辛いゼ二日酔い

疾風

 今日の午後。1~2分くらい突然強い風雨が吹き荒れた。ムムッ!と思ったが黙って外を見つめるしかなかった。いわゆる疾風(はやて)なんでしょう。
 枯れ葉のついた木々はすっかり葉っぱを落とされてしまった。
PB200280.jpg
特にイチョウの木はほとんど裸になった。


今日はノンビリと言いますか、昨日おこなわれた弟の納骨の後の一杯で呑みすぎて終日ウロウロとしていた。

   呑もうぜと言える男の一人消え一人盃ただ黙々と

そんなわけで一日中テレビを友だちにしてテレビ画面に向かってバカヤローとばかり言っていた。ほとんどがトランプとアベシンゾーの話である。まだ大統領にもならないし、どんな政治をするのかもわからないことをアーでもないコーでもないと話している。見てみなければわからないだろうに。と、思うが違うんだろうか?
あとは南スーダンへの自衛隊員の派遣模様のニュース。送り出す家族の苦悩が少しではあるが伝えられていた。日本は憲法違反の別のステージに進んだことが実感される映像であった。派遣される地域が青森・秋田・岩手と東北の自衛隊員。何だか昔の戦争を思い出させる。田舎の兵隊を駆り出して派兵することをである。
万が一の時に誰が責任を持つのか。

我が家の人に慣れない悪ネコのトマト。気まぐれでなかなかにいいのであります。
PB200284.jpg


最近の交信局
VR2USJ V63YY E74A LZ960SPA V63FA IK0YUT
香港、ミクロネシア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、イタリアなどですね。
ヒットはE74Aであります。7メガの軒下アンテナで交信できたのが不思議な感覚である。昔、交信したZ3そして先日のPJ4
と今回のE7がコンファームできれば不足になっていた6円の半分はクリアになる。でも、コンファームできるかどうかは水物ですからねぇ。まぁ、それも楽しみってことですね。

本日のブログはこれにて終了です。

一つの終わり

納骨

 本日は弟の納骨。
 自分の中で一つのけじめといいますか終わりの日です。
PB120279_201611192120150bf.jpg

昼から呑んでいるので、これにて本日は生存証明でブログ終了です。

四十九日の忌明け

小春日和の一日

 今日の日中は小春日和。こんなに天気が良くていいのかと思うくらいの日差しの暖かな一日だった。だからと言って何もすることがないのでボンヤリとしていた。
 それじゃあダメじゃんと思い、午後3時過ぎになってからフラリと家を出て散歩に。この時間帯になると裏山の近いボクの家では大洋が沈んでしまう。
 クワッドアンテナを1枚。
PB180278.jpg
 今日はパラウ諸島からT88QRという局が出ていたので呼んだら交信できた。良かった良かった。


弟が亡くなってから49日

 明日は納骨になる。早いものです。
 弟の家に植えられている紅葉もほとんどの葉が落ちてしまった。少し、残っている葉っぱはあくまでも赤い色をしている。
 ところで今朝(2016.11.18付)の朝日新聞『折々のことば』に
    うらを見せおもてを見せて散るもみじ  良寛
が掲載されている。鷲田清一さんの解説には次のようにある。

『華やかな一色に染まり、盛りとともに風に吹かれてさっと散る。その散り際がよしと愛でられる桜よりも、寒空に散るもみじを好む人は多い。傷跡ふくめ、風雨に晒されてきたその姿をまだらに染めつつ、一葉一葉、枝からそっと離れる。陽のほうを向かなかった裏までぽっと染めて、澄んだ冷気に微かなほてりを与える。幼子たちとよく戯れた江戸後期の僧侶の辞世の一句』

 亡くなった弟のことを忘れたわけではない。この一文を読み、そしてもみじを見て「散ること」を考えた。

   散り残るわずかなもみじは風に揺れ弟去りて四十九日に


テレビではアベシンゾーとトランプ大統領予定者との会談を放送している。結局、何もなくただの顔合わせ。参勤交代で顔見せに行っただけだ。ゴルフクラブをお土産とは。金持ちたちは我らビンボー人の気持ちがわからないだろう。巨額の税金を使って外遊しているのだから「何があったか」を明確に語る責任があると思うのだが話さない。
7時間だけ南スーダンに滞在して「落ち着いている」だか「安全です」だかを言った女性防衛大臣。とうとう駆け付け警護の命令を出したとのこと。あの人の話す時に「エー」とか「アー」とか言いながら話すのを聞いていると鳥肌が立ってしまう。どうしたことだ。
トランプ騒動に隠れて、年金カット法を強引に押し通そうとしてる。
それでも「他の政権より良さそうだ」と思う人が多いのだから信じられない。

本日のブログはこれにて終了です。

ロックンローラー少女たち

一歩先は雪景色

 この写真はボクの住む地域から大向方面を見た景色です。
DSC_0293.jpg
大向には通称「嶽の山」があります。ちょうど正面の山であるがその頂上にスーッと霧がかかっている。雲と言ってもいいのですが・・・。
 この写真では雪のかけらも見えない。ところが、大向を過ぎて矢向峠を越えて中山地域に入ったら「アレッ景色が違う」のである。雪が2~3センチ積もっていた。道路の両脇の笹の葉が白くなっている。
 そうかぁ、この山の向こう側は冷えているので霧がかかっていたのだろうとボクは推測したのであります。この季節になれば一歩先にはどんな冬景色が出現するかわからない。だから油断ならないのである。特にトンネルの中そして橋の上は危険極まりない。

 ウーム。川端康成の気持ちがよくわかる。と、書いておこう。

    康成の「トンネル抜けると雪国」は本当だった霜月半ば


キンクスで踊っている

 キンクスなんて書いても知ってる人はいないだろうなぁ。ビートルズ世代だったらわかるかもしれないがボクはキンクスの大ヒット曲を知っている。それは「ユー・リアリー・ガット・ミー」である。特徴的なイントロから始まり、ついついのってしまう見事な曲なのです。
 さて、なぜキンクスなのかですね。
 今日もとわちゃんとわかちゃんが遊びに来た。ボクが5~6年ほど前にトイザらスで欲しくて欲しくて購入していた「Paper Jamz」という「ペーパー・ギター」のオモチャを、とわちゃんが発見したのである。発見したと言っても何年も前から彼女の目の前にあったのだが、なぜか今日突然「これなーに?」
と、聞いてきた。
 ほとんど埃まみれになっていたので埃を払い電池を入れ直したら見事に鳴ってくれた。
 「Paper Jamz」ペーパーギターは紙とプラスチックでできたオモチャです。スイッチを入れると自動的に演奏が始まる。そして、ピックアップ付近(ここも紙でできているのだが)を指でサッサカサッサカこすると伴奏のギター音が出る仕掛けである。さらには紙でできたアンプもある。もちろん、このアンプも購入してきた。
 このペーパーギターにはプレインストールされている曲が3曲ある。そのうちの一曲がキンクスの「ユー・リアリー・ガット・ミー」を他のグルーブがカバーしたもの。
 これを鳴らしているとオモチャだと思えないくらい楽しい。自分で弾けないギターをガンガン弾ける(ような気がする)のだ。
 とわちゃんとわかちゃんがすごく気に入ったのである。早速ストラップをとわちゃん仕様に短くしてペーパーギターを下げたらぴったりである。そりゃあ子供用ですからね。
 で、しばらくの間二人は演奏したつもりで踊り楽しんでいる。
PB170280-1.jpg
どうです。ギターの形といい、手前にある紙アンプといい悪くないでしょう。

 二人は自宅に持ち帰りたいと言うのだが、今回だけはジジバカは「ウン」と言えなかった。でも、次回もう一度言われたらどうなりますか・・・。
 どうせすぐ飽きるから返ってくることは確かなんでしょうけれどね。


書きたいことはたくさんありますが、本日はこれにてボクの心が幸せのうちにブログ終了です。

年金の値下げ反対!

寒くなってきました

 今日は10℃まで気温が上がらなかった。肌寒い一日だった。日中から時雨模様である。
 わがやのトマトという名のネコ。こんなに寒くても外出してるようだ。根っからの野良猫だが必ず帰ってくるのも律儀なところ。それでも温かい場所にくるようになってことも確かである。
PB090287_20161116212906d85.jpg 
滅多にカメラ目線になることのないトマトが珍しくボクが持っているカメラを見つめている。


友人から電話。何だろうと思ったら
「ネットを見た?」
と、言う。
「何のことですか?」
「家に帰ったらヤフーを見たらわかるんだが・・・」
とのことだった。早速、見たら
WS000044.jpg 
こんな記事が載っている。

どうなんだろうね。なるほどねぇと思うしかない。 記事はここ


ところで新聞やテレビニュースを見ているとガッカリすることばかり。
自衛隊駆け付け警護と言う名の戦争加担、年金の値下げ(年金一揆をおこしたい)、憲法改悪、老朽化した原発の再稼働容認、アベシンゾーのアメリカ追随というか参勤交代というかトランプの面接を受けに行く体たらく、オリンピックの空騒ぎなどなど。
解決することはないのだろうが横目で見て行くしかないかもしれない。


本日は気持ちもなんとなく落ち込み生存証明です。

  カメムシを食べた話を読みました勇気あるのかホジナシなのか

納得ゆかない駆け付け警護

荒れ模様の予感

 とわちゃんとわかちゃんの保育園の近くの空は何だか不穏な色をしている。
DSC_0291.jpg 
このように光芒が出ている時には強い風が吹く傾向がある。案の定、道路には銀杏、落葉松などの黄色の葉っぱが大量に落ちていて道路が黄色く染まっていた。
 確実に冬に向かっている。

 そうそう、職場の駐車場に柿の木があることに初めて気づいた。朝方は時々青空がのぞいている。オレンジ色の柿の実が鮮やかである。
PB150278.jpg 


サッカーW杯アジア予選

 先ほどまでサッカーW杯アジア予選。前半の最終試合サウジアラビア戦を見ていた。民放の番組はあまりにも煽りすぎるので、少しでもアナウンサーや解説者の雄叫びを聞かないようにBS-1で見ていた。
 良い試合だったと思う。試合終了間際に1点入れられたのは実力通りではないかと思った。
 本田や香川たちに若い力が加わって良いチームになりつつある感じがした。来年おこなわれる後半戦で一層チームの力が伸びることを期待したい。
 

十六夜の月

 これで四日連続でお月様のことを書いている。今日は十六夜の月が見えていた。どうもカメラの扱いが良くわからなくて月がただの光のボールに写るのは仕方がありませんね。
PB150279.jpg 
やはり、まだまだ月の直径は普段の時よりも(普段って何時ですか?と聞かれそうだが・・・)大きい感じがする。
 もっとも比較対象することはできませんが・・・。


今日は夕方からとわちゃんとわかちゃんに遊びに来てもらった。一緒に夕ご飯を食べてから送っていった。
風船を持ってきて
「ジジ、ふくらませて」
と、持ってくる。そして、ふわりふわりとミニバレーボール。楽しませてもらったのであります。
ファイル 2016-11-15 20 32 45 
ジジバカ至福の一時でありました。

今朝の朝日新聞の投稿欄に「選手ファースト理解できない」の投稿についてボクは同感だなぁと思っている。だいたい次のような内容だ。

東京五輪で巨額の会場建設費がかかり会場を変える検討をしていることに対して、競技団体のアスリートから「そりゃあないだろう」と発言していることに対して、それこそ「それはおかしい」と言う。
納税者ファーストであり、復興ファーストであるはずだ。素晴らしい競技場でなければ勝てないなどと言っているアスリートは、ささやかに暮らしている人や納税者に考えが及んでいない。
まったくその通りである。ボクは今でもフクシマは問題ないと嘘で固め、さらには政治家のスーパーマリオをやった見栄のために(アリャリャ全部アベシンゾーだ)やる東京五輪なんかやめてしまえ。と、考えている。

南スーダンへのPKO駆け付け警護を閣議決定した。今朝の新聞によれば派遣の主力は青森駐屯地だが秋田駐屯地からも何人か派遣されると書いている。いよいよ自衛隊員が殺し殺される戦場へ派遣されることになるのか。


と、言うわけで本日も平和な一日ではなかった。と、書きながらブログは終了します。

   比較的安全なりと言うけれど何と比較か駆け付け警護

スーパームーン

心配していたスーパームーンがドーンと見えている。天気予報を見ているとスーパームーンが見えているのは全国でごく一部とのこと。
夕方、上がり始めた時の月です。
PB140307.jpg

もう少し時間が経過して神宮寺嶽(右側)と一緒のスーパームーン。
PB140311.jpg
比較するものがあるとやはり大きく見えますねぇ。

あちこちから天気が悪くて見えないとメールが来ますので写真を送りました。

 で、最も地球と接近すると言われる午後8時20分ころに外に出てみたら雲に隠れるところだった。
PB140293.jpg

 3日前の天気予報ではこれほど良く見えるとは思わなかったので「プレ・パームーン」で諦めようと思っていた。ところが何と言うことでしょう。見事な月を見ることができた。
 通常の満月が一円玉の大きさならば今日のスーパームーンは百円玉くらいの大きさとのこと。それを家人に話したら「何だ、そんなものか」と言われたがその大きさの違いはデカイのですよ。


小春日

 今日は素晴らしい天気だった。気温は18℃を超えるくらいまで上昇。友人のSIGERU君に会ったら短パンを履かねばと言っていたらしい。それほどの好天だった。
 赤とんぼは最後の熱吸収でコンクリート電柱にとまっている。
PB140303.jpg
今年、赤とんぼの姿を見るのは最後かもしれない。

 ススキも逆光に輝いている。冬に向かってなかなか雰囲気があります。と、書いておきます。
PB140304.jpg


NHKニュースを見ていたら世論調査によるアベシンゾーの支持率を報じていた。55%とのこと。不支持率かと思ったら支持率とのこと。アナウンサーの声が何となく喜びに満ちているような気がする。
その支持の理由が「他よりも良いような気がする」が47%とか。それって支持率と言わないと思うが・・・。要するに「どうでもいい」ってことだからである。
と、世論調査という世論操作を見ながら苦い酒ッこを呑んでいました。
そうそう、今日の参議院TPP特別委員会をチラチラと見ていたのだがアベシンゾーの答弁は苦しい。トランプ大先生の心変わりを待っているとしか思えない答弁である。衆院で強行採決をしてまで仕上げようとしてるTPPは風前の灯火である。TPPはダメです。

    予期しない大判焼きをもらったよう小春日和はちょいと散歩に

コンサートを観に行く

KMCコンサート

 とわちゃんが所属しているKMC(協和ミニコンサート)のコンサートが協和町の和ピアで開催された。もちろんジジバカも出かけたのであります。
KMC.jpg
今回は世界の歌めぐりがテーマ。なかなかに楽しく過ごすことが出来ました。

 とわちゃんも何回かステージで歌っていました。
PB130292.jpg

PB130292-1.jpg

こんな姿を見るとジジバカはちょっとウルウルします。

 そして、隣に座っていたわかちゃんは時々居眠りしたり、シラーッと見ていたりで結構シビアに見ているのであります。これはこれでなかなかにいい姿でありました。ハイ
PB130294-1.jpg

   肩こりがスーッと治る気がしますKMCのコンサートにて


スーパームーン。明日ははたしてどうか?

 協和の和ピアを出る時に向こうに十四夜の月が見えています。
PB130296.jpg
一緒に会場を出た人たちも「何だか大きな月だそうですね」と言っている。
 本番は明日である。明日は雨の予報。と、言うわけで本日もプレ・スーパームーン。

今日の交信局

 コールサインを書き出しませんが次の国と交信。
アメリカ、アルゼンチン、チリ、ハワイ、グアム、インドネシア、その他などなど日本から近いところを20局ほど。ヒョロヒョロ電波が飛んでくれているようです。


本日のブログはこれにて終了です。

制度の問題

プレ・スーパームーン

 今日は昼前頃から晴れ間が見えた。ミニ小春日和だった。紅葉と銀杏の赤と黄色がとてもきれいである。
PB120278.jpg

    紅ショウガくちに含んでベロ出した色に見えます初冬の紅葉

PB120279.jpg

 夕方から十三夜の月がきれいに見えた。新聞の記事によると明後日の満月は「スーパームーン」になるとのこと。地球を回る月の軌道は楕円形なので今回はもっとも近い位置で満月になるということらしい。
 いつもの月の位置よりも5万キロも地球に近づくとのこと。5万キロですよ5万キロ。地球一周で4万キロだからそれよりも近づくのである。この天体のできごとは68年ぶりとか。ボクが生まれた頃の話だ。
 ところが何と言うことでしょう。14日の天気予報はダメ。おそらく満月を見ることはできないかもしれない。さらに明日もダメ模様。と、言うわけで本日はプレ・スーパームーンということで・・・・。
PB120286.jpg

 もっとも宇宙的な距離は肉眼ではそんなに大きな違いは見えません。ちなみに次のスーパームーンは2034年とのことらしい。生きてませんね。だから今日見ておきました。


死の商人

 アベシンゾーはダメだ。わかっているがダメだ。インドとの原発協定(原子力の利用協定)に調印したのである。インドは核爆弾を持つ国である。その国と原発協定を結ぶことは、新たな核爆弾の製造に道を開くことにもつながる。
 朝日新聞の社説には「被爆国の立場忘れたか」と厳しく指摘している。アメリカのように気づけないものかなぁ。

 そう言えば、今日突然電話が鳴った。見慣れぬ電話番号である。普段は出ないのだがたまたま出たら機械音の女性の声でいわゆる世論調査である。初めてのことだったのでアンケートにこたえた。当然、死の商人であるアベ政権ノーで答えたのですけれどね。でも、この結果は間違いなくアベ政権の信任が多いんだろうなぁ。

 アメリカ大統領選の結果を受けて映画監督のマイケル・ムーア氏が面白いことを言っている。彼はクリントン支持だったのだが、今回の結果を受けての考え方を言うのである。
『(選挙の結果を受けて)今日会う人全員に、こう言わなきゃいけない「得票数は、ヒラリー・クリントンの方が多かったんだ!」過半数のアメリカ人は、ドナルド・トランプじゃなくヒラリー・クリントンを選んだ。以上、それが事実だ。(中略)彼が大統領になった理由は、18世紀に作られた難解でおかしな「選挙人団」と呼ばれるシステムだ。これを変えない限り、自分が選んでない、臨んでもいない奴が大統領になる。(中略)我々は、多数が「リベラル」な考えを支持する国に住んでいる。ただ、それを実現させるリベラルなリーダーがいないのだ』

 これは日本にも当てはまる。アベ政権が大多数の国民に支持されているわけではない。彼はことあるごとに「選挙で選ばれたから」と言う。しかし、それは小選挙区制のもとで選ばれただけの話だ。彼ら政権に批判的ないわゆる死に票がどれだけ出ていることか。それを無視しているに過ぎない。
 何十年か前に小選挙区制を導入する時に「少ない得票で最大の議席を得る」と悪評だったことが現実になっているのだ。そのために田中角栄たちが導入に暗躍したのである。
 話が飛んでしまったが、ボクはクリントンが当選して欲しかったわけでもないしトランプがとても良いと思っているわけでもない。だけどマイケル・ムーア氏の考え方には同感なのである。
 だからあきらめちゃいけないってことなんでしょうね。


もう一つ朝日新聞の社説の見出しを書いておきますが「鶴保沖縄相 担当閣僚の資格を疑う」である。彼は「土人は差別と断じることはできない」と言っていることについてである。理由は昔は「土人という言葉は過去に使われていた。そんな言葉はたくさんある」だから差別ではないと言うのだ。バカヤローである。
沖縄北方担当相。前の人は北方四島の歯舞色丹の「歯舞」を読めなかった。そのためではないだろうが参院選の沖縄県で現職の立場で落選。今回の鶴保氏。そして、農水相とろくでもない人間たちが大臣だとえばっている。まだまだいますけれどね。


本日の交信局

XU7MDC
カンボジアですかねぇ。

本日のブログはこれにて終了です。

初冬の散歩

気分転換

 今日はノンビリ。頼まれた原稿を書こうかと思ったが結局出来なかった。なんてこった。それじゃあダメじゃんと思い小雨の中を散歩に。
 まずは道路に散らばっているモミジの葉っぱ
PB110277.jpg

  大丈夫きみの姿は終わりじゃない明日への希望モミジのような

 電線には数十羽のスズメがとまっている。写真では十数匹しかいないがレンズを向けたら飛び去ってしまった。
PB110278.jpg
感想。わが地域にはけっこうススメはいるんだなぁ、である。まだまだ捨てたもんじゃない。

 少し、歩いたら散歩していて発見できる「顔」を発見。
PB110279.jpg
何だか、「どうしたんだい?」と聞いているような「ふざけるんじゃネーよ」と怒っているような顔に見える。ボクは「大丈夫だよ」と言いながらシャッターを押す。

 そして、空はほんの少し青空をのぞかせてくれた。
PB110280.jpg

これで歩いた歩数は4500。およそ1.5㎞ほど。
 錆び付いた頭が少し修復できたような気がする。


夕方、我が地域出身のT君が弟のお参りに来てくれた。ありがたいことです。弟はガキ大将で一緒に遊んだ仲だったとのこと。二人とも南外を離れて50年近くを東京で過ごした男たちである。感謝感謝。


と、言うわけで本日のブログはこれにて生存証明です。

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR