司法判断を守らない政治家たち

エビネ

 今日から始まる予定の春季全県高校野球大会雨で順延。残念なり。明日から球児たちの活躍を期待します。

P5200318.jpg
 
 玄関前にあった円形の花壇を移動した。草ボウボウの花壇で冬場になると除雪で邪魔になるので思い切ってどかしたのであります。
 先日、塩竃のお父さんが遊びに来て花壇がなくなっていたのを見た時の第一声。
「アレッ。エビネは?」
「エッ?!!」
すると家人が作業してくれた人たちがそっくり移動してくれたと話した。
「良かった。あれは山に行った時に見つけて植えていたんです」
そのエビネが咲いた。蘭ですね。


それにしても・・・

 昨日、福井地裁で原発の再稼働差し止めについて画期的な判決が出された。
 ところが湯沢出身の官房長官は「再稼働の推進は変わらない」と言ってはばからない。
 日本は司法判断が出ても政治家たちはどうせ控訴すれば上級審で覆るから守る必要がないと高をくくっている。 司法判決を無視していることでは一票の格差について裁判所が違憲判決を出そうとも政治家は自分の身を守るために(と、しか思えない)無視を決め込んでいる。そんな無法国家になっている。それでもあきらめずに住民訴訟は続くのだが・・・。

 さて、原発推進に舵を切った安倍政権。金儲けの論理だけで動いている。誰でも金はほしい。ボクも宝くじは買っているしお金があれば嬉しい。
 しかし、政治家たちが完全だと言っている原発はいらない。福島第一原発事故のことを考えたら絶対に安全なはずがない。
 一部の識者と言われる人たちは「危険を承知でなければ科学は進歩しない。原発はその中でも最高の安全基準を設けている。だから稼働すべきだ」と言う。読売新聞の社説もそんな内容だった。まったくなぁ。人を人と思わない考え方だと思う。
 今朝、ボクが見た読売新聞を除く各新聞紙上には万が一原発の事故が起きたら住民は悲惨な目に遭うことは目に見えると言う。福島のほとぼりも冷めないうちの再稼働は懐疑的であり考えものだと論じている。
 安倍政権とその取り巻きは「もうあんなに強い地震はない」と考えている。言葉に出してはいないが明らかにもう巨大地震はこないと考えている。万が一巨大地震がきたら自分は安全な場所にいるから大丈夫と思っているだろう。
 確かに今日明日中には起きないかもしれない。しかし、いつ何時巨大地震が襲うかはわからない。
 目先の金儲けのために「後は野となれ山となれ」方式で原発再稼働をする。それは安倍政権を取り巻く仲間たちの金儲けだけの考え方だ。

 おそらく日本人は少しずつ気づき始めていると思う。
「アレッ自分たちが選んだ政府は何だかおかしいなぁ」と・・・。
 そして、今の日本は一部の富裕層だけがどんどん儲けている。自分たちには「おこぼれ」が回ってこないことも何となくわかってきているはずだ。
 先日、読んでいた雑誌にアベノミクスは壊れたホットプレートだと言った人がいる。一部だけがどんどん熱くなり他は全く温まらない。その一部だけが熱くなっているうちに壊れてしまう、と。
 すでにその傾向は見えてきてような気がする。あのNHKでも日本の貧困について報じている。完全に格差社会になった状況が見えてきたのだ。

 と、まぁ司法判断に従わない政治状況にがっかりしながら今日も軽く一杯です。司法は死んでいなかったことに少しは乾杯しながらです。

本日のブログはこれにて終了です。

  ラジオから健康情報流れると聞き耳立てる白内障は
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR