
 今年の風向きを分析すると例年と少し違っていて四八豪雪の時に似ているらしい。普通の冬場の風向きは北西から吹く。ところが今年は西向きの風が吹いているとのことだ。
 そこで日本海の地図が必要になる。我が家にあるミニ地球儀を取り出して日本海の空中写真(?)を撮影してみた。
 写真を見ると北西の風(左上から吹く風)は日本海の水蒸気を新潟から北陸にかけて運んでゆくことが理解できる。つまり、新潟から北陸にかけては毎年大雪になる理由なのだ。もちろん秋田も大雪にはなるが今年ほどでの豪雪ではない。
 ところが西向きの風(左側からの風)が吹くと日本海の水蒸気はもろに秋田から山形にかけてぶつかり大量の雪を落としてゆく。それが四八豪雪のメカニズムだったし今年の豪雪の特徴だということだ。簡単に地球の気候は変化しないので、おそらくこのままの状況が続きそうだと予想していた。
 今年は特に県南部を中心とした大雪だから秋田市を中心とした中央部はそれほどの緊迫感はないのかもしれない。それでも今朝の新聞によると秋田県も豪雪の対策に本格的に乗り出したようだ。
 まだ、大寒の入りである。もう1ヶ月はどうなるか予測もつかないがこれまでような大雪になる可能性は大きい。自衛手段ばかりでなく行政の手助けも必要になる時かもしれないだろう。

  地球規模ちょっと風向き変わるだけそれが豪雪母なる地球


さぁ、明朝も除雪だ。少し早めに休むことにしよう。これにて本日のブログは終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR