秋田県高等学校野球大会記録集

野球を通した「縁」がある

 秋田県高野連発行の『平成26年度秋田県高等学校野球大会記録集』が届いた。
P2080020.jpg
今年度開催された高校野球の硬式・軟式の大会記録が記載されている。この記録集を作るための労力は大変だったろうなぁと思わせる渾身の1冊だ。

 実はこの中にボクにとってもおそらく永久に記録と記憶に残ると思われる部分がある。
 それは試合経過を記録した内容だ。
P2080021.jpg

 実はこの試合の日だけ、ボクの所属するチームの監督K君がのっぴきならない事情で試合の指揮がとれないことになった。そこで仕方がないのでボクが監督として、そして職場のKMさんにお願いし責任教師つまり部長を引き受けてもらうことにした。すぐに高野連に一時的に部長・監督交代届けを出してボクは1試合のみの監督になった。
 そして、臨んだこの試合。序盤からリードされてしまう。それでも焦らずにしかも諦めずに少しずつ追いつくことを部員たちに確認しながら試合を進める。5回で何とか追いつくことができた。
 5回までは「待て」のサインを出したつもりが突然「ダブルスチール」になったり「アリャリャ」と大慌ての采配となっていたのである。それでも少しずつサインを部員たちと確認しながらどうにか同点まで追いついた。
 この段階で投手交代をして試合はしのぎ勝負に・・・・。

 何とか、しのいでと言うよりもボクは無策で何とか同点で9回裏までたどり着いた。
 さぁ、9回裏。足の速い選手が先頭打者。絶対にセーフティーバントをやるようにとの指示を出した。彼もやる気満々。アリャリャ1球目失敗。
 2球目も当然「セーフティーバントGO」のサインを出そうとしたがサインを忘れたので「セーフティーバント」とジェスチャーと小声で指示。ウーム長嶋ばりだのぉ。YGに対してボクはウルトラアンチだが長嶋はまぁいいか・・・。
 緊張していた相手投手は2球目にデットボール。何てこった。労せずして無死一塁。当然、次打者に送りバントなどをやってもらっているうちに相手チームの失策などでサヨナラゲームになった。
 生まれて初めての公式戦の監督で初勝利をあげることができたのである。まったく何てこったですね。

 そして、何よりもこの試合で「野球を通しての縁」を知ることになったのが自分的にはとてもすごいことだと思っている。
 それは45年前にさかのぼる。
 45年前にN高校が軟式野球大会の秋田県代表で神宮球場で開催された全国大会に出場した。N高校はその大会で勝ち上がりベスト4になったのである。
 そのチームの部長がボクの父。監督が今回急遽臨時部長をお願いしたKMさんのお父さん。そして、選手の中に今回どうしても事情で采配をとれなかったK監督のお父さんがいたのである。
 つまり、45年前にボクとKMさんとK君の3人の父親たちは年齢と立場は違えども神宮球場の同じベンチ内にいたのだ。これほど不思議な縁はないと言ってもいい。と、この記録集を見ながらあらためて感じているのであります。

 野球は記録と記憶のゲームだなぁとつくづく思うのである。あらためてこの1冊の記録集を作った人に敬意を表したい。

     野球とは記録のゲームと言いますが底に流れる思いは深し.


本日は家から出ることもなくボーッと過ごしていました。夕方から雨になってきた。明日から大荒れの天気予報。立春前からこれまで楽に過ごした日々も雪に襲われるかもしれない。覚悟して新しい週を迎えよう。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。
 
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR