雁が飛んでゆきます

大綱の響

 「大綱の響」と書いて「つなのひびき」と読ませるようだ。2月10日に開催された刈和野綱引きを記念して毎年醸造されている日本酒である。大好きな先生からいただいた一本。
P2230289.jpg

 この酒の手引きを見ると次のように書かれています。

 麹菌は秋田今野商店のNo.5を使っていてオリゴ糖を多く作る能力があるとのこと。オリゴ糖は他の棟よりも甘さがスッと消えるので「大綱の響」は甘さが後に残らないようだ。
 酵母菌も秋田今野商店の吟醸酵母協会9号の亜種を使用とのこと。高い吟醸香を放つのが特徴であるとのこと。
 そして、原料米は「秋の精(秋田酒53号)」で、酒全体が吟醸酒のようなフルーティな吟醸香を放つ酒とある。

 で、それを一杯やりながら冬季五輪カーリング女子準決勝日本対韓国を見ています。なかなか苦戦中ですが・・・・。


お話にならないトランプ

 昨日のブログに書こうと思ったが少し書いておきます。
 先日フロリダの高校で銃の乱射事件があったことに対して犠牲になった高校の生徒や保護者が「銃規制」を求めたことに対してトランプの
「高校の銃の扱いに慣れた教師に銃を持たせて子どもたちを守らせればいい」
の言い方が最悪。
 まったくお話にならない。
 これがアメリカなんだろうなぁ。とんでもない教師が銃をもったらどうなるんだろう。そんな想像力が働かないのだろうかと思う。もっとも想像力が働けばこんなことは言わないのですけれど。
 
 ついでに書いておくが
 先日、青森の小川原湖に米軍の軍用機が燃料タンクを投げ入れた。油の汚染でシジミ漁など大きな被害を受けたのは言うまでもないが、それよりも大きな問題がある。
 それは日本の国土ならば事故があろうがなかろうが「好き勝手やる」ということだ。
おそらく彼らの言い方は
「日本人に被害のない場所に避難したり投棄してどんな問題がある」
「むしろ人命を大切にしたからお礼を言うべきだろう」
こんな気持ちが見え透いている。
 先日、更迭された防衛副大臣が米軍のヘリが墜落したときに話した
「それで何人死んだの?」
と同じ理屈なのだ。 

 日米委安保条約と日米地位協定がなくならない限り日本は永久にアメリカの属国であり植民地である。そして、それを追認して国民なんか何も顧みずに自らの利権を貪るのが日本の政権であると書いておきます。
 もっともそんな人たちを選んでいるのも日本国民であるのも確かですけれどね。そして、政権を選択できるのも国民ですからあきらめてはいけませんね。


昨日と今日我が家の上空を100羽を超える雁が北に飛んでいった。秘やかな羽音を響かせコァーコォーという声をかけながら北に向かっていった。野生の本能が季節の変わり目を感じているんでしょうね。カメラを持っていなかったので写真は獲れなかったのが残念。
今日は-10℃くらい。仕事がなかったのでオッカアと二人で無線部屋の雪おろし。溜まった雪の山から見た景色。すでに我が家の二階まで届いている。
2327.jpg

夕方から雷がゴロゴロと鳴り始めた。湿った雪が一時間ほどで10㎝以上積もった。明日も除雪です。まったく・・・。

なんだかいつも通りに支離滅裂になったが本日のブログはこれにて終了です。

    コァーコォーと鳴き声響く上空を雁は北へと二月二十日に
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR