秋田県高校野球リーグの結果(19日実施)

秋田魁新報(2014.4.20)より

【鹿角・大館・北秋地区】
 大館鳳鳴 8-3 秋田北鷹
 大館工 9-1 花輪
【能代地区】
 能代 4-4 二ツ井
 能代松陽 8-1 能代工(8コ)
【由利本荘・にかほ地区】
 仁賀保 11-4 矢島(8コ)
 由利 3-1 西目
 由利工 2-1 本荘
【秋田市地区】
 秋田 2-0 秋田商
 金足農 6-6 秋田工
 秋田中央 4-1 秋田高専
 新屋 8-1 明桜(8コ)
 秋田西 3-2 男鹿工
 五城目 7-4 男鹿海洋
【県南地区】
 角館 10-0 羽後(6コ)
 湯沢翔北 5-4 六郷
 横手城南 7-3 大農太田
 大曲工 5-1 湯沢
 大曲農 11-1 増田(8コ)
 秋田修英 5-4 雄勝

県南地区も始まりました。いよいよ高校野球シーズンです。
 

さらば東京

楽しかったなあ。
いろいろなハプニングと出会いのあった旅でした。
詳しくは後ほど。
さてそれでは秋田新幹線で「深川めし」弁当とビールでも。


大森の夜

東京へ同行のS君と宴会後に夜の食事に出ることにした。
大森駅界隈が良いとのことでフラフラとでかけた。「大森酒場」という店が何となくボクらを呼んでいる。
もちろん入ってみる。
お客さんは誰もいない。おねえさんが一人。東京の人らしく(何が東京の人かはわからないが・・・)チャキチャキしている感じの女性。「ごうの虎」生まれとのこと。ウム、結構、年(とし)じゃん。でも若いなぁ。ま、いいか。
酒とつまみをいろいろとって飲み始めた。
「どちらから?」
と聞かれたので秋田と答えた。
「秋田弁で話してもいいすか?」
と尋ねたら
「OK」
そこで秋田弁丸出してしゃべっていたら一団の男性のお客さんたちが入ってきた。彼らはボクらの奥の方に座席を陣取った。
相変わらずボクらは秋田弁で話し続けていたら、向こうの人たちがチラチラとこちらを見ている様子。
ボクも気になり向こうをチラリと見たら。
なんということでしょう!!!!。
2年前に卒業した生徒がそこに一人いるではありませんか。お互いに目と目を合わせて
「オメ、N安ダベ!!??」
と言ったら
「そうです」
「なんだよぉ。秋田弁でしゃべれ」
「いゃ、秋田弁忘れたんす」
立派に秋田弁である。
高卒後に二年間専門学校で学びこの春から大森周辺のIT関連企業に就職し、昨夜は会社の歓迎会だったとのこと。社長さんにも挨拶して奇跡的な出会いをお互いに喜んでいただいた。
こんなことってあるんだなぁと驚いた、大森の夜でした。
良い夜だった。

さて、今日は大森周辺を回遊して南外に帰ります。


外小友中学校同窓会でした

アートヒルズホテル大森に集まったのが32名。
年齢はボクたちよりも五歳年上の人たちから五歳年下の人たちまでちょうど10年間に外小友中学校を卒業したメンバーだった。
昨年は20名を少し超えるくらいの集いだったので10名増加したことになる。
小さな村の中学校である。先輩後輩の垣根と年代を超えても
「オメ、アコノエノダベ」
フランス語を翻訳すると
「あなたはあそこの家の人でしょう」
と皆が地域の家や屋号を言うだけで理解できる。とてもいい集まりだった。


同郷の仲間と

今は名前しか、いや名前さえ知らないだろう廃校になった外小友中学校を卒業し東京周辺に住んでいる仲間たちが集い「外小友中学校卒業生の集い」があった。
そこに同級生のS君と参加。秋田から出かけるのも物好きなことだが参加しただけの価値はあった。
半世紀ぶりにあったT君。仕事とは何かを考えさせられた。会えて良かったなぁ。
まぁ、基本は「今しか会えない、今だから会える」だと思う。もしかしたら一期一会からもしれないのだから・・・。
楽しい会に参加した同級生たちです。


東京大森は牡丹桜が

昨日、午前11時頃に東京駅から京浜東北線で大森駅に到着。
大森駅からホテルまでのルートは牡丹桜の満開が過ぎて花びらが散っている。
去年もこんな時期に来たなぁと思い出した。


アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR