北海道震度7の激震

名前もしらないのですが

 職場のガラス窓にカッコいいなぁと思う蝶が張り付いている。
P9060336.jpg
何だろう?もう少し近づいて写そうと思ったら飛び去ってしまった。


心からお見舞いします

 今朝、起きたらテレビがにぎやかである。何だろうと思って注目したら北海道で震度6強の地震が起きたとのこと。その後、詳細に調べたら震度7が震源地であったとのこと。
 これによって北海道は全体が停電したとのこと。火力、水力両発電所とも発電できなくなったらしい。さらに泊原発は停止していたが燃料棒を冷却するための外部電源も10時間近く喪失したと聞く。緊急用のジーゼル発電機で何とか電源を確保したとのことだが原発の危なさを知らしめる結果になっている。 原発が稼働していなかったので全道停電になったなどという論調があるのを知って「バガでねーが」とラジオに向かって怒鳴ってしまった。

北海道の友人に電話したら最初は出なかった。数時間して彼から折り返し電話があった。
「大変だったなぁ」
「こっちはあまり地震そのものの被害はなかった」
「それはエガッタ」
「でも、電気が止まって信号がダメ」
「そうかぁ」
「仕事もできないので今日は休み」
「まずは気をつけて」
地震の直接的な被害はなかったとのことだがジワリと地震の後遺症は効いているようだ。
 
 7月の西日本での水害、先日の台風21号での関西地区での被害、そして今回の北海道大地震と連続で災害が続いている。この状況にアベシンゾーは「赤坂亭」とか「自分の仲間たちのテレビ番組」やら「ゴルフ」など遊びほうけてと言うよりも自民党の総裁選に必死になっている感じがしてならない。
 このような総理で日本はどうなるのか。もっと「ましな」「普通の」総理になってもらいたいと心から願っている。つまり、早くアベシンゾーよ辞めてくれってことです。

 いずれにしても関西地区、北海道など災害地区の方に心からお見舞いしたい。


話変わって、今朝(2018.9.6付)の秋田魁新報の広告欄を見て唖然とした。
IMG_3423.jpg
『月刊Hanada』とかいう雑誌の広告である。全面アベシンゾーのPRなのだ。
自民党は総裁選にあたって「公正な報道」をしてくれとマスコミに依頼したという。それがアベシンゾーの仲間の雑誌が大々的にこんな広告を出している。何が公正だと思ったのである。
アベシンゾーの広告塔とも言われる今日の読売新聞を確認したがこの雑誌の広告はない。産経新聞までは確認していないが・・・・。もしかすれば全国の地方紙にこの雑誌の広告が出されたのかもしれない。
この雑誌の名前は右翼的な内容でアベシンゾーの応援雑誌だと言うことは時々聞いたことがある。しかし、そんなに発行部数があると言う話は聞いていない。こんなに大々的に新聞広告を出す資金はどこから出てくるのか。そんなに潤沢に資金があるのだろうか。
それにしても日本の劣化はこの辺にもあるんだろうなぁ。と、朝から鬱々とした気持ちだった。
呑むしかありませんね。

本日のブログはこれにて終了です。

    大臣もペーペー以下の公務員もなべて憲法尊重せよと
    憲法を変えると豪語するヤツよ総理よそれは憲法違反
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR