あの日も寒かった

4年目ですね

 あの日は今日のように寒かった。
P3110041.jpg

 雪も降り気温も低く・・・・。そして、午後2時46分。そんなことを思いながら午後2時46分の「黙祷の時」を過ごした。
 その1分間の黙祷で被災地は懸命に復興に取り組んでいるはずなのに復興の姿がよく見えてこないなぁと思ってしまう自分がいる。

 先日、塩竃に行った時に建設業の職人をやっている家人の兄が次のように話していたのが印象的だった。
「今は震災復興の仕事は確かにある」
「それはいいねぇ」
「ンダドモ、仕事は進まない」
「なんで?」
「仕事はあっても材料が入ってこネーンだ」
「ってことは?」
「早く、仕上げたい家もなかなか完成しないナダ」
被災地に回るべき資材が回らない状況が次第に増えているとも話していた。政府は本当に大震災の復興を考えているのかなと思ってしまう。
 この話をしてくれた義兄は震災の日に石巻で作業をしている時に震災に遭い、ある小学校に間一髪津波から避難して助かった。しかし、3日間ほど安否不明な状態になっていたのだ。前にもブログに書いたがその時のボクの気持ちを短歌にしている。

   なにひとつ安否わからぬもどかしさマーマレード作りてしのぐ

 安倍首相は記者会見などで着々と復興は進んでいると得意顔で話しているが、本当のところは事情を知らないのではないかと思える。
 安倍首相が宮城の被災地の仮設住宅の場所を訪れたとのこと。ところが100メートルくらいの距離を2~3分で歩いただけで帰っちゃったという話がある。仮設住宅に住むおばちゃんが
「住宅の中を見ないで何が視察だ」
と、憤っていたという報道があった。安倍首相の被災地訪問はテレビニュース向けの単なるパフォーマンスだろう。「下衆の勘繰り」といわれるかもしれないが・・・・。

 さらに東京五輪(まったくフクシマ・イズ・アンダーコントロールだなどと嘘をついて呼び込んだ曰くつきの・・・)の工事の拍車がかかってくれば東北の被災地や被災者はおそらく後回しになるだろう。人材や資材は東京五輪にまわされるのだろうから。

 そして、フクシマ。日増しに被害の深刻度が増しているように感じるのはボクだけだろうか。着実に復旧工事は進んでいると報道はしている。でも・・・・違うと、思える。
 結局、為政者は東北の被災地の現場と人の心の風化を待っているような気がする。そして、東北の被災地は次第に見捨てられて行くのではないかと懸念する。
 
   あの強い揺れも津波も四年目で風化しそうな寒風は吹く

 今日の震災の追悼式で安倍首相が話した内容は空虚に聞こえて仕方がなかった。ボクはへそ曲がりだからかもしれないが・・・。
 震災から四年目の夜を迎えた。発達した低気圧の荒れも収まってきたようだ。


本日のブログはこれにて終了です。嵐よ早く止んでくれ。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR