『九死に一生スペシャル』を観ながら

ひな祭り

 少し穏やかな桃の節句。我が家の次男の誕生日でもある。遠くには真っ白な鳥海山が浮かんでいた。
P3030100.jpg
一瞬、雲かなぁと思ったら鳥海山でした。神宮寺の神岡球場付近から見た金字形である。

 今日は、とわちゃんの保育園でひな祭りがあるとのことで、ジジバカは喜んで出かけた。園児たちの歌と踊りがあり、その後に煎茶の流派によりお茶が出された。
 園児たちは煎茶をいただいてから、今度はお父さんやお母さんに自分たちがしずしずと煎茶を出してくれるというとても優雅なパフォーマンスがあった。ちょっと苦くて甘くてそして楽しかったですねぇ。ビター・スイート・サンバってが・・・。
 そして、園児ではないわかちゃんも女の子である。
P3030096.jpg
お姉ちゃんのパフォーマンスを見てから着物を着せてもらいちょっとご満悦である。



野球は色々なつながりを・・・。

 大曲工業高校がセンバツに出場することで、秋田県南地区から52年前にセンバツに初出場した大曲農業高校(通称大農)も再び注目されている。

 昭和37年秋のこと。大農は秋の県南地区大会、秋田県大会そして東北大会で見事に優勝。当時のセンバツは東北大会で優勝した1校だけがセンバツに出場できる権利を持っていた。つまり、センバツに限りなく近いチームになったのである。その大農野球部のエースがボクと小・中学校と同級生のTS君である。
 東北大会後に大農の二年生は関西地方に修学旅行に出かけた。もちろん東北大会帰りの野球部も修学旅行に同行した修学旅行を楽しんだ・・・・

 ところが修学旅行の帰途で大きな事件は起きた。エースのTS君が浜名湖を通過中の列車から転落したのである。転落したTS君は浜名湖鉄橋の枕木にかろうじて引っかかった。修学旅行列車通過後には貨物列車が通り過ぎることになっていたという。
 その当時、浜名湖には新幹線の鉄橋建設がおこなわれていて点検のために鉄橋の下を、たまたま当時の国鉄職員が見回りにきた。その人たちが鉄橋のひっかかっているTS君を発見したのである。
 すぐに貨物列車が通過することを知っていた職員の人たちは大急ぎでTS君を鉄橋から運んで救助してくれた。間一髪、貨物列車は通過したという。

 TS君は頭蓋骨骨折、脳内出血などで意識不明の重体。地元の開業したばかりの太田病院に運び込まれて治療になった。ところが治療は困難を極めたという。TS君のお母さん(ボクらは遊びに行くとアバと呼んでいた)が懸命の看護をしてくれた。
 この事故・事件は次の日の新聞に掲載された。ボクはクラスメートが死んでしまうのかととても落ち込んだ記憶がある。

 そして事故から2ヶ月後。1月になってボクの下宿を一人の男が訪れた。それはTS君だった。
「大丈夫だ」
と、言うのである。生還したのである。嬉しかったなぁ。

 すぐにセンバツの出場が決まり彼は見事に甲子園のマウンドで投げることが出来た。
 その試合の模様をボクは雪深い外小友でラジオにかじりついて聞いていた。試合は途中からナイターになってしまい試合の後半は時間切れになり中継が終わったような気がする。
 愛知の共栄商業に負けはしたが見事な復活劇にボクはエガッタナァと心から思ったのである。

 そのことがドキュメンタリーとして日本テレビ系で1997年3月24日に『九死に一生スペシャル 奇蹟の生還』の中で放映された。
P3030039 (2)
 さらにその番組の台本をもとに二見文庫の『九死に一生スペシャル 奇蹟の生還』の中に『列車から転落!「十死にゼロ生」の甲子園球児』として掲載されている。

先日、TS君がテレビ番組を録画したビデオテープを持ってきて
「これをDVDにできないか?」
「やれるよ」
「頼む。ビデオテープはデッキが無くて見ることができないから・・」
「OK」
と、言うわけで本日DVD化した。
Lmighty-無題

 あらためて内容を見てボクは泣いてしまったのであります。涙もろくなったかもしれないが、我が親友が今でも元気でいることに感謝しているからである。
 来月は昨年に続いて二人で東京へ弥次喜多道中をするべ。と、DVDを手渡しながら約束したのである。

 甲子園。いろいろなことが密接につながっていることを思わせてくれる。野球っていいですねぇ。 


本日のブログはこれにて終了です。二日間の代休もアッと言う間に過ぎ去ってしまった。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR