政治家の無責任な言葉

この景色が好きだ

 この道路の付近を通って6年目。曲がりくねった細い道からスーッと開けた場所にでる場所である。ホッとする感じがとてもいい。
P5220069.jpg

ここからしばらく左側に田んぼを見て走るのである。



こんな無責任な政権では

 今日、ラジオのニュースを聞いていたら中谷防衛相が「自衛隊員リスクは増大しない」と断言したと報じていた。
 その理由として今回の集団的自衛権行使に伴う新安保法制で武器の使用拡大など隊員のリスクを軽減する措置を盛り込んだためだと説明したという。
 エッ、武器使用拡大が行われるのなら今まで以上に激しい戦場に出る可能性があるのではないか。もしかして重装備した武器を持っていたら敵は襲ってこないという能天気な考え方だとしたら、自衛隊員の命を預かる「長」として無責任もいいところである。間違いなく自衛隊員のリスクは増大するに決まっているだろう。
 昨日の党首討論で民主党の岡田代表が安倍晋三首相に質問したことに関連した回答なのかもしれない。それにしてもそんなことにも思いが及ばない総理大臣や防衛大臣の提案している新安保法制。戦争法案以外のなにものでもない。
 こんなに危険な法案には国民あげて反対すべきである。

 ところで、昨日の党首討論でにやついた顔で安倍首相は「60年の安保の時にも反対の人たちは戦争に巻き込まれると言ったが、そんなことはなかった」と自分の爺様の自慢話をした。
 そんな軽口はたたくのにポツダム宣言は読んでいない。と、明言した。共産党の志位委員長の質問に答えた内容である。その答弁を聴いたときにはボクのような歴史音痴でさえ違和感を感じた。
 今朝の朝日新聞の天声人語(2015.5.22付)にも、ボクの違和感について厳しく指摘している。この内容についてはブログの友人でもあり同級生の仲間(と、勝手に思っているのだが)である車さんのブログ「エッ安倍総理 ポツダム宣言を読んでないの!?」にくわしい。ぜひ、そちらをお読みください。

 ボクは天声人語の最後の部分を少しピックアップしたい。
『ポツダム宣言は戦後の世界秩序の起点の一つだ。首相はそれも読まずに「戦後体制(レジーム)からの脱却」を唱えてきたのかという批判が出たのは当然である。基本的な歴史の知識すら欠くのでは、と疑われても仕方がない。
本当に読んでいないのか、とっさに言葉を選び損ねたのか。参院議員や官房副長官を務めた松井さん(慶応大学教授)は著書に書いている。「政治家は,言葉で生き、言葉で滅びる」。まして首相の言葉は重い』

 社説ではなく、天声人語のようなコラムで指摘するくらい安倍首相の言葉の軽さには我慢できないということだろう。政権についてから安倍晋三首相の「絶対」「完全にアンダーコントロール」などまったく信用にならない言葉の羅列が続いている。
 あまりにも無責任な言葉の軽い首相や政権。本当に「言葉で滅びる」のだろう。


道端にはハルジオン(だと思う)が咲いている。もう少し時間が経過すれば綿毛になって枯れてゆく。
P5210064.jpg
そんな強風の吹き荒れる初夏の秋田であります。
本日のブログはこれにて終了です。

   消しかすを机の隅に丹念に集めてチャイム中間テスト

党首討論を見て・・・

白のツツジを

 今、二つの職場に交互に通っている。一つの職場は白のツツジが満開である。これを横目で見ながら玄関に入って行く。なかなかに良い気持ちになれる。
P5200071.jpg


昨日、国会では党首討論がおこなわれた。民主党、維新の党、共産党の3人の党首が安倍首相と討論をかわした。どんな展開になるのかなぁと興味深くテレビをみた。
ところが、がっかりである。安倍首相という人はまともに各党の党首の質問について応答しないのである。「はぐらかし」と言ってもいいだろうなぁ。
印象に残ったのは次の点。
民主党の岡田党首の質問「集団的自衛権でリスクは増すのか?」という質疑に的外れなダラダラとした馬のションベンのような答弁を垂れ流すのみ。
維新の党の松野代表の「(新安保法制は)これだけ重要な法案だから国会をまたいでも充分に審議すべき」との提案に対しては無視したような答弁。
さらに共産党の志位委員長の「過去の戦争はポツダム宣言に日本の戦争は侵略戦争だった。その時の戦争は良い戦争だったか,悪い戦争だったか」の質問には「ポツダム宣言は読んでいない」と答え戦争の善悪についての言及はなし。志位委員長に戦争の善悪がつかない首相に新安保法案を提出する資格はないと最後に言われる始末。
いずれにしても安倍首相の妙ににやけた討論風景を見ていると8月までは新安保法案を成立させると国会開催前に約束したアメリカとの約束を守るために強行採決に向かうとの意志を感じた。
アーァ、こんな人たちをなぜ選ぶんだろうなぁと思いながら、いやいや諦めちゃあいかんなぁと今一度考え直した。

    蕩々と自説展開安倍さんの後ろに見えた祖父ちゃんの霊


本日のブログはこれにて終了です。

野球と一つの区切りが・・・

タニウツギ

 山間では今の時期にピンクの花が満開である。以前も書いたことがあるのだが「何て遅く咲く山の桜だろう」と思っていたのだが、最近タニウツギと言うことを知った。
 通勤の途中でタニウツギの咲く場所に鉄製の階段が設置されている場所があった。しかし、近くに寄ってみるとその鉄製の階段は錆びている。おそらく誰も昇る人はいないだろうなぁと思いながら1枚撮影。
P5200069.jpg

何となくひなびた神社にお参りをする参道のように見えるのだが・・・。



革製タッグ

 ボクは四月から部活動を持っていない。持っていないと言うよりも立場上持てない仕事の内容になった。

    四月から非常勤になりました教壇に立つ原点に立つ

 顧問を外れることを3月末から4月にかけて部員諸君に話していなかった。ボクが考える野球の取り組みについて一言話したいと思っていたが勤務先も少し変更になりその機会を持てないでいた。
 野球の取り組みと言ってもたいしたことはない。「感謝」「素直」「謙虚」プラス「応援される人になるように高校生として取り組もう」と言うことだけである。
 そのうちチャンスはあるだろうと言うことで一人一人の部員の革製のタッグの作製を本店にお願いしていた。それができあがった。
P5200064.jpg
見事なできばえだ、さすが本店。わがままなボクの注文に応えてくれた。感謝感謝である。

 今日、中間試験が終わったということで少し時間ができた。そこで部員を集めてもらい,ボクの考えていることを話ながら一人一人手渡した。
 彼らには野球を通して何を学んでくれるのか。良い社会人になってくれることを期待したい。そしてボクは彼らを応援したいのである。
 一つの区切りがついたと書いておこう。


今日は家人の誕生日。とわちゃんとわかちゃんの家でハッピーバースデー。とわちゃんが歌っている間にわかちゃんを撮影したのだが暗いのでよく写らない。でも、とても喜んでいる様子が見える。
P5200073.jpg
要するに、まぁそんなことです。
とわちゃんとわかちゃんは小さなケーキの上にのったイチゴばかり食べるのでありました。


本日のブログはこれにて終了です。


オスプレイ配備はストップ

アカヤマボウシ

 我が家のアカヤマボウシ、少しずつ形ができあがってきた。
P5190066.jpg
4枚の花弁のように見える「包」の端っこがうっすらと赤みを帯びてきている。雨に濡れる姿がなかなかにいい。

    紫はフジ桃色はタニウツギもうすぐ山は緑の海に


やはり事故が・・・・

 幸い日本ではなかったのだが、ハワイで心配されていたオスプレイの墜落事故が起きた。不安定な機体構造のために事故の危険は常にあると言われ続けてきたのである。
 これまでオスプレイ(CV-22、MV-22)の事故によって亡くなったアメリカの兵隊は40人を数えるという。アメリカ国内では「未亡人発生機」と言われているらしい。
 今回の事故は沖縄に24機配備されている比較的事故の少ないMV-22だった。近いうちに東京の横田基地に配備されるCV-22よりも事故率は低いとされてきた機体である。つまり、横田に配備されるオスプレイの危険度はもっと増すと言うことになる。

 今日もラジオの話の又聞きで申し訳ないがラジオのニュース解説者は次のような話をしていた。
「アメリカ空軍の専門家の話では、オスプレイは民間では許可にならない機体であると言っている」
つまり、普通ならば飛ばしてはダメな飛行機なのだ。今、日本で問題になっているドローンよりもダメなのだ。

 極めて危険なオスプレイが安倍政権がトクトクとして話す「世界一危険な普天間基地」に配備されている。世界一危険な基地に世界一危険な飛行物体が配備されている。ブラックジョークそのものだろう。
 まして、横田基地に配備されたら世界一と世界二の危険な米軍基地が存在することになってしまう。

 しかもである。沖縄の普天間基地では米軍の飛行物体は米軍の住宅地上空は飛ばないという。おそらく日本国内の米軍基地はすべてそうだろう。
 これこそがオスプレイだけではなく米軍の飛行物体は危険であることの証拠だ。日本の住民・住家の上はものすごい騒音で平気で飛ばす。アメリカにとって日本は独立国ではなく隷属国であるということになる。

 日本政府の毅然とした態度が欲しいのだが・・・・。今朝の朝日新聞川柳欄に『本当の狙いは戦争特需かも  神奈川県 池田さん』のように金儲けにだけ走って行く政府かなだろう。

 このように書いていると日本政府の弱腰に段々に腹が立ってくる。結局はアメリカ言いなり。そして、日本の武器商人たちのご機嫌伺いしかないのかなぁと愕然とする。

 オスプレイ。鷲鷹類のミサゴの英語名である。ミサゴのホバリングの姿はとても美しい。そんなミサゴを泣かさないように事故だらけの危険なオスプレイの配備は止めるべきだ。


と、言うわけで本日のブログはブツブツと・・・終了です。

ミヤマカワトンボ

鳥海山の「眠る少女」雪形

 今朝、久しぶりに鳥海山が見えた。通勤途中の羽後町付近で見たら雪形で「眠る少女」が出ている。
P5180064.jpg
こんな感じで雪形が見えますが・・・・
P5190064.jpg

「眠る少女」の雪形は見えますかねぇ?
 この春は雪消えが早いようで例年よりも雪形は早く現れたような気がする。この雪形が消えると初夏は過ぎてしまう。


初めて出会ったトンボ

 とわちゃんとわかちゃんが遊びに来ていた時に近くに散歩に出かけた。すぐ近くなのだが普段は歩かない道路を歩いていたら見慣れない蜻蛉がヒラヒラ飛んでいる。
 普通に見かけるハグロトンボより一回り大型で羽根が茶色である。ヘーッ珍しいなぁと思い写真を撮ってみる。
P5160073.jpg

 一緒に歩いていたとわちゃんとわかちゃんは
「捕って!」
と、せがむ。
葉っぱに止まった個体は手を近づけるとヒラヒラと逃げて行く。ところが、一匹は手を近づけて羽根をつかんでも逃げない。
P5160070.jpg

ムムッ、どうしたんだろうと思ってトンボの口元を見たら黒いハチの仲間を夢中で食べている。

P5160066.jpg

自分の身体よりも大きなハチを補食しているのはとてもたくましい。生存競争である。
 とわちゃんとわかちゃんには捕ってあげずに、交代交代で抱っこしてハチを食べているミヤマカワトンボの羽根に触らせて我慢してもらった。このハチを捕食しているトンボは嫌がらず身じろぎもせず黙って触らせてくれる。なかなかに大物の肝の据わったトンボである。と、書いておこう。 次に虫かごを持ってきた時に採集することにして二人には納得してもらった。

 家に帰ってから調べたらミヤマカワトンボである。おそらく「深山川蜻蛉」とでも書くのだろう。
 詳しくは「ミヤマカワトンボ」←をクリックしてください。大型のイトトンボの仲間のようである。我が家のすぐそばにも珍しい(かな?)昆虫がいるもんだと少し嬉しくなった。



ラジオって面白い

 テレビじゃ絶対に報道されない(と、思う)ことをラジオは普通に報じている。
 今朝、通勤の途中で森本毅郎氏のラジオを聴きながら走っていたらアレッと思うことが解説されていた。
 日本で初めて武器展示会が開催されたと言うことだった。場所は横浜。陸海空の武器や戦争で使用するIC機器などの展示が行われてアジア各国のバイヤーが訪れたとのこと。
 戦時中に武器を作っていた三菱重工ももちろん展示しており、その健在ぶりを示していたと解説していた。

 この展示会は安倍政権が提出した「平和」を冠にした戦争法案が出された時に「武器の輸出」もOKだということに見事に一致しているとも報じる。
 なるほどなぁ。結局は武器商人たちの意のままに動いているってことだとボクは思う。原発の輸出も武器の輸出も根は同じことだ。死の商人(武器商人)の手先になる、70年前と構図は全く違わない。

 帰り道で聴いたラジオでは大阪の都構想住民投票について話していた。その中で川柳のことを伝えている。うろ覚えだが次のような川柳だった。
  「ふ」から「と」へ変わらず負けたへぼ将棋
すごいですね。こんな発想が出ることが・・・・。
 こんなことを普通にアナウンサーやキャスターが話しているところにラジオの面白さがある。

 それにしてもテレビや新聞は大事なことを伝えていない気がしてならない。


何だか何もやる気もなくボーッとしています。少し、気持ちを高めなくては・・・。と、思っているところです。本日のブログはこれにて終了です。

     次打者席彼の心は揺れ動く無心になれず平常心遠く

やはり、さびしき古里かな?

散歩

 午前中ジーッと家に閉じこもってウロウロしていた。
 午後からテレビで久しぶりに囲碁番組を見た後で、これじゃあダメじゃんと思い一念発起。散歩に出かけた。我が家から出発し一筆書きで戻ってくるコースを歩いてみることに。左膝が少し痛むがリハビリがてらにのんびりと歩くことに・・・・。
 自宅ー夏見団地ー湯ノ又(台林)ー金屋ー大巻ー薬師堂ー湯ノ又ー自宅の経路である。おそらく2キロぐらいは歩いたのだろうが途中出会った人はTORU君、二人の若い女性(言葉が違うので中国の人かも)の三人のみ。道路を歩く人っていないんだなぁと少し驚いた。

 テクテクと歩きながら写真を数枚。まずはこれ。
P5170070.jpg
 ツルニチニチソウ。紫の五弁の律儀な花が妙に懐かしい。

 1年以上前から近くの田んぼの中で大規模な土木作業が行われている。
P5170067.jpg
うわさでは南外のバイパス道路らしい。この道路が通ったら南外村の民家がある場所は誰も通らなくなりなお一層過疎化が進むと思えてならない。ムダな公共事業の典型だろうなぁ。何を考えてこんなことをやるんだろうと不思議で仕方がない。

 さらにテクテク歩いて行くとシシウドが満開の場所がある。
P5170068.jpg
子どもの頃にこのシシウドが咲いている川で釣りをしていて間違って川ガニを釣り上げたことがあることを思い出した。今日、川面をながめたら魚も川ガニもいそうにないなぁと思った。何十年ぶりに見下ろした川面だった。

 路上で人に会うことはなかったが田んぼでは機械で農作業(田んぼに水を張り機械でならす作業)がもくもく?と行われている。その作業が終わった田んぼは一時鏡のような大きな池になる。
P5170071.jpg
田んぼにはもう一つの空が出現している。

 と、言うことでテクテクテクテク歩いて自宅に到着。そうそう、何を隠そうボクは最近1100円也でTANITAの万歩計を購入したのであります。シンプルなのだが3D仕様とのことでポケットに入れておくと歩数を数えてくれるとのこと。
 今回の歩数の指示は6238歩。仕事場でポケットに入れて一日経ってからチェックすると5000歩前後を示しているのでまぁ、こんなものかなぁと思っている。何が「こんなものか」って言うことはこれだけ脚が動いていればってことであります。
 10000歩を目指さないか?ですか?
 それは目指しません。無理しても仕方がありませんのでできる範囲で・・・・。おそらく万歩計も三日坊主だと思いますけれど。

    故郷をフラリフラリと散歩して寂しさのみが前を向いてる


本日のブログはこれにて終了です。ノンビリといい週末だったと書いておこう。

GEN君と

本日は生存証明

 大曲工業高校のセンバツ出場の時に、甲子園の阪神タイガースの販売店で熱烈なタイガースファンのGEN君に「オフィシャルイヤーズブック」を甲子園で購入していた。
 会えずにいたのだが今日無事に会えることができたので一杯呑みながら手渡した。
そして、一杯。いや沢山一杯。二人の写真。
P5160082.jpg

彼がいたからボクの野球との関わりが始まったとも言える。楽しく飲みました。と、言うわけで本日は生存証明ブログは終了です。

金農パンケーキ

四つの味が楽しめる

 魁新報に金足農業高校の生徒が開発に携わったというパンケーキがコンビニローソンと提携して売り出されて4年目になったとの記事があった。
【金農パンケーキに「きな粉あん味」登場 県内ローソンで限定販売】
詳しいことは↑の記事に詳しいのでそちらを是非・・・・。

 友人からも「金農のパンケーキ今日から発売ですよ」とメールが入った。物好きなボクはローソンに行って購入。
P5153919.jpg

 黄緑の袋には「ずんだ餡&ホイップクリーム」と「こがし黄な粉餡&ホイップクリーム」入りのパンケーキが二個。ピンクの袋には「りんごジャム&ホイップクリーム」と「花立ジャージー牛乳カスター&ホイップクリーム」入りのパンケーキが二個。
 それぞれの味を確かめてみたのであります。甘党にはコデラレネかもしれません。ボクのような呑兵衛でも大丈夫。
 高校生たちが一生懸命に考えて作った限定商品。秋田県内の人はぜひ一個どうですか。



K君ちの上棟式

 我が社のK君が家を新築するとのこと。今日は上棟式でいわゆる「餅まき」をするという。それは早速かけつけなければなるまい。
 ちょうど、保育園から早く帰ったとわちゃんと、わかちゃんを連れて「餅まき」の現場へ。
 紅白の餅と一緒にお金の「おひねり」も景気よくまいてくれた。
P5153910.jpg
とわちゃんもわかちゃんも一生懸命に拾っている。一段落した後で1枚。
P5153914.jpg

 K君も一家の主として奮闘してゆく。おめでとう。

    晴れやかな上棟式の餅まきの建て主さんは終始和やか

本日のブログはこれにて終了です。

春季秋田県高校野球大会組合せ

今日、午後2時から抽選会が実施されて春季全県大会の組合せが決まりました。
春季東北大会と夏のシード権をかけての試合になります。
63_s_tournament.jpg

各チームの健闘を期待したいですね。

日本の行方は?

田舎道はいいなぁ

 写真は車の中から交差点を撮影したモノである。
ファイル 2015-05-14 20 29 50

ここは出勤のために我が家を出発して最初に出会う信号である。

ここで問題。この信号まで我が家からの距離はどれくらいでしょうか?
  ア、1キロメートル
  イ、5キロメートル
  ウ、10キロメートル
  エ、20キロメートル
  オ、それ以上〔    キロメートル〕

さぁ、どうでしょうか。
 答は「オ」です。我が家を出発してこの信号まで30キロメートルちょいあります。田舎道は延々と続くのである。
そして、今日は強風が吹き荒れて車が風に翻弄されるような感じだった。
P5140064.jpg

 新緑が鮮やかになってきた。



やはり戦争法案

 今朝の朝日新聞川柳欄に「安倍効果こんなに早くオスプレイ 静岡 後藤さん」が載っていてそうだよなぁと妙に納得した。
 アメリカのために集団的自衛権行使を「平和」という冠をつけた法案が閣議決定されて安倍首相が記者会見を行った。その記者会見の様子を見ていた。その中であくまでも邦人の救出のためと言っているのだがどう見ても誤魔化しているとしか思えない。
 安倍晋三氏は会見で語っていたが前の安保条約締結の時も「戦争に加担する」と言われたがまったくそんなことはなかった。と、言っていたが憲法九条を守っていたから戦争に加担することをしなかったのだ。今度の新安保条約は集団的自衛権行使だから様相は違っている。そのことを全く語っていない。
 憲法九条をないがしろにした戦争法案とでも言うべき内容に危機感を感じている人たちもたくさんいることは間違いない。このまま通ってしまうと、どんどんとひどい状況が日本を覆い尽くすのだろう。
 安倍首相は「良さげ」なことを言っている。一見、正しいことのような感じがする。その違和感がなんだかよくわからなかったが最近何となく安倍政権が言うことは「モラハラ」なのではないかと思えてきたのである。
 実はボク自身はモラハラの意味がよくわからなかった。それが、この前ラジオを聞いていたら、例えば夫婦間で「家の中をきれいにしなければいけない」と旦那が言ったとすればそれは決して間違いではない正しいことだ。しかし、奥さんがたまたま忙しいなどでできない場合がある。それでも「きれいにすべきだ」と追及するような場合をモラハラと言うことがわかった。つまり、正しいことは正しい。しかし、それを常に強要して実こうさせようとするのはプレッシャーになる。それがモラハラだというのだ。
 その考え方を適用すると安倍首相が「あくまでも邦人救出のため」と言っているのは正しい〔と,思う〕。しかし、それは現実にあり得ることなのか。アメリカの軍艦が邦人救出のために避難している邦人を乗船させてくれるのか。正しいようだが違和感がある。ボクにはこの「あくまでも邦人救出のため」と言う言葉がモラハラのような押しつけがましさを感じるのである。
 安倍首相は会見で「集団的自衛権をかかげて選挙で信任を得ている」と話した。違うだろう。そんなことはひた隠しに隠していただろうとテレビに向かって毒づいてしまった。
 今回は明確に国民に「こんな法案です」と説明した。ここでこそ国民に信を問うべきだろう。
 何だかごたごた自分でもわかっているようなわかっていないようなことを書いている。だが、大切なことは集団的自衛権は間違いなく憲法九条をないがしろにして戦争に向かって一歩踏み出すことなのだ。
 いずれにしてもこの2~3ヶ月が日本の行方を決めることは確かなのである。

    「この道は何時か来た道」そんな日になるかもしれない五月十四日

と、言うわけで日本の行方を決めるかもしれない日である。ブツブツと文句を言いながら本日のブログは終了です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR