『ためしてガッテン 便失禁』をみて

我がことのよう・・・

 先日、深夜放送を聴いていたら(何だか若い頃の夜更かしをしている時代に戻っている感があるのだが・・・)タレントの伊集院光氏がNHKの『ためしてガッテン』のことを話していた。
 伊集院氏が見た『ためしてガッテン』は何ということでしょう『便失禁』についての回のことだった。
CIMG2342.jpg

伊集院氏に言わせるとHNKもよくやるよなぁ、なのだが・・・。「便失禁」なんて要するに「ウンコたれ」だし「くそったれ」であり「ウンチもらし」である。自分がこんなことがあった経験は普通は話せないだろうなぁ。そんな番組を思い切って放映したことにこの放送の存在は「あり」かもしれないとの評価だった。
 そうかぁ。それじゃあボクも確認せねばと思い録画リストから引っ張り出して見た。とても参考になり、昔を思い出すことにもなった。

 番組の内容を見て世の中には知らず知らずにUNKOをもらしてしまう人が少なからず存在することがわかった。
 ウーム・・・。オレもそうだよなぁ?小学校低学年の頃に2~3回学校の帰りに家まで持たずにもらしたことがあったなぁ。あの時に洗ってくれた母親の苦笑いの顔を思い出す。でも、そんなに叱られた記憶が無い。まぁ、子どもだったら当たり前の出来事だったんだろう。ボクにとって小学校の便所が嫌だったからどうしても家にたどり着くまで我慢していたのである。それからはあれほどの盛大なUNKOもらしはなかった。
 ところが十数年前のことだ。山形県で行われた人間ドックの帰り道のこと。なぜ、山形なのかですが、秋田県の教職員は山形市の病院で人間ドックを行うことが多かった。ボクも山形市の病院で検査を実施。
 2泊3日の最終日はバリウムによるX線透視の胃検診だけだった。毎年の健康診断などの経験でバリウムを飲むと便秘気味になる。真っ白なバリウムまじりの固い硬いUNKOがジリジリと出てくる。だから、バリウムによる胃検診後には便秘薬をくれる。当日もそうだった。二錠もらった便秘解消剤を何気なく飲んだ。
 全部の検査終了後、車を運転しながらノンビリ山形県内の13号線を秋田に向かい北上している時に強烈な便意を催したのである。「ヤバイッ」これじゃあもらしてしまう。
 当時は今と違いコンビニなんかはない。ボクは混乱した頭で「どうしよう」と考える。その時は、たまたま13号線の左側に奥羽本線が並行している地域を走っていた。鉄道のはるか左前方に小さく跨線橋が見える。
「駅があるはずだっ。あそこしかオレを救える場所はないっ!走れ愛車よ全速力で・・・」
そんな時に限って信号は赤に変わる。まったくなんてこった。毒づきながら肛門を締め付ける。何とか駅にたどり着いた。若干もらしたことを白状しておこう。実に緊迫した時間を過ごしたのである。

 さて、『ためしてガッテン 便失禁』で覚えたことは肛門周辺にはセンサーがあることを知った。このセンサーは直腸から肛門にたどり着いた「便」と「おなら」を感知して「おなら」なら出していいよと教えてくれる。だから「ブッ」でも「プーーーー」でもおならは出ても中味は出てこないとのこと。そうかぁ、オレの屁はそうやって安全に出ているのだ。そして、センサーが正常に感知しているということは肛門の括約筋もまだ元気な証拠と言うことらしいのである。
 これが「ブーッ」と一緒に中味が出てきたら、アンタ大変ですよ。老化現象あるいは肛門括約筋の弱体化を疑わなければならないそうだ。

 いずれ我々人間は「くそ袋」とも言われる。言わないか???だからこそ、「便」についてボクは健康のために今一度考えてみたい。

 さらに今宵の「ためしてガッテン」では酒を飲み過ぎる男のおっぱいが大きくなる「女性化乳房」の話をやっている。何っオレのおっぱいはでかくないぞ。今一度くわしく見直したい。
 何だか変なカミングアウト話になったのですが・・・・良いテレビ番組を見たと書いておこう。



今日もわかちゃんと一緒に過ごした。ケガの功名ですね。意味が違うか。やはり反抗期なんだろうなぁ。微妙にゆらぐ2歳半の気持ちが伝わってくる。メンコイですね。ジジバカですが・・・。
CIMG2334.jpg

これにて本日のブログは終了です。

   みんなイヤ絶対言うこときくもんか孫2歳半意気込みや良し
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR