NHKドキュメンタリー「イスラム国」を見て

蒸気の道路

 気温は2℃前後なのだがアスファルトの出ている道路からはほわほわと蒸気が立ち上がっている。
P2040022.jpg
それだけ太陽は高くなっているのだろう。
 と、言うわけで立春である。


38年ぶりの立春の満月

 ラジオを聴いていたら今日の立春の満月は38年ぶりとのことだ。
 夕方になり、とわちゃんとわかちゃんが自分たちの家に帰る時に見送りで外に出たらきれいに満月が出ていた。
P2040029.jpg
 38年前。何をやっていたんだろう。まだ、ボクには子どももいなかったので毎日飲んだくれていた頃だ。もっとも子どもが産まれてからも飲んだくれてはいたが・・・。神岡町にある高等農業学園という校舎で勤務していたことを思い出す。いまは存在も建物も影も形もない。そう言えば、先日そこの卒業生のW君から電話が来たなぁ。最近、何だか懐かしい卒業生から電話がきたりメールが来たりする。不思議なことだ。

 立春と満月の巡り合わせを見ることができたのである。



忘れないために・・・

 2月1日。イスラム国に人質にとられていた後藤健二さんが殺害されたと報じられた。その晩に放映されたNHKドキュメンタリー『追跡「イスラム国」』を見た。
 ドキュメンタリーの最初の画面に釘づけになってしまった。
 それはロンドンの町中を走る車の中で話す一人の男の映像である。
CIMG2475.jpg
その男は手に持った携帯電話に流れるメール(ネットかもしれない)のテキストをジーッと見ている。そして女性のアナウンサーは次のように語る。

『先月、二人の殺害予告の出される2日前。イスラム過激派組織〈イスラム国〉を支持する男が突然話を切り出しました。
「日本が〈イスラム国〉との戦いに2億ドルを出すのか。信じられない日本が参加するなんて。我々はもう日本を敵とみなすだろう』
その後、湯川はるなさんを殺害するという画像が、そして今朝、後藤健二さんを殺害したとする動画がインターネット上に投稿されたのです』

この後番組はイスラム国に関するドキュメンタリーを約1時間放映した。
 イスラム国の発生について。アメリカのイラク侵攻、ヨーロッパにおける貧困と差別などなどが報告されていた。
 
 この人質事件については今国会で議論をされている。しかし、安倍晋三首相は「このこと」をけっして認めない。むしろ居丈高になっているとしか見えない。
 いずれにしても今回の人質事件のすべては、この番組の冒頭でアナウンサーが話した内容が物語っていると思えて仕方がない。
 そして、いつでもどこでもテロリストに狙われる国になったことも事実であることが理解できる。

 しかも詳細な検証が必要なのに「特定秘密保護法」で闇に葬られそうな感じである。勇ましいことが本当に良いことなのか。言葉の使い方の是非などについて臆病者のボクは考えてしまう。

     勇ましきことは本当に良きことか今は臆病必要な時


と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。
 
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR