武器輸出三原則撤廃とは


まだグラウンドは

 雪だらけです。この写真はグラウンドの芝生部分。幅2メートルほどに雪を切って枯れた芝が出ている場所は2日連続の日差しでポンポンと乾いていて気持ちがいい。
 しかし、両側には40センチほどの雪が積もっている。平地の雪が全部融けるのは4月15日頃と予想したがもう少し早まりそうだ。それでも来週の後半にならないと全部融けてはくれないだろうなぁ。



違和感だらけ

 それはSTAP細胞のねつ造問題に関しての異常な報道である。STAP細胞の発見時にも異様な盛り上がりを見せた。発見者のエプロン姿の女性をものすごく持ち上げて盛り上がること盛り上がること。
 それがもしかしたら眉唾かもしれないとなったらあっという間に、はしごを外してしまった。
 確かに世界的に有名な科学誌に掲載されたのでマスコミはソレッと思ったのだろうが・・・。
 今朝の新聞を見ると全紙と言っていいくらい一面トップ。これっていいのかなぁと正直ボクは思った。そんなに大きく取り扱わなくてもいいのになぁ。一面でも片隅くらいで十分だろうと思う。

 それよりもボクはもっと重要な報道をなぜやらないのだろう。それは長い間平和憲法に準じて守ってきた「武器輸出三原則」の撤廃につながる閣議決定である。
 平和憲法のもと国際紛争の助長を回避するとして武器を輸出しないことを守ってきたことを、武器輸出容認へと転換することになるというのだ。
 まぁ、安倍政権は特定秘密保護法、集団的自衛権行使容認、そして武器輸出三原則撤廃と戦争への道を走ることを意味していると思う。
 朝日新聞では「平和の証しが消える・防衛産業は歓迎」として報道写真家の方が談話を発表しているがそれでも扱いはSTAP細胞よりも全然小さい。

 極端なことを言わせてもらえばSTAP細胞発見も大きな出来事である。しかし、それよりも日本が軍事国家としてひた走っている状況の方がもっともっと大きなニュースだとボクは思うのである。

 この辺のところが日本がどんどん変わっている証拠なのかもしれない。
 近い将来若者たちが戦争に駆り出させることは阻止しなければ何のために長い間生きてきたのか・・・・。
 それが今朝の新聞各紙のSTAP細胞報道を見た時の違和感でした。




我が家のわかちゃん。昨夜は39℃まで発熱だったとのこと。今朝は熱も下がったらしく元気になっていた。日中、医者に行ってインフルエンザではないとの診断をもらったとのこと。良かったなぁ。
ボクはボクで歯医者へ。奥歯にかぶせた金属部分の歯茎が腫れてきたために痛い。13~14年程前に酔っ払って
「オレは歯が丈夫だから」
と固いスルメをガシガシとかじっていたら突然奥歯が痛み出した。酔いも覚めるほどだった。エーイ痛みを消してしまえとばかりウイスキーを飲んでみたが、ウイスキーが歯にしみるのである。
仕方がなく産まれてから二度目の歯医者へ。すると歯の骨折の診断。「面倒なので抜いてください」
と、言ったら
「もったいないので削って金属をかぶせましょう」
と提案され、その処置をしてもらった。
途中で一度金冠が取れたことがあったが問題なく日常生活を送ることができていた。
それが少しずつダメになっていったんだろう。とりあえず応急処置をしてもらい様子を見ながら来週もう一度診察してもらうことになった。
ついでに歯石を取ってもらったら歯はきれいになったが痩せたなぁ。歯に舌が当たるとシャリシャリするし・・・。
歯磨き大嫌い人間はこうなっちゃうんですね。
反省しながら本日のブログは終了です。

  「歯は一生ものですよ」と歯医者さん診察台で拳をギュッと
 
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR