敗戦記念日

トマト

 我が家にトマトと言う名の猫がいる。
P8153390.jpg

人になつかない猫であるがボクには時々親愛の猫パンチをくり出してくる。わかちゃんにも猫パンチをくり出したらしく、彼女はしばらくトマトに怯えていた。最近は少し慣れたようだが・・・・。なかなかにメンコイ我が家の一員ではある。


自虐史観は愚かな考え

 今朝、通勤途中でラヂヲで「日本全国八時です」を聴いていたら評論家の小沢遼子さんが次のように話した。
「私はこの番組に長い間出ているけれど〈敗戦記念日〉に出るのは初めてだと思うんですよね」
 世間では8月15日を「敗戦記念日」と言わず「終戦記念日」と呼んでいる。ところが小沢さんはこの番組の中でズーッと敗戦記念日で押し通した。森本さんも別に訂正する風でもなく12分間の番組は終了。

 ボクも長い間「終戦記念日」は日本の政治家特有の言い訳かごまかしだと思っていた。8月15日はまぎれもなく敗戦の
日なのである。そこから新しい日本がスタートしたと言うことだ。
 ボクらは1945年4月~1946年3月生まれである。つまり戦争が負けた年に生まれた。もちろん、具体的な戦争は知らないが日本が戦争に負けた日の前後にこの世に生を受けた。

 昨日(2014.8.14付)の朝日新聞社説に『歴史を忘れぬ後代の責務』が掲載された。
写真

 社説では、今の安倍政権は『「屈辱から栄光へ」という受け入れられやすい物語を強調し、不都合な史実には触れない。必ずしも、うそではない。しかし、歴史書き換えの一歩が進んでいるのではないか。もちろん、自国にもたらされた戦争被害を思い出すのは、平和思想の起点として大事だ』。
 こう述べて「平和を尊ぶために」の章につながり次の文がある。
『だが、当時の日本軍がアジア諸国に戦火を広げ、市民を巻き込んだ歴史を忘れるわけにはいかない。平和を何よりも大事にする者としての義務である。それを自虐史観と呼ぶのは愚かである。表面的な国の威信を気にして過去をごまかすのは、恥ずべきことだ。過去から教訓を正しく引き出してこそ、誇りある国だろう』
 69年前の反省をきちんと掲げ続けなくてはならないと結論している。

 今日の戦没者追悼式でも安倍首相は昨年に続いてアジア諸国に対しての加害責任に触れなかったと報じている。
 敗戦記念日の今日。69年間の敗戦記念日の中でも最も戦争に近づきつつある追悼式の日ではないかと思っている。

 特定秘密保護法と連動した戦争のできる国への集団的自衛権行使容認、沖縄の辺野古埋め立て問題、原発再稼働、原発の売り込みなどなど・・・。安倍晋三首相の向かう先は危険に満ちていると言わざるを得まい。

 そんな69回目の敗戦記念日であります。そして我々の年代は古希になります(なりました)。子どもや孫たちの世代が戦争に巻き込まれないように残りの人生を頑張らねばと思っている。

      「平和ボケ?」まったく問題ありません間違ってるのはそれを言うヤツ


これにて本日のブログは終了です。
    

秋田県高校野球リーグの結果(14日)

【鹿角・大館・北秋地区】
大館国際2-0十和田
大館工7-3秋田北鷹
大館鳳鳴8-2大館
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR