おっ!カモシカだ

 今朝、勤務に向かう途中。国道105号線を大曲方面に向かっていると道路の真ん中を白っぽい大型の犬のような物体が動いている。
 何だろう?と思ってハンドルに身体を伸ばして前を見るとカモシカです。道路を横断して歩道に上がったときに、ちょうどボクもさしかかった。写真写真と思ってカメラを出しているうちに脱兎の如く(いや脱羚羊のごとく)山の方に消えていった。
P7210213.jpg

 カモシカは天然記念物らしいが珍しい動物ではなくなった。4月の夜に家人が秋田道を秋田南インターからのってすぐの場所でカモシカに衝突したとのこと。車の前方バンパーが破損し多額の費用がかかってしまった。
 そのカモシカを拾ってきて肉でも食ったら良かったべ。と、言ったがカモシカ君はぶつかった後に高速道路から逃げていったらしい。まったく・・・・。
 以前、秋田市内の某私立高校に勤めていた頃も野球場にカモシカが普通に出現していたことも思い出す。かようにカモシカは珍しくない動物になったのであります。
 まぁ、今年は出現数が劇的に多くなったクマとの出遭いがないのがありがたいのですけれどね。


合歓の花

 ここ数日、道路を走っていると淡いピンクの花が目立つようになってきた。
P7210215.jpg

 松尾芭蕉が秋田の象潟に訪れたときの句。
   『象潟や雨に西施がねぶの花』
が有名である。
 
   「栄冠は君に輝く」聴く時はなぜか涙があふれてしまう


本日のブログはこれにて生存証明です。

悼・大橋巨泉さん

梅雨明けはまだまだ・・・

 空は戸惑っているようだ。梅雨明けになろうかどうか・・・・と。
P7200213_stitch.jpg
雲が夏色になろうかそれとも梅雨空のままでいようかと悩んでいる。
 この景色は横手黒川周辺から西山(出羽丘陵方面)を見ているもの。空は梅雨と夏との境目の雲が浮かんでいる。


大橋巨泉さん逝く

 今日の夕方。テレビでは大橋巨泉さんの逝去を伝えている。このブログの2018.6.18で巨泉さんの『死んでも死にきれない』ということを書いた。心からそう思っていたとボクは感じている。
 週刊現代に『今週の遺言』のコラムで最終回となることを書いた。今日のニュースを聴いてもう一度読んでみた。
P7200218.jpg
前のブログにも書いたがもう一度同じ内容を引用したい。

『今も恐ろしい事や情けない事、恥知らずな事が連日報道されている。書きたいことは山ほどあるのだが、許して下さい。しかし、このままでは死んでも死にきれないので、最後の遺言として一つだけは書いておきたい。安倍晋三の野望は恐ろしいものです。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい。7月の参院選挙、野党に投票して下さい。最後のお願いです』

そして思い出の1969年パイロット万年筆CMの名文句。
『みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ すぎかきすらの はっぱふみふみ』
これを言った後に「わかるね」と言った。
 五七五七七である。何となくわかるのであります。その空気感がとてもいい。こんな短歌を書いてみたい。

ボクはこの巨泉さんの気持ちを、どんなことが自分として出来るかわからないが引き継ぎたい。合掌。


秋田県高校野球ベスト8決まる

 いよいよベスト8が出そろった。
 秋田商業・大館国際・大館桂桜・大曲工業・秋田修英・能代工業・能代松陽・角館。以上8チームである。夕方の地元ニュースで言ってたが、秋田市内が1校、県北4校、県南3校の構図になっているのは珍しいですねぇと・・・・。
 確かにボクが野球部に携わっていた頃を思えば珍しい。十数年前に準決勝に県南3校と秋田市内1校が進出したことがあるのだがその時以来かもしれない。各地区各チームのレベルの差はなくなったと言えるかどうかはわからないが・・・・。
 さぁ、結果はどうなりますか。明日は健康管理日で試合なし。明後日から準々決勝がおこなわれる。
 応援に行こうと思っているのだが。

向日葵ですね。
P7200217.jpg
近所の家に咲いている。夏です。

    向日葵を見るとあの頃ゆったりと過ごした村の夏よみがえる

本日のブログはこれにて終了です。 

キュウリの花

十六夜

 夕方、遊びに来ていたとわちゃんとわかちゃんを送って行くときにチラリとまん丸い月が見えた。十六夜の月である。
P7190216.jpg
「ジジ、早く写さないと月が雲に隠れちゃうよ」
そうかそうか。と、シャッターを切る。
「ジジ、鳥が飛んでいるよ」
何を言っているのかよくわからないのだ。
「エッ?!」
と、言ったが結局わからない。
 で、写真を拡大してみたら鳥が写っていたのです。月の右側にホクロのような点が見えると思います。これが「鳥」。おそらくカラスだと思うがしっかり拡大すると羽ばたいている様子が見える。
 子どもたちの目は鋭いものです。

   十六夜の月を横切る鳥がいるボクと宇宙と鳥は直線

 そして、二人が言ったとおりに数分後に月は雲の中に消えてしまった。まさに「月に叢雲、花に風」ですね。


家人が植えたキュウリの花。今日、とわちゃんとわかちゃんが一本の実を収穫。二人で半分ずつ味噌マヨネーズでカリポリと食べていた。次のキュウリが実るのが楽しみですね。
P7190215.jpg

東京都知事選。やはり、自公がかついでいるマスダという候補の金権ぶりと岩手県知事時代の体たらくが評判悪いようだ。でも、そんな人たちが当選する日本でもあるので少し心配なのであります。
まぁ、普通の人が考えたら鳥越さんの考え方や訴えがまっとうなはずですけれどね。このことについて一杯書きたいですが本日はこれにてブログは終了です。

横手城南対秋田工業

本日も球場へ

 こまちスタジアムに向かった。今日は横手城南高校と秋田工業高校の2回戦。
P7180213_stitch.jpg

 試合展開は城南の投手新山君と秋田工業の打線対決の感だった。スタジオの電光掲示板には新山君の球速140キロが何度も表示される。ボクは確認していなかったが最速142キロとの話もあった。
 その新山君の投球を秋工打線の中軸は鋭い当たりのヒットを打ち返す。横手城南は5回裏に1点先取したがグラウンド整備などのインターバルの後の6回表。秋工打線の中軸につかまり失策もからみ3点をもぎ取られた。言い換えれば3点止まりだったのがラッキーだったかもしれない。
 7回裏。城南は2点を上げて同点にする。そのまま延長に突入。城南は10回表のピンチをしのいで延長10回裏。秋工の失策のような内野安打から一死満塁としてから冨樫君が前進守備の間をしぶとく抜いて劇的なサヨナラ勝ちをおさめた。
P7180220.jpg


 詳しいことは書きませんがあらためて感じたことは「野球は心」「野球は練習」が大切だってことだ。そして、非科学的なのだが「野球は神様が見ている」ってことをつくづく感じた次第。

 良い試合を見ることができたと思っている。

   野球ってしっかりやれば「神様」が君に必ずプレゼントする


と、言うわけで顔は真っ赤に日に焼けてボーボーと熱くなっている。このほてりを冷やそうと思い冷たいビールを呑んだらますます顔はボーボーと燃え上がってくるのであります。
連休3日間は野球と「孫かで」で終了しました・・・・。結構充実したと言える3日間だった。
と、言うわけで本日のブログは終了です。

横手ふるさと村にて

孫かで

 今日は、とわちゃんとわかちゃんのお父さんたちが仕事のために二人を連れて横手にあるふるさと村へ。ふるさと村の美術館で開催される遊びの色塗り(かな?)イベントに当選したので行ってみててくれとのことだった。
 何だか水鉄砲のようなものを使って色をペイントするらしい。ところが朝から大雨。気温も低い。そのために残念ながら屋内でのローラーを使ったペイント作業になった。
IMG_20160717_105051.jpg
結構、楽しんでいたようだが形にならない絵を描いている感じなのか何分かしたら飽きてしまったようだ。
 まぁ、仕方がないですね。

 ふるさと村に入ったらカラーのマンホールが見つかった。めざとい、わかちゃんはジジバカがマンホールを写真にしているのを知っているので立ち止まって
「ジジ、写真」
と、言う。そこで一枚。
DSC_0227.jpg

 そんな「孫かで」の一日でした。夕方から一杯呑んで少々疲れました。本日は生存証明です。

秋田修英対秋田中央

久しぶりの球場へ

 本日は球場に向かった。グリーンスタジアムよこてである。カードは秋田修英対秋田中央。横手までスーパーカブ号で出発。途中で雄物川を橋の上からのんびりと見ることができた。
P7160216.jpg
車じゃあこんなふうにゆっくりと橋の上に駐まることはできないなぁと思いながら大森から上流をみた風景を一枚。

 横手のスタジアムに到着したらシートノックが始まった。
ファイル 2016-07-16 20 06 38

P7160214.jpg
久しぶりに見る「全力監督」のシートノック姿である。

 そして、試合が始まった。結果は秋田修英3-2秋田中央で第3シードの秋田中央に秋田修英が勝ったのである。詳しい試合展開は省くが野球はすごいなぁ、すばらしいなぁと思いながら見させてもらった。そして、このような現場にボクもいたんだなぁと思いながら・・・。

 帰り道は少しバイクのスピードを抑えながら今年初めて見たノウゼンカズラの花を一枚撮影して帰ってきた。
P7160215.jpg

    野球観にスーパーカブでトコトコと世界は全て栄冠になる

本日のブログはこれにて終了です。

スモモ酒を作ってみた

 暑い暑い。
 午後からスーパーカブ号を引っ張り出してトコトコと一っ走りしてみた。ボクの住んでいる湯ノ又という地域に新しくできたバイパスをみた景色。
P7150213.jpg
ムダな公共事業が向こうに見える青い道路標識の向こうまでとりかかられている。

 弟の家に寄ったらスモモが実っている。
P7150212.jpg
このスモモの木は根元から30度以上傾いていて倒伏の恐れがあるので、まもなく切りとられることになっている。
 そこでもったいないので、手の届く範囲の実を1㎏ほどもいで「スモモ酒」を作ることにした。このスモモは先っちょがピンととんがっていて小さな固い桃のような感じなのである。
 囓るとそれほど美味くはない。でも、これぞスモモという味がする。1個カリカリと囓って種だけをポイッと吐き捨てる快感を味わった。
P7150216.jpg
 スモモ酒にするのは、本店の社長に教わった焼酎で実を消毒することなどの処理をして氷砂糖と一緒に高濃度のスピリッツ焼酎とともに瓶詰めしたのであります。
P7150218.jpg
写真では氷砂糖の上にスモモがのっかっているが、これじゃあダメじゃんとスモモの上に氷砂糖を置いて高濃度の焼酎で漬け込んでいます。ハイ。
どんな酒ができますかねぇ・・・・・?

    まだ未熟そんなスモモを収穫しスピリッツにて神髄すくおう

と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。





大津地裁高浜原発3、4号機再稼働認めず!

チュウサギ(かな?)

 横手近くの田んぼに結構大型の白いサギがいる。
P7140212.jpg
実は、この二羽の手前に、もう二羽いたのだが写真を撮ろうと思い車を駐めたらバサッバサッと逃げ去ってしまった。

   梅雨の田に二羽のチュウサギ寄り添いて背を丸くして蛙をねらう


東京都知事選

 今日、立候補の届け出があった。やはり三人が注目だろう。昨日のコメント欄にパパさんが書いているマスダ候補2億円豪邸はすごいなぁ。
 マスダ候補について昨日のブログに岩手の友人から来たメールの内容を紹介した。その続編がある。週刊朝日の7月22日号に掲載された内容を教えていただいた。それが次の通り。

『岩手県知事を3期12年勤め、その間、岩手県の公債を6千億円から1兆2千億円に倍増させた。岩手県議会関係者はこう言う。
「増田さんは岩手ではハコものや工場を造ったが、結局うまくいかなくて、借金ばかりつくって、すたこらいなくなった。今、岩手県ではその処理をやって大変です』

この記事の内容は岩手県の人たちの感覚を代弁していると言います。

 こんな人を当選させたら東京はとんでもないことになるだろうなぁ。と、普通に考えたら思う。だから当選させてはイカンのです。

 今日、帰宅して夕方のニュースをチラッと見ていたら自民党の言い分は「東京都知事選は野党による自公に対する参院選のリベンジではない」との論調である。
 ボクはリベンジでいいと思っている。鹿児島では原発再稼働反対の候補者が現職に勝った。東北では復興がままならない、TPPに反対である、東北をどう考えるかなどの論点で秋田を除いた5県が自公に勝った。つまり、部分部分(東京が部分かどうかは別にして)で政権党に勝つことはとても大事なことだと思うからである。それは改憲論議にも一石を投じることになる。

 と、言うわけで東京都民の判断に期待したいのである。


ラジオでニュースを聞いていて、ブログに書いておこうと思いすっかり忘れていた。それは7月12日に大津地裁で出された判決である。
高浜原発3、4号機の運転差し止め仮処分の取り消しを求めた関西電力の異議を大津地裁は「だめです」と退けたというのである。
素晴らしい。
退けた理由は「安全性が確保されていることについて(関電側は)説明を尽くしていない」ということとのこと。その通りですね。フクシマ原発事故の収束もないし、検証もなされていない。つまり、原子力規制委員会がいう原発は安全というのは「口先だけ」と言うことに尽きる。
裁判所にも良識があると納得だ。

と、言うわけで本日のブログは終了です。

東京都知事選注目ですね

またまた鳥海山

 今朝、通勤途中の角間川付近で鳥海山が見えた。肉眼で見ると鳥海山の麓に薄い青の帯が巻かれているように見えた。そこで一枚撮影してみたが肉眼とは違うなぁ。
P7130212.jpg
手前の白いベルトは秋田道である。


東京都知事選について

 自民党から二人立候補するとのこと。コイケという女性とマスダと言う人。コイケという女性についてはよくわかりませんが、マスダと言う人は岩手県知事を務めた人とのこと。今日の立候補予定者の討論会でも自分の特徴を「知事を経験しているので・・・」のようなことを話していた。
 ところがこのマスダという人について、先日岩手に住む友人からメールが届いた。そこにはマスダ知事は岩手県知事在職当時に莫大な赤字をつくって逃げるように辞めたと言うことなのである。
 そして、先日の岩手日報に掲載された川柳も教えてもらった。
    「都知事にと借金県土にした人を」
 岩手県の人たちはマスダと言う人の遺した負の遺産について、そして彼個人について「ひどいもんだ、よく恥ずかしげもなく東京都知事なんかに出馬するもんだ」と呆れているようですね。おそらくテレビ画面にマスダ氏が出てくると岩手の人たちは「何、言ってんだ!」声を荒げていると思うなぁ。

 夕方のニュースで野党が推す鳥越さんの一本化のために宇都宮さんが立候補を辞退するとのことが報じられた。鳥越俊太郎さんの「孫の本」を前にここのブログで取り上げたこともあった。
 今回の参院選の結果なども見て「これじゃあダメだ」と考えて立候補したとのこと。東京都知事選、注目したい。

本日のブログはこれにて終了です。

   まだいいよ君のリズムでゆったりとあせることなく応援するゼ

高校野球はいいですね

快晴のお城

 今日はからりと晴れた一日。職場からはお城の天守閣が見えている。
P7120218.jpg
 このお城を見ながら今朝火野正平が自転車で日本のあちこちを旅する「心旅」という番組で話していたことを思い出す。それは松前のお城の天守閣だけを映して
「ここは名古屋城の天守閣で・・・」
などと上段を言っているのであります。
 じゃあ、ここも「名古屋城です」と言ってもいいかなと思ったがシャチホコがちょっと小さいなぁ。そんなことを思いながら空を見上げていました。
 ところでこの「心旅」先々週は秋田県内を回った。協和町、六郷、仙南、など県南の町を自転車で走ってから県北へと移ったようだ。協和町ではとわちゃんとわかちゃんがリトミックを習っているお宅の下にある食堂にも寄りハヤシライスを食べた場面をテレビで見た。まぁ、ボクはミーハーですから・・・・。
 特に「オチ」はありませんがそんなわけです。


高校野球の話

 今日から秋田県の選手権大会が始まった。それはともかくとして、たまたま今日は他県の高校野球の話題を二件聞いた。それがとても良い話なので簡単に紹介します。

まずは西東京の話。
 職場に行ったら、女性の同僚Oさんが話しかけてきた。
「私の先輩が昨日、西東京の高校野球で1勝しました」
と、スマホに写っているスコアボードの写真を見せてくれた。それは9回表まで1-2で負けている試合が9回裏に2点をあげて3-2の劇的なサヨナラ勝ちになっているのである。
「大学のソフトボール部の先輩でした」
「なるほど」
「今は高校野球の硬式で女性の監督をやっているんです」
「エッ、このサヨナラ逆転勝ちの監督?」
「ハイ!」
「それはすごいっ!」
 高校野球で女性の部長は聞いたことがあるし友人もいるが、監督は聞いたことがない。それも1勝したとは・・・。
詳しくは『東京電機大高逆転V!女性監督6年目の悲願/西東京』に詳しい。
 すごいなぁ。いい話でした。

次は岩手県大会について。
とわちゃんとわかちゃんのお父さん(ボクの二男です)が言う。
「マッツが大金星」
「エッ!?」
「今日、マッツが花巻東に勝ったよ」
「ホント!?」
マッツ君とは二男の大学時代の同級生で野球部で苦楽をともにした松浦君である。
 今、松浦君は盛岡工業の野球部監督。
詳しいことは『【岩手】花巻東15年ぶり初戦敗退 佐々木監督「全部、監督の責任」』をぜひとも。

 夏の大会。劇的な話がたくさんありますねぇ。秋田県の球児たちの活躍も期待したい。


東京都知事選。候補者が出そろったようだ。自民党は例によって「自由」を束縛するような文書を配布したとか。自民党都連が応援している候補者以外を支援したら除名するとか何とか。名前を変えたらいいと思う。「不自由非民主党」とでも・・・・。
しかし、マスゾエ問題で自民党都連が最悪の状況だったのにそれでも東京都民は自民党を選ぶんだろうか?見守りたい。

本日のブログはこれにて終了です。

    宣誓は両手を下に感謝言うハイルヒトラーじゃないのが良い
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR