ツバメとアカショウビン

鳥・二題

 今朝、家人が小声で囁いている。なんだなんだ・・・・・??
「ツバメが家の中に入っている・・・・」
「エッ!?」
すべて小声である。
 すると何ということでしょう。我が家の玄関から2羽のツバメが家の中に入って巡回しているではありませんか。そして、玄関の長押の上にとまって家の中を品定めしている。
P6200064.jpg
P6200066.jpg
P6200065.jpg

 ウーム。巣作りの(と、言ってもすでに子どもは巣立っている)下見かなぁと思ったのだがツバメを我が家に呼び込むと言うことは色々な困難が待ち受ける。まずはトマトという猫。終日、玄関を開けておかなければいけない防犯上の問題などなど。
 ボクは日本野鳥の会会員である。日本でポピュラーな鳥だったツバメは減少し続けている。それでも我が家の周辺のどこかの家では繁殖しているようだ。だから何とかツバメのお宿をとは思うのだが・・・・。辛いところです全く。
 ツバメもスズメも人間が住んでいるところでなければ繁殖できない鳥だと言われる。せっかく我が家にきてくれたので何とかしてやりたいのだが。

 外に出たツバメが電線にとまってしばらく名残惜しそうにしていた。
P6200067.jpg


 次はアカショウビン。2年前にもブログに書いたことがあるのだが一昨日(18日)の朝に久しぶりに裏山でキョロロロロロという声が聞こえた。
 自然豊かな我が南外の郷である。と、言ってもカッコウは相変わらず見ることも聴くことができない。 


    玄関に二羽のツバメが舞い込んでタチアオイ咲き夏来にけらし


本日は(も)野球を一緒に取り組んだ旧友たちと一杯。これにて早めのブログアップです。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR