「GO TO」はやめろ!

雪が近づいてきた

 朝、勤務先に向かう途中の南外村西板戸付近。近くの山々にも雪が降って白くなっている。
PB100367.jpg
里にもひたひたと雪が迫ってきましたねぇ。

 やはり、勤務に向かう途中。南外村田屋村の小川には二羽のサギがいた。
PB100365_2020111021484431d.jpg
一生懸命に餌を探している白鷺(チュウサギ)と、オラァ知らねーヨとそっぽを向いているアオサギである。
 もう少し走った場所では洪水対策で河川敷の大工事がおこなわれている。だからかもしれないがサギ類も小さな川に来て餌を探しているようだ。
 こっちも冬ですねぇ。


それにしても日本人は優しいなぁ。11月に入っていろいろな世論調査の結果が出ている。軒並みスガーリンの支持率が高い。
しかも、日本学術会議の任命拒否問題について「問題意識」を持っている人たちがとても少ない。へーッ?!と思っている。
で、気づくのはテレビを中心とするマスコミ報道が「任命拒否」をそれほど扱わないってことだ。むしろ、中国に協力しているだの、10億円が高いだのという「デマ、中傷」を蔓延させているのだ。それだけ徹底してデマ・中傷をスガーリングループが流しているからだろう。
国会では今後も日本学術会議問題は徹底的に追及してもらいたいと思っている。


COVID-19について北海道(ばかりじゃないが)の感染が日本中に増えている。東京以外の地域にコロナウイルスが満遍なくばらまかれているのはGO TOの政策のためだ。これは絶対に間違いない。
今、スガーリンのやるべきことはCOVID-19対策のためにひっ迫している業者を助けることだ。それも一部の大企業ではなく中小企業や零細企業を面倒をみなくてだめだ。GO TOをやったら確かに地方の零細企業にとって一時的にはいくらかは助かるだろう。
しかし、それは新型コロナウイルスを全国に広めるだけだ。
今になってみればアベシンゾーが思いつきでやった「学校も含めてすべてをおさえこむ」政策が何となく良かったような気もする。
だからこそ、政府は余計な金を使わず困っている(困る可能性のある)人たちにまわすべきなのだ。

官僚の助けを借りなくては答弁ができないような首相ではダメ。無為無策と言われても仕方がない。とっとと辞めてもらいたいと切に願っている。


本日はこれにて・・・。

  片付けはいつも、捨てるか残すのか、「もったいないって?」思い切ろうゼ
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR