ランドルト環

運転免許証更新・・・

すっかり忘れていたのだが運転免許証の更新時期が迫っていた。申請は誕生日よりも1ヶ月は遅くなってもいいようだが・・・。
当面、運転免許証の更新をしないと身動きがとれない。先日、八千円近くも払って「年寄り講習(認知症チェック等)」を終えた証明書もあるしムダになるしなぁ。そこで更新手続きに行くことに。
数年前までは秋田市の免許センターに行き即日交付してもらったが今は即日発行してもらうように慌てる必要はない。大曲の警察署で手続きをすればよい。そこで大曲警察署まで。
HORIZON_0001_BURST20240305113445448_COVER.jpg
新しい大曲署である。
受付が何とまぁIT機器である。運転免許証を機械に入れると即座に自分の必要書類が受付の人から手渡され、必要事項をチョコチョコッと書けば良いようになっていた。
そしてランドルト環(丸の上下左右が切れている環を呼ぶとのこと)の検査で環が大小2種類の大きさを「右」「左」「上」「下」とかを力を込めて言う。何も目の検査で力を入れなくても良いのだが「オレは見えるはずだ」とどうしても気合いが入ってしまう。でも、何とか見えるのは白内障の手術が効いているかもしれない。そして目の検査はOKだった。
そして年500円也の交通安全協会会員に登録(3年間で1500円)して免許証用の写真を撮影してもらい申請は終了。
すると係の女性が
「お変わりないですね」
「エッ??!!アーッ!」
何とまぁだいぶ前の話になるが部活で顧問をしていた頃のマネージャーの子だった。
2人で「その後」の世間話を少しして受付は終了。
もう一度、免許が交付された日に行くのだが講習もないので買い物ついでで問題なし。地元で申請するメリットは十二分にあるなぁと思った次第。
でも、警察署に入るのは「何にも悪いことをしていない」のに気持ちは良くない。いや、もしかしたら自分で気付かない悪いことをしているかもしれないゾ。


今日のアマチュア無線

今朝は雪も一段落し電波も出るようになった。
少し早めに起きて160mをウオッチ。しかし、これっと言うような入感はなかった。結局、一度も呼ばずに夜明けの時間に。
その後、7MHzに移って7Q6Mマラウイが見えている。未交信だったので呼んだがダメ・・・。7MHZも日の出が過ぎてかなり明るくなったので信号は弱くなってしまい終了。結局、今日は今のところ何も交信できず・・・。
そんなハートブレイクな1日になると思ったが航空便が一通届いた。中を開けてみたらSU1SKエジプトのカードがQSLマネージャーのN2OOから送られてきたものである。
03_0002_2024030416044194c.jpg
3バンドで交信しているが160mのコンファームが何と言っても嬉しい。
ただLoTWにはアップしてくれないとのことなのでJARLでチェックしてもらう必要がある。それが少し面倒と言えば面倒。
それでもDXCC-CWのニューワン(になるはず)のTO0Tサン・バルテミーもあるので一緒にJARLでフィールドチェックしてもらうことにしたい。

ところでJARLの前の理事長の不祥事がネットなどで騒がれている。
ボクもJARLの発表した前理事長(JG1なんとかという人らしい)のハンパでない飲食費の金額を見てビックリ。ボクは前理事長の頃はJARL会員をやめていた頃だったが再加入した最初の2~3年は彼が理事長だった。だからズーッとJARL会員だったボクの大先輩たちは前理事長の飲食代をかすめ取られていた可能性は大きいだろうなぁ。
まったくお話にならない。まるで自眠党の裏金感覚と言いますか。脱法行為と言いますか。ズルイと言いますか・・・。ミニ自眠党じゃん。
先頃のJARLの前理事長を辞めさせて体制が転換されたと聞く。このように日本の政権も変えなければと思った次第。


今日も参院予算委員会。テレビ中継をチラッチラッと見ているがキシダメは例によってダメ。
どっかで読んだが野党は必死になって質疑の資料を準備して政権あるいはキシダメ首相に質問している。しかし、首相は「しっかり」「検討」「真摯に」など決まり切った言葉しか発していない。要するに「やる気が無い」のだ
このような状態を「自眠党も自眠党だが受け皿になる野党がだらしない」などと論評するマスコミの訳知り顔のコメンテーターと言われる人間たちがいる。もう少し「野党の努力を評価しろよ」とボクはテレビに怒鳴りつけている。日本をこんな低空飛行の国にしたのは自眠党コーメー党であることをもっと言えよと・・・。
ま、そんなテレビに怒鳴りつけているのはボクのようなただの年寄りですけどね。「あ、すみません。ただの年寄りの人たちはもっと紳士的」でした。謝罪いたします。
でも、もう政権交代の「時」ですよ。


『今日の短歌 WEB版』

   だんだんに無感覚となる報道はウクライナからガザに移れど
           渡英子『朝日新聞 うたをよむ』から

朝日新聞(2024.3.3付)の『うたをよむ パレスチナの歌』というコラムを高良真実さんが書いている。そこには
「ガザでは人が殺されている。けれども、その気になれば報道から目を背けることもできてしまう」
と、して上の一首を紹介している。この一首は角川『短歌 2024.2月号』に掲載されているとのこと。
ウクライナもガザも何となく終わってしまったような気持ちになっているボクに気付かされる。どちらの戦争も終わっていないし悲惨な状態は続いている。いや、もっともっと悲惨な状態になっているはずだ。
どちらの戦争についても毎日のように反対の声を上げ続けている人たちがいる。頭の下がる思いである。せめてボクにできることは渡さんの短歌を読んで「忘れないこと、ダメだと言い続けること」だと心に落とし込むことだ。
ボク等の発行している『楢岡 373号(2024.1月号)』に書いたボクの十首詠『ガザ』から三首を引用しよう
  我が政府アメリカ様に言われたら国連決議棄権したとよ(=_=)
  八十年前の我らの日本とは今のガザなり すべて忘却?
  立つこともデモにも行けずできるのはポスター作る「STOP GENOCIDE in GAZA」


セロリー日記

セロリーが爪を研ぐためにダンボールを固めたものを使わせている。先日、ボロボロになったので新しいのを購入。早速、ガリガリやって爪研ぎをしていた。新しくて固いので爪がよく研げるようだ。
爪研ぎの後でペロペロやって自分の爪の研げ具合を確かめている。
HORIZON_0001_BURST20240305150011303_COVER.jpg
猫の行動を見ているとおもしろいもんですね。


本日はこれにて


  力込めランドルト環をみぎ・ひだり・うえ・した言うの妙に疲れる
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR