真の民主主義とは?


午前8時の空模様

 ネットでほぼリアルタイムで雲の様子を見ながら天気を予測することができる。午前8時頃の秋田県上空の雲の様子である。
 県南部上空は大きな雲がかかっていない。真ん中の写真が南外村湯ノ又から大向方向を見た風景である。東方向の景色だ。うっすらと日が当たっているのがわかる。
 そして、下の写真が雄物川の土手を自転車で走っている高校生。カメラのレンズは東側を見てシャッターを押している。何となく雲が薄くなっています。
 しかし、秋田県内ではあちこちでゲリラ豪雨が暴れ回った。

    ワイシャツに風たっぷりとはらませて走る自転車君に嫉妬を


隠蔽体質

 今朝(2011.7.28付)の朝日新聞に作家の高橋源一郎氏が『情報公開と対話』と題する記事を書いていた。まぁ、ボクのような読解力のない人間が読んでいるので内容の把握は的外れかもしれない。しかし、記事の内容はとても納得できる部分が多かった。

 高橋氏が記事の最初にとりあげたのは映画「100000万年後の安全」についてである。この映画はフィンランドの地下500メートルに建設されている放射性廃棄物の最終処分場についてのドキュメンタリーとのこと。
映画監督は建設に関する人々にインタビューする。本当に安全なのか。未来の人々にどう警告するつもりかと。この鋭い質問に,関係者たちは絶句し考え込み、彼らは最後に「自分のことば」で答えようとすると書いている。

 この内容を読んだ時に誰が書いた内容か忘れたがある新聞記事を思いだした。それは10万年後それは放射性同位体の半減期でありそれまで原子の危険性は続くという内容だった。
10万年後と言えば人間の一世代を仮りに長く見積もって100歳まで生きるとすれば1000代の代替わりがある。これは最小で計算してだ。
この気の遠くなる時間を「放射性廃棄物は危険です」と代々語り続けて行くことができるだろうか。と、いう問いだった。結果として原発の危険性は宗教として人間の脳に刷り込んで代々伝えてゆくしかない。こんな内容だった。
 妙に納得した。「危険だよ」という宗教ならば伝わる可能性はある。何だかタブーの場所に近づかない映画『猿の惑星』のような感じだ。現代の人間に突きつけられた大きな問題である。

 高橋氏は国策として原発推進をするフランスを取り上げている。
フランス国家代表は「100%の透明性ですべてを公表せよ。民主主義国家でなければ、いかなる国も原子力エネルギーを使うべきではない。私からみれば、民主主義は原子力エネルギーを使う必須条件です。原子力エネルギーは透明性を意味するからで、透明性がなければ民主主義国家ではありません」と発言していると言う。

 と、言うことはすべてに隠蔽体質の日本は民主主義国家ではなく,当然原子力エネルギーも使う権利も能力もないことになる。と高橋氏は書き、スローなどんなことでも話し合えるオープンな民主主義になれればいいなぁと話は進んでゆきます。

 先日、注文した『別冊宝島 日本を脅かす!原発の深い闇』が届いていた。この本の冒頭には「放射能の実態が隠されるカラクリ!」がある。3.11以降、隠されたことがいかに多いのかを知らされる。例えば「使用済み燃料プールはどこに消えたのか」すでに水素爆発で周辺に飛散してしまっているのではないか。例えば3.11後にチラッと出た「中性子」という言葉がまったく使われなくなってしまったこと。例えばホットスポットとよばれる拡散される場所を公開しなかったこと。などなどとにかく隠蔽工作がおこなわれている。と告発している。恐い話だ。

 ボクは日本は民主主義だなんて思っていなかったので妙に納得したのである。じゃあ日本て何だろうなぁと考えると前にも書いたが「行き当たりぱったり」「あたって砕けろ」「後は野となれ山となれ」主義だと思うのだ。
 民主党の馬淵なんとかと言う人が次期総理に意欲を見せているらしい。一昨日、彼はテレビ朝日のニュースステーションに登場した。ボクはその時に言った言葉にものすごく憤りを感じた。
 彼は原子力エネルギーを自然エネルギーに徐々に移行してゆく。しかし、50年や100年ではない。もっと長いスパンでやるべきだ。今、必要なのは現在稼働している原発の安全性を確かめながら確実に運転させてゆくことだ。と、言ったと思う。50年後や100年後の次代の人たちに借金を回そうということを言っているに等しい。やはり「後は野となれ山となれ」主義だなぁと感じてダメだこりゃあと腹が立ったのである。

 腹立ち紛れに書いているうちに字数がオーバーになってしまいました。この続きは次回にでも書きます。どうなる日本は。主権者はボクたち国民なんだけれど・・・・。
そうそう、今日から北東北インターハイがスタート。若者たちよがんばれ。これにて疲れ気味のブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR