スタジアム大雄にて

スポーツ立県?

 台風が近づいているようだ。
 甲子園では史上初の2日連続で順延という措置をとったようだ。西日本では台風11号の影響によって猛烈な雨が降り続いているようだ。三重県では大雨特別警報が発令されたとニュースで報じている。

 本日は小雨模様の中でスタジアム大雄に野球に行ってきた。
写真 (5)

水はけもよくまったく問題なくゲームができた。写真は球場の入り口付近である。ここのバックネット裏の本部席は土足禁止。
 最近、「スポーツ立県」とか「スポーツ立市」とかアドバルーンを上げているのだがボクは???と思っている。確かにスポーツの持つ力はある。
 しかし、勝ちだけを追い続ける「スポーツなんとか・かんとか」は一考を要すると思う。そんな幟が右に見えますねぇ。
 ま、いいか。



少し早めに帰ることができたので大曲まで出かけた。本店の社長が言う「娑婆」である・・・・?!
13号線のジャスコ付近でのこと。ここの13号線は上り下りが二車線ずつで四車線になっていて中央に分離帯がある。つまり信号のある大きな交差点なら右にも左にも通行できる。
しかし、小さな道路から合流する時には中央分離帯があるために左側にしか出ることができない。もしも右側に出たならば逆走になる。
ボクの前の軽乗用車。後方には老人マークが貼られている。するとなんと言うことでしょう。その車は右にウインカーを出したのである。そして、フロントを右に向けて右からドンドン走ってくる車のすき間に入ろうと狙っているのだ。
危ないっ!ボクはビーッとクラクションを鳴らした。すると軽乗用車は20~30センチ前進する。
ムムッ、ヤバい。またビッと警笛を鳴らした。また10センチ前進。車線の右側から車は相変わらずビュンビュン走っている。
隣にいた家人が叫ぶ。
「バガッ。クラクション鳴らすな」
「アブネベ」
と、ボク
「トショリが乗ってる。クラクションを鳴らせば早ぐエゲど思って前さ出る」
「・・・」
「すぐに車がら降りで止めれっ」
命令する。この約5秒くらいかなぁ。
すぐに車から降りて脱兎のごとく(と、言ってもボクもヨタヨタと・・・・)軽乗用車の運転席まで走り寄り窓をドンドンと叩いた。
乗っていた75歳くらいのバーちゃん。怪訝な顔をしてボクの顔を見る。
「右さエガレネッ」
「エッ」
「右はダメだ」
「オラ、この道初めでだからよ」
と、すぐにハンドルを切って車が少し途切れたら左の路線に入っていった。ボクなら絶対に入り込めない車と車のすき間に・・・。ダメだこりゃあ。

ボクが1分でも遅かったら大事故だろうなぁと、心臓はバクバクしてしまった。今回の場合本人は万が一事故で死んでもその人の過失だから仕方がない。(かもしれない)。でも、もらい事故のように、ぶつかられた人が気の毒である。
年寄りはこりないのだ。あのバーちゃん(いや、ババア)は必ず同じ事を繰り返すだろう。と、ボクは思っている。残念ながら・・・。
トショリは車の運転をどこかの年齢ですっぱりと止めるべきだなぁとあらためて思った次第。


明日から遠出です。これにて本日のブログは終了。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR