悪戦苦闘のLoTW

雁が飛んで行く

 午後から急に強風と横殴りの雨で荒れ模様。気温は7~8℃前後で温かいのだが風雨にはやられた。
 大荒れの前の午前9時過ぎ。上空から聞き慣れない音が聞こえてくる。見上げると雁が何列にもなって飛んで行きます。それも南の方向へ。
P1270277.jpg

 雁は冬の間、大潟村の残存湖と宮城の伊豆沼を往復しているらしい。今日は秋田から宮城の伊豆沼に向かうところだろう。ハクチョウは見ることがあるが、雁は気がつかないだけかもしれないが珍しい。


データがおかしいぞ

 アメリカの無線連盟からメールが届いた。コンピュータでデータを送っても良いとのことである。そこにはIDとパスワードがついている。
 早速、手続きをしたら進入禁止マークがとれて金の鍵穴マークが出現。これで本当にデータを送って良いことになったらしい。
 そこで、これまでの交信したおよそ15000局ほどをADIFファイルに変換して送信。送信はできたようだ。用事があったのでとりあえずそこまでで一旦休憩。

 午後になったら日本の無線局の方から「本日、LoTWでコンファームできた」との連絡があり「ヘェー!」と驚いたりしていた。そこで引き続きTQ8ファイルを送信するための準備にかかる。

 ところが、ここからがさっぱり進まない。コンピュータはADIFからTQ8に変換しているようだがコンピュータは永久に回り続けている。エラーのマークが次々に出てくる無間地獄?に入ったようだ。

 で、オリジナルのターボハムログのデータを確認したら何と言うことでしょう。
 K6CLと入力されているはずがK6 CLとスペースが入っている。確認したらJH7とかA71などのようにプリフィックスが三個の無線局は問題がない。ところが先に書いたようにプリフィックスが2個の局は強制的に三文字にするためにスペースを入れていることがわかった。
 たとえばイギリスのGとかフランスのFとかアメリカのW、K、NとかイタリアのIとかたくさんあった。

 アリャリャ。ってことは最初にADIFファイルで送ったのはいわゆる不正なコールサインのものだった。考えてみれば古いコンピュータのデータをCSVファイルに落としてもらった。それを確認せずにそのまま使った自分が悪かったのである。
 そこで15000局あまりのデータを見直すことに・・・・。こりゃあ時間がかかるぞ。もう一度、データを作り直して頭からやりなおすことに・・・・しよう。
 LoTWで悪戦苦闘をしています。ウーム。明日の午前中はかかるかなぁ。


本日のブログはこれにて終了です。

    大空にラッキーマークのV描き雁は南へ大空翔る
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR