寂しさの理由

夕方の南外村

 午後四時過ぎに友人の家にバイクで一っ走り。久しぶりに通った道である。そこから見える景色は夕方の金色を表している。そして南外の刈りいれも終盤になりつつある。
PA040278.jpg
ここの地域は中袋という場所で川は楢岡川。向こうに見える集落は大向である。今はなくなったが山間には「北ノ沢」と呼ばれる色々な病に効く冷泉があった。

 そして、もう少し時間が経過したら西の空には上弦の月が沈むところだった。
PA040280.jpg
これから栗名月まで1日1日太ってゆく。


素敵な言葉

 大隅さんという方がノーベル賞を授与されることになった。それはすごいことだ。テレビを見ていたら奥さんが出ていて大隅さんは「いいかげんです」などとのろけ話をしていたが、その時に次のように話した。
「いいかげんは良い加減ということだと言われました」
 この「いいかげんはよいかげん」はボクが昔から好きだった板倉聖宣さんという人が話していた言葉である。久しぶりに聞いたなぁと懐かしかった。
 「いいかげん」はデタラメってことではない「いいかげん」である。例えば物事をきっちりと詰めてやることは大切だが、余計な所まで詰めないで「いいかげん」のところで「エイッ!」と決断する。それがとても「良い加減」になるってことです。
 今一度、「いいかげんはよいかげん」を考え直す機会になった。


弟の逝去から5日経過した。
1年以上前から余命宣言をされていたのでボクの心の中ではある意味、その時の覚悟があったと思う。あきらめと言ってもいいかもしれない。「いよいよか」と・・・。
でも、突然寂しさが来る。それは
「オイ、あれはどういうことだったっけ?」
と、相談するときに声をかけることも電話をすることもできない。彼はどこにもいないことに気づく時である。仕方のないことですが・・・。

   もう君に質問しても答えない別れたことの寂しさのわけ
   半田ごてまだ借りたまま 君はもう二度と回路を組むことはない

本日のブログはこれにて終了です。
 
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR