すごいです金農甲子園準優勝!

歴史を作ったと思います

P8220322.jpg
 金農は決勝で大阪桐蔭に13-2で負けた。しかし、金農の試合は間違いなく秋田県に一つの歴史を作ったし高校野球の流れに強烈なインパクトを与えたと思う。
 そのインパクトに関しては誰もが納得できると思うので特に書かないが金農の闘いぶりは素晴らしいの一言。

 そして、吉田君をリリーフした打川君のお父さんの同級生たち四人(ボクのクラスだったメンバー)が金農が決勝に進んだことと同級生の息子が出ているってことで急遽甲子園に弾丸応援ツアーに行ったのである。もともと鉄砲玉みたいな連中だったが今回は応援後にしっかりと戻ってきたと思う。甲子園に着いた彼ら(彼女も一人いたかも・・・)からグループラインで送られてきた入場券である。
S__27803651.jpg
その心意気がとてもいいゼ。と、思っている。


暑かったぁ

 今日は車載の温度計が一時34℃を示していた。それだけ暑い一日だった。夕方には雷もなったりして一瞬荒れ模様かなとおもったがパラパラッと雨が降っただけで突風などはなかった。
 そのかわりと言えば????と思うが午後7時過ぎに蒸し暑さにつられたのか小さなハネ蟻が大発生して家の明かりに向かって襲来。網戸があるので家の中までは入ってこないが年に一度の大発生かもしれない。

 朝、職場に向かう途中で飛行物体が田んぼの上を飛んでいる。田んぼの消毒をしている大型のラジコンヘリである。
P8210322.jpg
 軽トラックでヘリと産婦用(アリャリャ変換ミスである。これじゃあヘリに積まれませんね。訂正します)散布用の農薬を運んできて一人でオペレートしているようだ。

 これぐらいの飛行物体ならばいいなぁと思う。
 ところで昨日、我が家の頭上を通過していったオスプレイのことはどこにも出ていない。写真を撮れなかったのがかえすがえすも残念である。それとも秋田県の住民はオスプレイなんか興味がないのかなぁ。
 もしかしたら、新屋に配備されると言われるイージスアショアの配備にも興味がないのかもしれないと少し心配である。人は自分に直接関係がなければ知らんふりをする。そんなものかもしれないが・・・・。

 そう言えば昨日の秋田魁新報の一面トップに『福島第一原発汚染水浄化 トリチウム以外も残留 一部は基準超え』と報じている。
IMG_2326.jpg

 要するに福島第一原発では「汚染水は浄化されている」、アベシンゾーの言葉を借りると「アンダーコントロール下にある」ってことを言ってきた。ところがトリチウム以外の放射性汚染物質が除去しきれないで残留しているってことだ。中には半減期が1500万年を超える物質まであるらしい。
 つまり、東電もアベシンゾーも嘘をついているってことだ。
 東電は企業としての責任。アベシンゾーは総理としての責任。さらに言えば「嘘をついて東京五輪をよんだ」ことの責任を取らなければいけないのだ。そのことをこの記事を言っているのだが彼らは知らんふりをするのだろう。
 アベシンゾーもトランプみたいに「フェイクニュースだ、そんな新聞は潰してやる」なんて言う可能性が高いなぁと思ってしまうのが恐いぞ。

なんだか暑かったという話題から例によって話がずれてしまったが本日はこれにてブログは終了します。

    憲法を詩にしようとの試みがあるらしいです「いいね」押したい

我が家の上空オスプレイ二機が飛んで行く!

金農決勝へ!

 甲子園準決勝。金足農は日大三高に2-1で勝利して秋田県の高校で103年ぶりに決勝に進出した。第1回大会で秋田中(現秋田高)そして第100回大会で金足農と節目の大会で決勝に秋田県チームが進出するのは奇跡のようなものである。
 明日は大阪桐蔭との決勝戦である。テレビ観戦で応援できるかなぁ。
 正直に書くとただ一つだけ嫌なことがある。それは応援団の応援歌がYGの歌である点だ。これだけは申し訳ないが聴いているとイライラしてしまう。場所は甲子園だろうと思うのだが・・・・
 ま、それは置いといて金農ナインの健闘を期待しよう。


うろこ雲

 今朝、二日酔いで起きたら空にはうろこ雲。
P8200324.jpg
ウーム、秋の訪れかなぁと思っていたら日中は気温が上がり30℃くらいまで上昇。
 まだまだ秋の訪れは先のことになりそうだ。


恐いなぁオスプレイが来たぁー

 午後5時9分頃のことである。我が家の上空でものすごい重低音の轟音が響いた。あばら家を震度1程度の揺れが襲ってくるような感じだ。
 ちょうど来ていた孫のとわちゃんとわかちゃんが「恐い、恐い」と驚いて外に飛び出すほどのとんでもない轟音である。
 慌てて外に出てみたら何と言うことでしょう。
 二機のオスプレイが我が家の上空付近を北東に向かってドドドドドドドとものすごい音をたてて飛んでゆくのである。
「アッ、オスプレイだ!」
「ジジ、オスプレイってなに?」
「それはトンデモない飛行機だ」
「・・・・」
 それにしてもビックリである。残念ながら写真に撮れなかったのであるが秋田県それも我が家の上空をオスプレイが飛んでゆくのである。沖縄など基地のある場所では連日しかも長時間こんな感じの轟音と振動が発生しているのかと思うと、オスプレイのような役立たずの危険な事故の多い飛行機なんか日本から出て行けっ!と心から願う。


イージスアショア配備反対

 オスプレイが飛来したのであるが、もしかしたらアベシンゾー政権が秋田市の新屋に配備するとしているイージスアショア配備の露払いかと思ったのだが・・・

 魁新報にはお盆からイージスアショア配備に関する記事が連載された。
『問う、陸上イージス』としてシリーズで5回掲載された。
IMG_3405.jpg
Marge001_201808182137448c4.jpg
『【住宅近接】安全確保、確証得られず』
『【対北朝鮮】政府の「矛盾」、不信招く』
『【海自の警戒乗務】「負担転嫁」怒る住民』
『【導入費用】見積もりから大幅増』
 そして、終戦記念日の8月15日の社説にも『終戦から73年 地上イージスは必要か』として配備反対の意見を掲載している。
IMG_3404.jpg

 結論だけ書いておくが、地上イージスの配備には反対である。

本日のブログはこれにて終了です。

    嘘でしょう!我が家の頭上をオスプレイ轟音響かせ二機飛んで行く

楢岡短歌会の短歌大会

 相変わらず過ごしやすい気温になった。今日は南外に60年近くになる短歌会『楢岡』の歌会。出かけました。
P8190325.jpg
出席者は7名
 でも、話は面白かったなぁ。短歌や村のことなどの情報交換が何よりも楽しい。もちろん短歌についてもいろいろと勉強になる。そして、昼からは懇親会。
 一人で呑んで一人で余計なことをしゃべって間違いなく明日は自己嫌悪になるなぁと思いながら楽しい時間を過ごしました。

 本日は酔っ払ってこれにて生存証明です。

金足農甲子園ベスト4!

見事な2ランスクイズ

 甲子園の金足農。すごいですね。1点リードされていた9回裏にノーアウト満塁から2ランスクイズで逆転サヨナラ勝ち。信じられません。甲子園で2ランスクイズが見られるとは・・・・。4X-3でベスト4に。
 その昔、野球部の顧問をはじめた頃。相手チームに何回も2ランスクイズを仕掛けられてまんまと2点を奪取されたことを思い出す。
 その当時はテレビでやっている『チコちゃんに叱られる!』ではありませんが
「ボーッとしてんじゃねーよ」
と言いたいくらいだったが、それが何と言うことでしょう甲子園で金足農業が見事に成功。たいしたもんだなぁ。

 当然、金足農は農業高校。公立でしかも全員が地元出身でしかも農業高校が甲子園ベスト4。何だかいいなぁ。ボクも農業高校でも18年間勤めたので妙にシンパシーを感じる。出身も農学部だしね。
 今朝の秋田魁新報に『農業高校躍進「励み」』の記事が掲載された。
IMG_3411.jpg
この記事の中に55年前に大曲農業高校でセンバツに出場した我が同級生の高橋茂君の談話が載っている。
『1963年春の選抜大会に大曲農のエースとして出場した美郷町の高橋茂さんは、経営する縫製会社でラジオ中継に聞き入った。「さすが農業高校という底力をみせてくれた。うれしくてしょうがない。日本の基幹産業を大事にしろって選手たちがアピールしてくれてるんだ』
なるほど、かなり気合いが入ってる。その通りだ。アベシンゾーしっかりしろ。

 ライングループでは我が教え子たちがクラスメートの子供が金足農の選手で4番サードとして出ているので我が子の活躍を祈るようにハラハラドキドキとにぎやかである。
 農業高校出身の血が騒ぐのかもしれない。そのうち一杯やろうゼという話もグループラインには出ている。ボクにたかっちゃアカンゼヨとの投稿もありありがたいことだ。
 と、言うわけでエガッタエガッタ。


涼しさを通り越して若干肌寒い状況。昨夜は何だか寒くて寝付かれない。仕方がないので毛布を一枚引っ張り出した。外に出て見ると今回の寒さで桜の葉っぱの一部が赤くなっている。
DSC_0686.jpg
着実に秋ってことでしょうね。


地上イージスやアベシンゾーの「よったらねさ(役に立たないこと)」について書こうと思いましたが夕方から一杯やっていたので本日はこれにてブログは終わりです。

    何とまあワガママだなと苦笑いちょっと涼しきゃ毛布出すオレ

失われた『自由』は戻らない

まずは金足農から

 今日の甲子園。横浜高校と対戦した金足農業。何と言うことでしょう。奇跡とも言うべき逆転で勝利でベスト8。エガッタナァ。金足農の一人の選手のお父さんがかつての教え子である。
 だからクラスのメンバーのグループラインが試合展開につれてにぎやかである。全員、我がことのように応援で盛り上がっている。時々、父親が出てくるのが微笑ましいのである。
 エガッタエガッタ。


涼しい一日

 何だか寝ているときに寒くて目覚めてしまった。涼しいよりも寒いくらい。日中も湿度もなく爽やかな一日だった。
P8170323.jpg
またまた登場の向かいの家の百日紅。真っ赤な花が空に映えていた。


『脱出記』

 本棚を見ていたら10年以上前に読んだ『脱出記』を見つけてもう一度読んで見ようと思い引っ張り出した。
WS000063.jpg
 1941年。ロシアの極寒の地シベリアの収容所から脱獄しシベリア→モンゴル→ゴビ砂漠→チベット→ヒマラヤ→インドと約1年を脱出逃亡の旅を続けた7人のノンフィクションである。
 第2次大戦後の1956年に脱出したポーランドの兵士スラヴォミール・ラウィッツの追想記である。それが初版から50年後の2005年に再販されて大評判になった。その時に購入して読んでいた。
 しかし、あらためて読んで見ると内容はほとんど忘れていますねぇ。あらためて読んでみたが面白さを再認識した。と、言うよりもすごい人たちがいたなぁと感心した。
 脱出記のあと書きに語っているスラヴォミール・ラウィッツの言葉をコピーしたい。

『何よりも大事なことは、自由は酸素のように大切だ、心底から感じることである。自由はいったん失われたら、それを取り戻すのが困難だという事実を、本書を読んで思い出していただけたならこれに勝る喜びはない』

 今、日本には自由があるのだろうか。自由は少しずつ制限されているような気がしてならない。特に新聞やテレビなどの報道に自由さがあるのだろうか。
 例えば、国会でも取り上げられたが12年ほど前。アベシンゾー事務所が山口県の市長選挙で自分の陣営の候補者を当選させるために選挙妨害をした。その依頼した相手が謝礼が足りないということでアベシンゾー宅に火焔瓶を投げ込んだこと。これなどは全く報じられていない。この前の国会でも取り上げられたが新聞もテレビも知らんふり。反社会的な人とのつきあいが現日本の総理がおこなっていたのだ。それをマスコミは全く伝えない。
 こんな例は山ほどある。マスコミはアベシンゾーの広報部隊となっていると言えるのだ。つまり、国民が知りたいと言う自由、あるいは報じようとする自由を制限されているのだと思う。そりゃあサンケーのように応援新聞はそれでもいい。だが、そうでない新聞やテレビはもっともっと追及すべきだと思うのだが・・・・。

 今日、ネットを見ていたら次のような言葉を見つけた。
『新聞のない政府か、政府のない新聞のどちらかを選ぶかと問われたとき。アメリカ独立宣言を起草したトマス・ジェファーソンは、後者を選んだ。政府より新聞。言論の自由を何よりも重要視した』
そうである。
 アメリカの400以上の新聞社がトランプ大統領がいう「フェイクニュース」ということに対して「そんなことはない」と一斉に社説を掲載したというのだ。アメリカはそれだけ自由を大切にしていることを示していると思う。

 今の日本は自由だと思っているうちに不自由にさせられている。いわゆる「ゆでガエル」状況かもしれない。『脱出記』を読んで「自由」を失うことの恐ろしさをあらためて考えたのであります。
 だから「自由」を標榜している自由民主党を支持している人たちに問いたい。あなたたちは本当に「自由」を大切にしていますか?と。
 まぁ、とりあえずアベシンゾーにやめてもらえば「自由」のためには一番いいのですけれどね。

 と、言うわけで本日もブツブツと支離滅裂に書いてしまいました。自由を求めてこれにてブログは終了です。

    危険だねもらった焼酎『海童』はグビリグビリと海が見えそう

『村を守る不思議な神様』

なんとまぁ!

 先日、大曲(本店の社長はシャバと言いますが)に行って久しぶりに平山書店に寄った。注文している本や雑誌類を受け取るついで平台を見ると「オヤッ」と思う冊子が置かれている。
IMG_0002_20180816201804c32.jpg
 秋田県内に見られる道祖神、塞ノ神、鹿島様などを取材したものである。『秋田人形道祖神プロジェクト』から発行された一冊。もちろん物好きなボクは購入してきた。
 これをパラパラと見ていたら何と言うことでしょう我が南外村の荒沢地区にある「ショウキサマ(鍾馗様)」が紹介されている。「ショウキサマ」はいわゆる魔除けであるらしい。
IMG_0003.jpg
 ボクの弟分とも言えるRLUがいるので何十回も荒沢には遊びに行っている。しかし、この「ショウキサマ」をじっくり見たことがない。そこでスーパーカブを走らせて見物に出かけた。下荒沢のショウキサマはすぐに見つかった。
P8150326.jpg
ウーム・・・・立派じゃのお。負けました・・・・
 写真の左側にある祠の中を見るとショウキサマのお面がこっちを睨んでいる。
P8150327.jpg
ていねいにお参りをして2㎞ほど奧にあると言われる「女のショウキサマ」の祠を探しに向かった。
 ところがなかなか見つからない。アレッと思ったらM君の家の隣にあった。
P8150328.jpg
祠の中を見てもあまりよくわからない。おそらくご本尊はワラの中に隠れているのかもしれない。そんなもんじゃろうと思いながらお参りをして引き下がってきた。

帰り道、偶然RLUと会ったので少し話した。
「ショウキサマに行ってみたよ」
「アー、男の方は地域の下の方で管理しているよ」
「ホー」
「女の方は地域の上の方で掃除をしたりしている」
「なるほど」
「なんとまぁ好きダンスナ」
「ンダ、物好きだがらなぁ」
二人でエヘヘヘと笑って、そのうち一杯やるべと別れた。

 と、言うわけで「村を守る不思議な神様」の一つを見てきた。昨日の同級会でそのことを話したらHAJIME君が
「村の中には、塞ノ神などまだまだあるよ」
とのこと。
 いつかスーパーカブを走らせて探してみようかなぁとちょっ思った次第。

 そうそう、このブログの2010年07月09日に大雄村で見た鹿島様の紹介をしていたことを思い出した。そこには福島の方から送っていただいた厄神様の写真もあるので気が向いたら見てください。
 そのうち色々な「不思議な神様」を見に行ってみようかなぁと思っている。

 この冊子はなかなか面白い。秋田県内(大館雪沢、二ツ井、山内、湯沢岩崎、南外~保呂羽山、皆瀬、能代鶴形)のいろいろな守り神を紹介している。1300円也はお買い得と書いておこう。


沖縄。辺野古の埋め立てのために土砂の投入をとりあえずストップするとアベシンゾー政権が言っているらしい。沖縄県知事選があるので「さも、ストップする姿勢」を見せるのかもしれない。
しかし、どうなるかわからない。ネットを見ると土砂を満載した船が何艘も投入に向けてスタンバイしているとも言われる。あの人たちは住民のことなんか全く考慮しないとんでもない政治家たちだ。何があるかわからないのである。
よしんば、投入を一時停止しても知事選が終わって自民党公明党候補が当選したら当然土砂投入はやる。落選しても(強く願っているが)沖縄県民の意思表示を無視して投入するだろう。
要するに、土砂投入を一時停止するとしても単なる誤魔化しってことだ。
新潟県知事選でやった「原発再稼働の争点をぼかす方式」で勝てばやがて原発再稼働を画策する。こんなパターンのはず。
こんなことで沖縄県民はだまされるのだろうか。いや、だまされはしないだろう。何だか英語の構文みたいだが・・・
沖縄知事選注目したい。もちろん辺野古新基地造成は反対だ。


と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

    送り火の炎と煙まっすぐに帰って行った父・母・弟

最高の同級生だゼ

本日は写真のみで生存証明。
P8150338.jpg
酔っ払ってしまいました・・・

葛の花

二日酔い・・・

 昨夜、呑みすぎたので若干調子が悪い。いわゆる二日酔いってヤツでしょうか。家から出るのも嫌だし・・・。それでも繁茂しているクズの蔓の中に咲いている紫の花を一枚撮影してきた。
P8140323.jpg
今の時期、葛の葉は見事に色々な植物や物体を覆い尽くしている。 夏の終わりはこんな景色が広がってゆく。


追伸 プレセウス流星群

 昨夜、ブログを書いてから酒持参で家の前のコンクリートで寝っ転がって30分ほど空を見ていた。流星はなかなか流れてくれない。あきらめようなかぁと思った途端に水平にスーッと1つ流れた。
 そして、何と言うことでしょう。北極星の方向から東の方向に長くしかも太く尾を引く流星がスーッと流れた。
 そして気づいた。プレセウス流星群は長く尾を引く流星が見えるから、1時間に20~30個前後(もっと見えるかもしれないが・・・)の流星しか見えないが人気のあるってことに。
 旧暦のお盆の時期に見える流星群。なかなかのものである。


金足農業。大垣日大に6-3で勝利。エガッタねぇ。


本日のブログはこれにて終了です。お盆の疲れです・・・・

    長く尾を引いて流れるプレセウス流星一つ空を切り裂く

ペルセウス流星群

お盆です

 今日はとわちゃんとわかちゃんが来てくれてお墓参り。そして、ジジバカと親たちはほんの少し亡くなった人たちのことを考えて一杯。
 孫たちは迎え火の炎を火種にして線香花火。
P8130326.jpg

そして先日大曲にあるスーパーで買ってきた「非売品の酒」というのを皆で呑みました・・・。
DSC_0682.jpg
味ですか?日本最高のアルコール度数18%とのこと。呑みやすくしかも辛口ではない酒です。つまり呑みやすいってことですね。

さきほど、空を見上げたらカシオペアから尾を長くひいてゆく流星がスーッと流れていった。ムムッ、ペルセウス流星群である。その後、30分ほどで4個確認した。これから玄関前のコンクリートの上で一杯呑みながら寝っ転がって空を見上げます。ちょうどいい気温だし蚊もいないようだし・・・。楽しみ楽しみ。

と、言うわけで本日はこれにて終了です。

『安倍政権が不信任に足る7つの理由』

空には秋の雲が

 今日は30℃になったかならないくらいの気温。それでも暑い日ではある。空を見ると秋を思わせるすじ雲が出ている。
P8120322.jpg
蝉の鳴き声もガラガラとエゾゼミ(だと思う)の鳴き声が大きくなってきた。
 少しずつ秋に向かっていますが・・・・。


 2018年7月20日。国会はカジノ法案、参議院の定数増など国民の反対が多い法案を強行採決した。その国会で野党は内閣不信任案を提出。
 不信任案決議の賛成討論、つまりアベシンゾーはダメだってことで立憲民主党の枝野幸男代表がたった。
 そこでは3時間に及ぶ演説をおこなった。その内容が見事だったと言うことでその時の演説の内容がテキストにされて緊急出版され、それが届いた。
P8120323.jpg

 そのサブタイトルが『安倍政権が不信任に足る7つの理由』である。まだ、全部読んでいないが7つの理由を目次からピックアップしてみたい。

  1.高度プロフェショナル制度の強行
  2.カジノ法案の強行
  3.アベノミクスの失敗
  4.政治と社会のモラルを低下させるモリカケ問題
  5.ごまかしだらけの答弁。そして民主主義を無視した強行採決
  6.行き詰まる外交と混乱する安全保障政策
  7.官僚システムの崩壊

 まったく、その通りである。要するに嘘つきアベシンゾー内閣ということだ。これにプラスすれば「加計問題の欺瞞」もあげられると思う。
 すでに反社会的組織のように自民党総裁選で支持しなければいじめてやるぞ。と、言うような締め付けを自民党議員に押しつけている話も聞こえてくる。
  エッ?君は立憲民主党を支持しているのか?と訊かれると、現アベシンゾー政権に反対の立場の考え方をとる政党は基本的に支持すると言いたい。
 だからこそアベシンゾーには一刻も早くやめてもらうようにしなければ、やがて日本はとんでもないことになる。日本人よ目を覚まそうよ。と、書いておこう。要するにあきらめないことですね。

さっきまで見ていたNHKスペシャル『戦争孤児の闘い』は涙なしには見られなかった。これもアベシンゾーの爺様たちが引き起こした戦争が原因なのだ。
「戦争はありません、あるわけがないです」と言う時代ほど危ない時代はないと思う。ボクは刻一刻とそのあるわけがない時代の足音が聞こえてきているような気がしてならない。


本日のブログはこれにて終了です。

   あたり前そんなことさえできないの?それができたら苦労はせんよ
   一日中一歩も外に出ることもせずにひたすらワープロたたく
   空はもう秋のすじ雲かかってもエゾゼミの鳴く猛暑8月
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR