捨ててすっきり?家の始末は?


大荒れに

 朝から強風が吹き荒れた。車で走っていると地吹雪で前方が見えなくなってしまう。昨年もこんな気圧配置の日に北海道で子どもを助けるために凍死した事故が起きたことを思い出す。
 週末はこんな天候らしい。写真はテーブルに飾られている花です。



見出しに騙されてしまった?!

 まったく何てこった。ボクは典型的な見出し人間である。新聞に掲載された週刊誌の広告を見て何となく世の中を見たような気になる人間だからである。今週初めに「週刊現代」と「週刊ポスト」の広告が掲載された。その特集記事の内容にピピッときた。

 週刊現代は『60過ぎたら、バンバン捨てなさい 売ってトクして、捨ててスッキリ』である。小見出しが『迷ったときは「捨てる」/後悔なんか3日で忘れる/取っておいても「ただのゴミ」/思い出の品はカネになる/テレホンカード、オレンジカードは売れるのか/古いレコードを売ったら50万円儲かった/』である。
 ウーム・・・。確かにボクは60を過ぎている。最近断捨離でバンバン捨てる傾向にある。捨てた後にもったいないなぁと少しは公開するがすぐに回復している。テレホンカードもあったなぁ。古いレコードもジャズなどを中心に何枚かもっているしなぁ・・・・。捨ててしかも儲かるならばぜひともこの特集は読みたくなるではありませんか。
 そして、週刊ポストの特集は『100歳まで生きても困らないお金の教科書 家の始末、それか問題です』なのだ。
 小見出しが『▼固定資産税、修理代で高齢者ほど持ち家ビンボーになる▼マイホーム、賃貸、老人ホームどれがトクか▼小さな家に住み替えるという選択▼地方移住、持ち家を賃貸に出す方法▼相続税の最新事情』
 なるほどなぁ。これからドンドコドンドコ年を重ねていく。100歳は無理としてもいずれ近づいていることは間違いない。
ボクがいなくなったら我が家は空き屋になってしまう可能性大である。これからどんな考え方で我が家に接して行くべきなのか。少し考えてみなくては。そんなことを殊勝に思った。
 そんなわけでこの週刊誌2冊は絶対に買いだ。と、決めて昨日ゲット。早速、読んでみました。

 まず「家の始末について」だがこの週刊誌の特集を見ただけでは正直よくわからない。結局、週刊誌の中にある別の記事を読んだり漫画を読んだりで1冊ポイである。

 エーイ。それじゃあダメじゃんと思い「バンバン捨てなさい」を読んでみた。捨てるのは一応経験してるのでまぁそんなものかと少し納得。
 しかし、問題は売ってトクするの内容である。読み始めたら要するに何でもかんでも売れるわけじゃないことがわかった。
カネになる思い出の品はブランド品。テレホンカードはレアもの。古いレコードは超有名なCD化されていないような代物。要するに我々ビンボー人が持っているような物体?ではないのだ。と、これも結局お目当ての情報は得られずにグラビアのヌード写真を横目で見てポイッと捨てた。

 要するに簡単な解決法はないってことだ。フーッ。見出し人間は騙されるってこと。でも、このくらいなら十分にOKですけれどね。


と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

   三月に秋田で降る雪べたついて除雪する気になぜかなれずに
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR