わけのわからないカタカナ語

全県短歌大会へ

 今日は秋田魁新報主催の「全県短歌大会」に行ってみた。一首応募していたが箸にも棒にも引っかからなかった。それはいいのです。
 今日の短歌の講師は歌人の加藤治郎さんという方。
P5210280.jpg
短歌における虚構性、フィクションの有無などについての話はとてもよかったと思う。私もこの虚構性と言うかフィクションについて質問した。
 短歌はどうしても個人的な内容を詠うことが多い。私の考えは、短歌の中には詠んだ人の人間性、生活、考え方などが反映されているということだ。しかし、最近はまったくフィクションで短歌を詠う人が出てきている。例えば父が死んでもいないのに死んだことにして歌を詠む。実際にはいないはずの兄弟のことを詠むなどである。もちろん、昔からそういう短歌を作る人はいた。
 でも、私は短歌は個人的なチマチマしたことを詠むのがいいのではないかと考えている。そのことについて加藤さんはどう考えるか?と質問した。

 加藤さんの回答を簡単に書く。フィクションもいいと思う。それはフィクションにする必然性が明確にある場合に限るということだった。もしも、単に「これを詠んだら何かいいことがあるかもしれないというような、うけねらい」はやめた方がいい。

 なるほどなぁ。と、かなり納得したのであります。


『日本標準』

 カタカナ語を使う政治家について先日ブログに書いた。栃木の友人からラインがあった。そこには「東京新聞の日曜版におもしろいコラムがありました」とコラムの写真が添付されていた。
S__18743300.jpg
『日本標準』というタイトルである。
 「デンデン男」を皮肉ったりしているので文章をコピーしてみました。

『関東の某市で観光振興のため、昔の家屋や市電を買い付けた、とのニュースが放映された。市長が登場して「地域のアドバンテージに資する」云々と語るのを見たおじさんは首をかしげた。ここで「アドバンテージ(=有利、利益)」というカタカナ語を使う意味があるのだろうか。もっと簡単に「地域の価値を高めるため」とか「観光の独自性を狙って」など、普通の日本語で言えるではないか。
 政冶家はきちんとした日本語で、自らの政治を分かりやすく一般の人々に説明する義務がある。なのに、東京都知事がカタカナ語を多用するのはなぜなのだろう。「都民ファースト」は「都民第一」でいいではないか。「クールビズ」は「軽装」で分かる。
 英語や外来語を使いたがる人は、自らの国際性と視野の広さを誇っているのだろう。つまり自慢だ。そしてカタカナ語を使うことで本質をあいまいにしてぽかす。「アドバンテージ」などと言って人を煙に巻き、どうだワシは、と鼻高々の得意顔なのだ。
 政治家こそ世界標準ではなく、日本標準を学ぶ必要がある。少なくとも「云々」を「でんでん」などと読んでしまわぬように』

まったくその通りです。デンデン男は今でも「云々」を「デンデン」と思っているかもしれません。


と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

仲間は大切です

今日は秋田市にて

 所属している組合の定期大会
P5200280.jpg
いろいろな職場のウーム・・・と思えるような話を聞けてよかったなぁ。
 当時、私が在籍していた頃よりも確実に時代は変わっている。しかし、変わっていないこともあると思った次第。詳しいことはここには書きませんが「良さそうになっているようだがけっしてそうではないってこと」は言えそうだなぁ。
 もっとも、ただのジジイが思っているだけですから・・・。
 やはり労働組合って大切なことだとあらためて考えてきた。なぜか。それは労働組合がなければ間違いなく権力を持つ者たちの意のままにされてしまうってことです。だから今日は楽しい1日だったと言えます。仕事をする仲間は大切ですね。

 秋田市内は暑かった。
DSC_0402.jpg
車の運転が面倒で嫌なので電車とバスを乗り継いで向かった。
 バスがなかなか来なくてちょっとイライラしたが街の喧騒を見るのもなかなかのものですね。

久しぶりの孫たち

 今日、とわちゃんとわかちゃんのお母さんからメールが届いた。田沢湖に行ったとのこと。写真も添付されていたので久しぶりの登場です。1495283123431.jpg
「わか、田沢湖に行ったの?」
「ウン」
「水に入ったかぁ」
「ウン。でも少し遠くに行けばダメと言われた」
「ンだなぁ。日本一深いからなぁ」
「ショオショオお母さんも言ってた」
「日本一深いってか?」
「何だか日本がなんだかって・・・」
何でも聞いているのですねぇ。

と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

   最近はジャケット代わりに作業服「ミダグネヤメレ」妻センス無し

再度共謀罪絶対反対

下弦の月

 抜けるような五月晴れ。午前中に空を見上げたら下弦の月が山の端にもうすぐ沈むところである。
P5190282.jpg
今日は半月。
 大根を薄~~く半分に切ったような感じの月がいいですね。

    半円の大根薄くそいだよう下弦の月は蒼天に浮く


共謀罪衆院法務委員会通過

 とうとうアベシンゾーグループは治安維持法でもある共謀罪を強行採決してしまった。治安維持法の再来かもしれない共謀罪をどうしてもやりたいのだ。秋田出身のダメダ法相がグダグダとごたくを並べて説明も何もしないうちに、アベシンゾーの補完勢力である公明党と維新とかいうヤンキーどもとともに強行採決。公明党ってまったくひどいグループだと書いておく。

「あの時、時代が変わった」という最悪の記念日になるかもしれない。
 国民がほとんど反対もしないから仕方がないかもしれないが、国民のほとんどはこの法案の危険な内容を理解していない。いずれ自分の首がジワジワと締め付けられたときに、この息苦しさはどうしてなんだろうと気づくのかもしれない。
 まぁ仕方がありませんね。今の日本では数がすべてを物語りますから。それが民主的であろうが独裁的であろうが・・・。

 ところで、国会では秋田魁新報のコラム『北斗星』に掲載されたカネダ法相のことを書いた内容が紹介されたようだ。このコラムは見事だと私も思う。
ファイル 2017-05-19 16 39 01
その全文が次の通り。

秋田魁新報 2017年5月17日掲載 北斗星より
【秋田高校の校長を1963年から4年間務めた鈴木健次郎氏(故人)が生徒に向けて繰り返し発した言葉「汝(なんじ)、何のためにそこにありや」は、当時の在校生にとって人生の指針となっている
この言葉、生徒だけでなく鈴木氏にとっても大切な指針だった。ご子息は回想記に「父はこの言葉を自分自身にも言っては自ら奮い立たせ、(社会人、教育者、父親としての)責任感を厳しく追求しているようだった」と書いている
以前の小欄でも書いたが、この言葉を座右の銘としている教え子の一人が金田勝年法相である。いまの国会で最大の焦点となっている組織犯罪処罰法改正案(共謀罪法案)の提出責任者だ。師の教えと覚悟は正しく受け継がれているのだろうか
法案はテロ集団や暴力団、振り込め詐欺集団などの「組織的犯罪集団」のメンバーが2人以上で犯罪を計画し、そのうちの1人でも準備行為(現場の下見や資金調達など)をした段階で構成員全員を処罰するという内容だ
法案が提出されて2カ月近くたつ。組織的犯罪集団と一般団体との線引きが分かりにくく、市民が捜査の対象になるのではないか、捜査機関が市民の日常活動を監視することにならないか、など疑問や不安はいまだ解消されていない
その責めはまず法相が負わなくてはならないが、国会審議で官僚の答弁をそっくり繰り返したり、資料を棒読みしたりでは法案への理解も共感も得られない。何のためにそこにありや―と問いたい。5/17】

 こんな人間を当選させる秋田の人たちの気持ちがわからない。アッ、オレも秋田県人だが選挙区が違います。

と、言うわけですが全く議論は尽くされていないと思う。反対はあきらめずにこれからですね。


今日は家にこもりっぱなしでしたので鳥も見ていません。本日のブログはこれにて終了です。

  この国は法治を捨てて人治なりその「人」まっすぐ独裁めざす

「汝、何のためにそこにありや」

初夏です

 ツツジが咲いた。
P5180282.jpg

そして、遠くには鳥海山が見える。この場所は田屋地区である。
P5180284.jpg
ここでチラッと見える鳥海山はなかなかである。

 そして、ようやく秋田も田んぼに水が張られて広大な水面が見え始めてきた。DSC_0399.jpg


「カネダよよく聞け、恩師の教え」

 今の政治情勢がそれである。特にアベシンゾーの仲間たち。話にならない。どこを向いているのか。秋田の恥であるダメダ法相が自民党公明党維新は「強い責任感とリーダーシップをもっている。十分な説明をしている」として不信任決議案を否決した。バガケである。
 「汝、何のためにそこにありや」の言葉が生きてくる。
 共謀罪は絶対に許してはいけない。


アベシンゾー疑獄

 ひどいもんだ。森友問題と同じ構造である。加計学園問題。森友問題はアッキードだったが、加計学園はアベシンゾーである。詳しいことは新聞テレビで報じられると思う(はず)だから書かないがこれじゃあ本当にダメダと書いておく。


今日の野鳥メモ
 一昨日、昨日と書くのを忘れてしまった。ブログをアップするのが精一杯で出会った鳥のことを忘れてしまう。まったく・・・。
昨日、とわちゃと車中の会話
「ジジ、鳥がいるよ」
「どこに」
「ホラー」
と、思って横を見ると水を張った田んぼにアオサギが1羽スーッと立っている。
「アオサギだよ」
「フーン。どうして逃げないの?」
チラッと見ると50メートルほど前にトラクターがいる。それを見てアオサギが逃げないのを不思議に思っている。
「ンだなぁ。トラクターの人はかかってこないからこわくないんだべなぁ」
「・・・・」
理解してくれたかどうか・・・・。

と、言うわけで本日の野鳥
アオサギ、ハクセキレイ、ツバメ、スズメ、カルガモ、ダイサギ(チュウサギかも)、カワラヒワ、ムクドリ、ウグイス(S)、アオゲラ(S)、不明の鳴き声2~3

これにて本日のブログは終了です。

   できるかな易しすぎるか悩みつつ中間試験問題作る

1面にめでたい話が

久しぶりに好天の兆し

 夕方、まわりが薄暗くなって西の空を見ると明日からは好天になりそうな気配である。
P5170280.jpg
まだ、夕焼けには少し早い時間であるがすっきりと晴れている。
 同時刻に東を見るとまだ明るい。隣家の木蓮はもうすぐ終わりになりそうだ。
P5170285.jpg
 

秋田の情報は遅い?!

 今朝、配達された朝日新聞も秋田魁新報も1面は皇室の娘の結婚話。まったくなぁ。
 そんなことを思いながら滅多に見ることのないネットで購読している朝日の紙面を見たら、何と言うことでしょう。1面の記事が入れ替わっている。
ファイル 2017-05-17 17 34 32

 例の加計学園問題が1面でドーンと出ている。めでたい話は左下にあるのだ。素晴らしい。
 何しろ、森友アッキード問題よりも本丸は安倍友問題だとも言われていた。その内容が報じられた。それも『総理の意向』という大見出しである。
 これが疑獄でなくて何だろう。野党は国会で質問したらしい。それに対して湯沢の出身官房長官が「どこから出た文書か怪文書には応じない」ような話をしていた。
 まったくなぁ。証拠となるべき紙の記録や録音を持っている人たちを信用できない、自分たちは証拠となる紙を捨ててしまった。どっちを信用しますかって問題だ。
 当然、証拠となるべき資料を持っている方を信用するのが当然だろう。
 それはともかくとして、この問題は今アメリカのトランプがロシアとの疑惑を隠蔽しようとしてのに似ている。とにかくトランプは隠蔽しようとしている。しかし、アメリカのメディアは鋭い。どんどんと直球でトランプの疑惑に突っ込んでゆく。でも、日本のメディアはどうだろう。確かにアベシンゾーに寿司をご馳走になったとは思うが、あまりにユルいし弱い。国民の疑問に答えるようにツッコミをいれてくれ。
 まぁ、そのツッコミを避けようとして共謀罪を強行しようとしているのだろう。
 だが、そんな共謀罪よりもアベシンゾーの疑獄事件をしっかりと追及してもらいたい。国会の余計な議論は要らない。アベシンゾーを追い詰めるだけの追及をして退陣に追い込むのを期待したい。
 これだけのエラーがあるのに試合にならないのはお話にならないってことになる。頼むよ・・・・。せっかくおめでたい記事が1面に並んだんだから。それにしても秋田の情報は遅いのかなぁ。

そうそう秋田の恥ダメダ法相。「しっかり説明責任を果たす」と言っている。これって秋田弁ではバシコギヤローと言います。話になりません。


と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

     滝中野湯神台経て湯ノ又へそこが我が家の旧台林

共謀罪反対!

何と言うことでしょう。今日、職場から帰ったらオッカアが言う。
「塩釜がら魚とどいたど・・・」
「何っ(^o^)」
「酒ッこだなぁ」
「んだんだ」
と、言うわけで塩釜から届いた魚を肴に一杯やっていました。
まずはワタリガニ
DSC_0397.jpg
写真の一杯よりもデカイのもいる。そのデカイのを片付けた。味はさっぱりとして肉厚なのでいいですね。
しかし、カニにとりかかると酒っこが進まない。カニを食べるのに手間がかかるので酒を呑む暇がないのである。
そこでホウボウの煮付けに取りかかる。
DSC_0398.jpg
醤油で煮てもらったが白身でさっぱりとした味がこだられねーですね。

と、言うわけで先ほどまでウロウロするくらい呑んでしまいました。


テレビでは皇室の誰かが結婚するとかなんとかで大騒ぎ。そんなことどうでもいいと思う私は共謀罪で捕まるでしょうか?一人で思っているだけだからいいのかなぁ。でも、そんな個人的な考え方にも手を突っ込んでくるのがアベシンゾーたちがやろうとしている共謀罪。
「あの時、時代が変わった」
と、言われることが戦争法案の次ぎに起こりそうだ。オレには関係ネーと思っている人も多いだろう。そんな人が一番あぶないのである。それが昭和の治安維持法の歴史に記録されている。生きにくく世の中がせちがらくなる世の中が。
許せませんね。絶対反対だ。

本日のブログはこれにて終了です。

   個人的考え方まで踏み込んで捜査しようと共謀罪は
   許せない何も説明されてない治安維持法再来嫌だ

支持率ってのは変だぞ

残念なり

 今日はグリーンスタジアムよこてに野球を見に行った。カードは午前中に城南対増田の県大会代表決定戦。午後は秋田修英対角館の県南地区決勝戦。
 向かう途中も好天で菜の花がとてもきれいな場所がある。
P5150282.jpg
道路の上にある雲もいい感じです。

 ところが球場に着いたらまだ試合が始まっていない。グラウンド整備などで1時間半遅れとのこと。城南対増田の試合がようやくプレーボール。ところが2回表に増田が長短打にエラーを絡めて2点先取した段階で雨が強くなってきた。
P5150283.jpg
この写真を撮ったあとすぐに豪雨に・・・。
 試合中断。30分ほど待っていたが雨は一向に収まる気配がない。結局、雨でノーゲームとなり2試合とも明日に順延となった。明日は行けないなぁ。まことに残念なり。
 高校球児たちの健闘を祈ろう。

 その後、元の職場OMGにおよそ一年ぶりに寄ってみた。懐かしいメンバーたち何人かと再開できた。自分がここで6年間働いていたんだなぁと思ったのだが毎年毎年人事異動があり何年かすると知っている人たちは別な場所に移っているんだってことも実感してきた。
 職場ってのは「生物」そのものかもしれない。私たち人間も含めて生物は細胞がどんどん入れ替わっている。例えば人間の場合は60兆個の細胞でできていると言われる。その細胞が5~6年すれば全部入れ替わるらしい。私は存在しているのだが細胞は全部入れ替わる。職場は残るが働いている人たちは入れ替わってしまう。そんなことを考えたのであります。
 まぁ、それはともかくとして。Oさんは会ってすぐに
「呑むすべ」
「んだなぁ」
と、ボク。
今すぐにでも呑む雰囲気がとても嬉しい話だった。ありがたいですね。いつか一杯やろうゼ。


夕方のニュースを見ていたらアベシンゾー内閣の支持率を報じていた。
 支持する 51%(先月比 -2)
 支持しない 30%(先月比 +3)
とのこと。
支持の理由が
 ほかより良さそう 45%
 実行力がある 21%
 政策に期待もてる 13%
エーッこれって支持しているってことかよ?と一瞬疑問に思った。
だって実行力があると思っている人も、政策に期待がもてると思っている人もほとんどいない。ただあるのは「ほかより良さそう」だけである。支持しているんじゃなく「仕方なく・何となく」と言っているだけだ。と、思いますが・・・・。
NHKは「忖度」して安倍友・アッキード問題について言及していなかった。もしも、それについて訊いたら70~80%は納得できないになったはずだ。アベシンゾーは早く退陣してもらった方が日本はもっとよくなる。と、書いておこう。


本日のブログはこれにて終了です。

   家中にアジの干物の焼く臭い換気扇は回ってないの?

追記 今日の野鳥メモ

ウグイス(S)、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス、オオヨシキリ(S)、ケリ(だと思います)

柳家喬太郎落語会

喬太郎落語会へ

久しぶりに秋田の愛喬会主催の落語会へ行く。
アルヴェの多目的ホールでは初めての喬太郎師匠の落語だった。
DSC_0392.jpg

特別に今回の喬太郎落語会は昨日と今日の二日連続だった。だが、昨日は行けず今日だけ聴くことができた。

演目は二席。
1.「そば清」
ざる蕎麦を20枚も30枚も食べられる清兵衛さん。その能力を生かして大食いの賭けをして勝ち続ける。ところが食べきれない勝負を挑まれ…と、いう噺。蛇含草の話に似ている。
2.「三題噺」
昨日の落語会で「一人娘」「とかげ」「梅雨入り」の三題をお客さんからもらって喬太郎師匠が噺を創り披露するという趣向。
この三つのワードをどう結びつけるかが今日の演し物。。
噺は、一度別れたカップルの再会の物語にしあがっていた。言葉の勘違いをネタにして噺をまとめていた。ネタバラシにならない程度に書くと。例えば「とかげ」が「木かげ」。「光と影」の言葉の遊びなどですね。

そして、色物として三遊亭二楽の紙切り芸。新しい趣向で切り紙をストーリーをもたせて切り絵風にして音楽(明日がある・涙そうそう)に合わせてオーバーヘッドプロジェクターに映し出した。民話風で悪くないじゃんと思ったりした。
寄席に色物は欠かせません。

久しぶりの落語会良かった良かった。


大曲野球場へ

県南野球大会の敗者復活戦。城南対大農戦を観戦に。
球場の周りには牡丹桜の花びらがタイルのように積みかさなっていた。
DSC_0389.jpg
試合終了後に大曲球場の坂道を徒歩で歩いて下っていたら農業科学博物館の森が見える。
DSC_0391.jpg

明日は県南地区の第7代表決定戦と、秋田修英対角館の決勝戦がおこなわれる。行ってみようかなぁと少しそわそわしている。


今日の野鳥メモ

スズメ、ハシブトガラス、カワラヒワ、カモメ類(種類は?)、ムクドリ、アオゲラ(S)

本日のブログはこれにて終了です。

記事『森友問題 深まる謎』

野鳥の会写真展

 今日は秋田市へ。
 文学資料館で短歌会の勉強会があった。何と言うことでしょう。資料館の窓口で元の同僚の方とお会いした。今はここに転勤されたとのこと。
 私の母と同姓同名の人である。久しぶりにいろいろな話をして今日はラッキーだった。

 で、短歌の仲間に日本野鳥の会の会員の方がいて
「今日まで秋田の野鳥写真展をやってます」
「久しぶりに行ってみるかなぁ」
「ぜひ」
と、いうわけでちょっと寄ってみた。
DSC_0385.jpg
会場では野鳥の会秋田県支部の支部長さんにも何十年ぶりかでお会いした。

 あらためて感じたのは野鳥の未来は人間の未来につながるってことですね。つまり「Today Birds Tommorow Man」ってことです。何だか今日は久しぶりに会った人が二人もいて良い日だった。


森友問題朝日新聞全紙面に

 今朝の朝日新聞を見て「オーッ」と驚いた。森友問題が全紙面で疑惑や疑問点が『森友問題 深まる謎』として詳細に述べられている。
ファイル 2017-05-13 17 13 45

 これを読みながら感じたことを簡単に言えは「関与があってもなくても(ヨメのアッキードが関係あるのだが・・・)アベシンゾーは自分の(関与があったら書証も議員もやめますよ)と発言したとおりにやめてしまえ」である。まったく無責任男はお話にならないってことだ。植木等役の無責任男の方がよっぽど潔い。


今日の野鳥メモ
ウグイス(S)、ハシブトガラス、スズメ、ムクドリ、アオゲラ(S)
こんなもんだったなぁ。

本日のブログはこれにて終了です。

   歯ブラシをくわえモゴモゴ指示するのやめてくれない間抜けているよ

『明日なき世界』のメッセージ

散歩道

 今日は南外公民館で会合があったので散歩がてらカメラをかついでフラリと。道端に一斉に花咲いた草花が色とりどりに咲いている。
Marge001_201705122025082a0.jpg
 今の時期は黄色の花が目立つ。そんな中で道路の片隅には紫色のラベンダーが咲いている。どこからか紛れ込んで忌憚のだろう。黄色系はタンポポと菜の花。タンポポはすでに綿毛になっている。この綿毛のタンポポを見つけると、とわちゃんはすぐにプチッと千切ってフーッと綿毛を飛ばす。そして近所の家には真っ赤なボケの花が満開である。
 湯ノ又にある観音様の近くを歩いていると数匹の物体が目の前をヒラヒラと舞っている。ヒラヒラの様子は何となくカゲロウの感じだ。草の上にとまったのを見るとイトトンボである。今の時期に出現する種類なんだろう。
 そして、村の周囲は緑のグラデーションがどんどん深緑色にそまりつつある。初夏ってことなんでしょう。
 この時期の散歩は悪くない。6833歩なり。


今日、刈和野駅の近くを通ったら変わった車両がある。
P5120291.jpg
塩釜のお父さんに訊ねれば一番よくわかるのだが、おそらくJRの電気系統などを調べる検査車両だと勝手に推測。


忌野清志郎のメッセージ

 現代の日本を覆っている状況をRCサクセションの今は亡き忌野清志郎が強烈に歌っている。原発、戦争などを告発する歌を『カバーズ』で発信した。カバーズというくらいだから海外の数々のヒット曲を日本語にしてアルバムにしたのである。
 ところが、このアルバムの中で「ラヴ・ミー・テンダー」と「サマータイム・ブルース」は核問題と原子力発電の問題が歌われており所属する東芝EMIからは発売中止となったいわくつきのアルバムでもある。
 あらためて車で聴いてみた。30年ほど前に作られたアルバムは今の時代を見事に言い当てているような感じがする。その中で『明日なき世界』の歌詞の2番と3番をコピーした。

   感じねえかよこの嫌な感じを
   一度くらいはTVで見ただろ
   ボタンが押されりやそれで終りさ
   逃げ出す瑕もありやしねえ
   見ろよそこの若いのよく見てみろよ
   びくびくするのも当り前さ

   奴らは俺がおかしいと言う
   でも本当のことはまげられやしねえ
   政治家はいつもゴマカシばかり
   法律で真実は隠せやしねえ
   そりゃデモをするだけで
   平和がくるなんて甘い夢など見ちゃいねえさ

まったく、時代は変わらないと言うか政治家のトンデモなさが浮き彫りになってきている。忌野清志郎はすごい。


秋田県高校野球地区大会の結果

秋田県高野連のHPに詳しく掲載されているので左のオレンジ部分をクリックして確認してください。


本日のブログはこれにて終了です。

   物渡台西板戸(にしたど)揚土(あげぢ)田屋高野赤平金屋湯ノ又我が家


追記
今日の野鳥メモ
ウグイス(S)、カワラヒワ、アオゲラ(S)、ホオジロ、スズメ、ツバメ、カワラヒワ、アオゲラ、ハクセキレイ
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR