夢であいましょう


暗雲たちこめて

 昨夜から待望の雨が少し降った。降れば降ったでわがままな人間のボクは湿っぽいとか何とか言ってしまう。それでも乾燥状態が少し解消されたのはホッとする。放射性物質は入っていないことを祈りたい。
 写真は南外村湯ノ又から湯神台方面を見た景色である。何だか暗い写真で申し訳ありません。


草創期の熱気が伝わります

 昨日、ブログに「夢であいましょう」についてコメントをPLさんからいただいた。テレビの草創期のことを思いだしておられた。ボクもだいぶ前の「夢であいましょう」のCDブックを買っていた。ガラクタの入っている本棚を探したら何と言うことでしょう。発見できまたのです。
 奥付を見たら主婦の友社が平成2年5月8日に発行している。主婦の友社って今でもあるんだろうか。それはともかくとして、この中に永六輔氏が「夢であいましょう」の放送を『学校のような雰囲気の中でみんな無我夢中だったあのころ』の談話を載せている。少しダイジェストしたい。

『「夢であいましょう」は従来日本人が楽しんできたあるゆり芸能の要素を取り入れるバラエティー・ショーをテレビという未知の世界で作ってみたいと思ったわけです。しかし、テレビがどうなるのかなんてまだまだ雲をつかむような話だったのも事実です。(中略)いつもそうですが、当時もテレビ・カメラをはじめ、スタジオ全般の技術的な部分が、いつも先行していましたね。現実に人間が頭の中で考えるよりも先にハードのほうがどんどん前へ進んでしまう。出演者やスタッフは技術が進んでいくのとは全く別の次元でわいわいやってるのが現状なんですね。
 テレビの初期の時代は、それがもっと顕著だったわけです。つまり、カメラをこうしたいと言っても「そうはいきません」。ライトをこうしたいと言っても「そうはいきません」というわけで、こちらは技術陣に従いながらやらなきゃいけない状況でしたからね。しかも生放送でしたから。
 もっとはっきり言ったら,当時の制作者も出演者も、だれ一人としてテレビがどうして映るのかを知っている人いなかったと思います。そんな状況で始まっちゃっていますから、当時はとにかく機械とどう闘っていくか・・・・闘うという言葉が悪ければ、スタジオの中にある機械をどう使いこなすか、ということで精一杯でした。だからその先にどういうものを作ろうとかじゃなくて、いま現実にスタジオの中で、カメラがそこまでしか動かない、ライトがこれしかない、セットが足りない。衣装がえの時間が云々という現場の処理に終われていました』

 時代の先端技術のテレビ現場の空気が伝わってくるような感じがする。その現場に大先輩のPLさんはテレビカメラと格闘していたんだなぁと感慨を新たにした。

 そして、このCDブックには「夢であいましょう」で放送されて、その後ヒットした曲がおさめられている。PLさんが懐かしいとコメントに書いてくださっている北島三郎の「帰ろかな」も入っていた。

 曲名をピックアップ。

  夢であいましょう(東京混声合唱団)
  誰も知らない(高英男)
  上を向いて歩こう(坂本九)
  ブルージン・ブルース(弘田三枝子)
  青空を抱きしめよう(森山加代子)
  風に歌おう(水原弘)
  遠くに行きたい(ジェリー藤尾)
  いつもの小道で(田辺靖雄・梓みちよ)
  おさななじみ(デューク・エイセス)
  こんにちは赤ちゃん(梓みちよ)
  ウエディング・ドレス(九重佑三子)
  娘よ(増田喜頓)
  帰ろかな(北島三郎)
  モンキー・ボン・ダンス(城山吉之助)
  夢であいましょう(坂本スミ子)

 ウーム、ほとんど知っているぞ。それだけ番組を見ていたことになるんだろうなぁ。

 ところで「上を向いて歩こう」を初めて聴いたのが8月頃だったと思っていたのはどうも10月だったようだ。通常、今月の歌は1ヶ月4回放映されるのだが「上を向いて歩こう」は異例の2ヶ月オンエアーだったとこの本を読んで知った。

 と、言うことはボクが先輩の家に泊まったのは少し寒くなってからのことだ。何があったんだろう。また謎が出てきた。もっとも半世紀も前のことなんか思い出せません。歌は思い出すが記憶は無理です。


今日は県内のあちこちでゲリラ豪雨の様子だった。我が職場のグラウンドも二日連続水浸しのこと。本日のブログはこれにて終了です。

   乾く日々大雨警報解除されちょっと安心少し残念

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR