リベラルを埋没させるな!

大荒れの中で運動会

わかちゃんの通う保育園で運動会。
今週の月曜日からわかちゃんは
「ジジ、もう五つ寝ると運動会だよ」
「ンダガァ、いいなぁ」
こんな会話をしていた。
 ところが何と言うことでしょう。天は味方しなかった。こんなに楽しみにしていた運動会が雷も鳴ったりして大荒れでしかも寒い。そこで開催は体育館。それでもジジバカも行ってみました。一生懸命に頑張る成長した姿をみると何だかウルウルするのであります。
P9300293.jpg
近頃はいろいろな場面でも緊張しなくなってきたようだ。
 応援に来ていたとわちゃんもついでに一枚。
P9300294-1.jpg

子どもたちが一生懸命に走ったり舞ったりするのはいいですねぇ。今日は自分としては一日運動会で盛り上がっていた。


民進党よこうなれば合流を白紙撤回だべ

 まったく前原と言う男は最悪だ。自分たちの身内を「売る」のである。バカヤロー。何しろ、リベラルな考え方の候補予定者を「排除」するというのである。
今朝の日刊ゲンダイに下のような記事が出ている。
『民進のリベラル議員は結集せよ』
そして、見出しは次のようになっている。
ファイル 2017-09-30 22 14 35
記事の内容を少しピックアップしてみる。

『こうなったらリベラル派は総決起すべきだ。民進党のリベラル議員も、このまま小池知事に公認されることを待っていても、どうせ排除されるだけである。「全員を受け入れるということはサラサラない」などとエラソーな口を叩いている小池知事に、これ以上、ピクピクする必要はない。コケにされるくらいなら、こちらから絶禄状を叩きつけて、自分たちで選挙戦を戦った方がよほど生き残る可能性があるというものだ。
  (中略)
 民進党のリベラルな議員が50人で新党を結成すれば、学者や文化人、市民団体、シールズのような学生も結集するはずである。
「冷戦後、日本の政治は右へ、右へと動いてきた。もし、リベラル勢力が一掃され、安倍自民と小池希望の2大政党になったら、日本の右傾化は急速に進んでしまうでしょう。歯止めをかけるためにも、リベラル勢力は結集すべきです」(本渾二郎氏)
 まんまと民進党を乗っ取った小池知事は、総選挙に出馬し一気に総理大臣にまで上り詰める野望を抱いている。10・22は、小池知事を総理にするための選挙となりかねない。「安倍首相か、小池首相か」という構図は、最悪の選挙戦である』

その通りである。
 心あるリベラルならばこの記事のように「腹をくくって」もらいたい。それが政治家としての矜恃だとボクは思う。自民党や希(絶)望の党などに決別して日本の右傾化にクサビをいれてくれ。
 そして、民進党の合流は白紙にして絶望の党に行きたい人間は離党せよ。くらいのことはやってくれよ。お願いですけれどね。


と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

    走り舞う子どもらの動き見ています忘れないでくれその真剣さ
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR