レノン忌 12月8日

いやぁ、今日は素晴らしい天気だった。これぞ小春日和。南外村西板戸付近からは駒ヶ岳がよく見える。
EM5A0049_stitch.jpg
手前の雪が積もっている場所は雄物川の氾濫原とも言える草原である。
駒ヶ岳が小さいのでズームアップしてみよう。
EM5A0049_20231208174557c95.jpg
うすぼんやりしているが確かに駒ヶ岳の噴火口が見える。左後方には烏帽子岳(乳頭山)も薄らと見えている。4月まで勤めていた職場からは、もっと近くで雄大な山容が見えたことを思い出す。
こんな好天の中を秋田市の文学資料館での短歌の会に出かけた。母さんにも会えたし良かったなぁ。そんなわけで今日はとても楽しく過ごせた。
夕方からは雨模樣になったので、明日からはまたまたどんよりとした天候になるだろうなぁ。


今日のアマチュア無線

今朝の160mはまったくダメだった。呼ぶべき局もなくただボーッとしていた。昨夜もあまり状態は良くなかったような感じがする。ボクにとっての160mは辛抱の時期かもしれない。
ところで21MHzと7MHzでT32TT東キリバス島。「73が返って来ないのでやめた」と昨日書いた。ところが今日Logsearchを開いたらどちらも交信成立になっている。ウーム・・・。最近はこんなことがあるから油断できない。言い替えれば混乱を招いているってことなんだろうが。


今朝の朝日新聞1面を見て「アリャリャ」とビックリ。
朝日新聞は昨日まで首相のキシダメについて統一協会との接触を報じていたが今日は内閣スポークスマンの裏金疑惑である。連日、政権の大きな記事である。
松野
しかも、タイミングよく今日は衆参で予算委員会の集中審議がテレビ中継された。途中をチラッチラと見ていた。何とまぁキシダメ達は逃げること逃げること。
マツノの言い分は
「すでに捜査が入ってるので詳細の説明は差し控える」
ばっか。
つまり、悪いことをしたから捜査が入っていることだろう。と、突っ込まれてもビッキノツラサションベン状態。
これでも職務を続けさせるとキシダメが明言。なんてこった。捜査機関に取り調べられようとしている人間が政治の中枢にいる日本の非道さ加減が嘆かわしい。
こんな政治家たちは要らない!!!政権交代しかない。



『今日の短歌 WEB版』

   「この事件ジョンレノンのと同じなの?」レノンの方が僕にはつらい
                 伊藤寛雄『かりん 2022.10月号』より

実はこの短歌はボクの所属する短歌「かりん」の同人誌『かりん 2023.12月号』つまり、先日届いた会報に再掲載されていた1首である。
どうして、この歌が再掲載されたのか。それは「かりん」の年間展望として昨年の10月号から1年間の会員の歌から『それぞれの日常のあり方(Ⅱ欄)』特集の中に選ばれていたのである。
この展望を執筆した大橋謙次さんはこの歌について次のように書いている。
『面白い。素直に日常を詠んだ歌だと感じる。この歌は安倍元総理の銃撃事件を詠んだものだ。この時期には同じ題材で詠まれた歌が多くあるが、この歌では凶弾に倒れた安倍元総理の存在をあえて詠み込んでいない。非常に良い目線で詠まれている』
ありがたい歌評だなぁと感謝感謝。
今日は12月8日。ジョン・レノンが銃撃された日である。そして、あの忌まわしい太平洋戦争に無謀にも突入した日である。
どちらも「あってはならないことを記憶する日」として、たまたま選ばれたボクの1首をあげてみた。
ジョン・レノンの「IMAGIN」はもちろんだが、どれだけ平和を大切にしようとしていたかを忘れてはいけない。アベシンゾーの銃撃された日はすっかり忘却の彼方になったが・・・。


セロリー日記

セロリーはボクが履いている靴下が標的である。特に黒と灰色の靴下は「おそらくネズミ」に見えるのか攻撃してくる。その攻撃の時の様子。
EM5A0048_202312081745515fb.jpg
少し高い場所から足下目指してドンと飛び降りてくる。まったくなんてヤツだ。


本日これにて

  絶対に忘れちゃいけい日なのです十二月八日はレノン忌なりと
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR