「世界一孤独なクジラ」って?!

これは「ネコ」ですか?

 何だか習いたての英語みたいですが、毎日通っている道路工事現場にある通行を制限するためのポールを支えている動物の置物である。
P3040042.jpg
 これってネコ?


名前は「52」

 最近わかちゃんは絵本を読んでもらうよりも自分で読んであげようとすることが多い。もちろん年齢的には文字はまったく読めないのだが姉ちゃんの真似をして読もうとするのである。
 今日は近くの図書館から借りたという『なんの ぎょうれつ?』を持ってきた。
P3040046.jpg

 この絵本の真ん中に見開きで長~~いページが出現する。
P3040045.jpg
おそらくシロナガスクジラだと思うのだが大きな大きなクジラが出現したのである。わかちゃん大喜びだ。

 さて、ここから本題。この絵本のクジラを見て職場からの帰り道。いつものラジオを聴いていたらアメリカで「世界一孤独なクジラ」を探しているという話をしていた。
 その孤独なクジラの発見は20数年前にさかのぼる。その当時、ソ連の崩壊によって潜水艦などのデータが出回るようになったという。その潜水艦のソナーデータに「52ヘルツ」の低周波が紛れ込んでいることがわかったそうだ。その「52ヘルツ」を出しているのはクジラであることが判明した。
 それから現在に至るまで「52ヘルツ」の声は世界のあちこちで観測されていて、そのクジラは生息していることが明らかになったというのだ。
 クジラは低周波の声を出して遠くの仲間と交信と言うか会話をしている。その周波数は19~30数ヘルツとのこと。つまり「52ヘルツ」のクジラの低周波は仲間のクジラは聞き取ることが出来ない。だから「52ヘルツ」の声を出すクジラは仲間に声をかけることができない。世界一孤独なクジラと言うことになった。そして名前は「52」と命名されたということだった。
 アメリカでこの世界一孤独なクジラを探そうというプロジェクトが立ち上がったというのだ。どの団体が探すのかは聞き漏らしてしまったのですが・・・。

 夢のある話と言いますか、クジラにとっては余計なお世話と言いますか・・・。ボクは面白い話だなぁと思ったのであります。おそらく「52」はシロナガスクジラかナガスクジラだと予想している。

 また、先日おそらくNHKのテレビだったと思う。日本の太平洋岸に設置された地震を予測する海中の低周波観測機器によってナガスクジラが日本近海で多く生息しているということを報じていた。ここでもクジラの低周波が観測されているのだなぁと思っていた。

 ここまで来てわかちゃんが持ってきた絵本と、ボクがラジオやテレビでクジラについて聞いたり見たりしたことがリンクしたのであります。ハイ。
 絵本は奥が深いのであります。



企業や団体からの献金が総理大臣やら官房長官やらぞろぞろ出てきた。おまけに追及しようとしていた民主党の岡田党首まで・・・。
何だか「痛み分け」になりそうだと報じている。はっきり言わせてもらえば献金は「賄賂」だとボクは思うのだ。「知りませんでした」「存じ上げません」で済むなら政治家なんて気楽な家業ときたもんだ。と、言いたい。
企業献金や団体献金を止めてしまえと思う。


と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR