望雲の情


大反省会

 いやーっ楽しかった。横手の「平利」という店で一学期の間一緒に仕事した仲間たちの反省会があった。これまでの色々なできごとを話しながら冷やの日本酒をグイッと。

 そして、例の「イタイワニー」が大活躍。新しく購入したワニーは貫禄がない。すぐにガシャッと口を閉めてしまうのだ。それでも絶対に語れない「あんなことや、こんなこと」を引き出すワニ-の技は凄腕です。
 と、言うわけで本日は二日酔い。まったく・・・・。

 写真に写っている皆にはブログ掲載を許可してもらいました。とてもいい笑顔です。さすが「大好きーー」です。


原発は戦争の一種

 以前、何かの本で読んだのであるが戦争を一言で表現すると「戦争は愛する者たちとの別れである」という言葉に衝撃を受けたことがある。為政者がおこなう「想定」された別離である。 悲劇である。

 今、大津波で2万人を超える多くの人たちに否応なく「別れ」があった。これは戦争ではないとボクは思う。大震災である。そのほとんどの悲しみは防ぎようがなかったかもしれない。それこそ「想定外」である。
 しかし、原発の事故は「戦争」だとボクは考える。なぜか?それは自分の住む土地との別れ。肉親との離別。などなどが人為的に起こされているからだ。この事故が起きることはすべて「想定内」だったと言ってもよい。避けることができたのである。

 フクシマ(あえてこう書きます)に住んでおられるアマチュア無線の大先輩のブログでお孫さんたちが京都に避難されたという内容を拝見した。
 目に入れても痛くないメンコイ4人のお孫さんたちが出発する写真が掲載されているのだ。この子たちが原発事故が収束する目途のまったく立たない福島に帰れるのはいつだろうか。目の前が真っ暗になってしまう。

2011.7.15付の朝日新聞『天声人語』に次の文があった。
『近刊の写真集「雲」(ネット武蔵野)を繰りながら、東京の空もなかなかだと思った。都下に住む瀬戸豊彦さんが撮りだめた空に、当日の天気図が添えてある。公園の花畑や高層ビル群の上、日替わりのカンバスで、雲たちは千変万化を競う▼天体が不易の象徴ならば、雲は流転の代名詞だ。同じ形は二つとない。「これほどドラマチックなものは自然界にありません。よい風景には必ず、よい雲がある」と瀬戸さんは語る。〈夏空へ雲のらくがき奔放に〉富安風生(ふうせい)▼遠くの親を思う心を望雲(ぼううん)の情という。津波や放射能に追われ、全国に散った子どもたちを思う。頭上の雲に探すのは、故郷で頑張る父さんの背中だろうか、風になった母さんの笑顔だろうか。いくつもの意味で、初めての夏になる。』
 望雲の情。遠くの親を思う心。遠くの孫たちを思う心。遠くに住む知人たちを心配する心。多くの心が散り散りバラバラになってゆく。そんな状態でも原発を推進しようとする人たちが日本を牛耳ろうとしている。

 こうなれば菅直人首相に居直ってもらうのが一番かもしれない。今、彼は辞める必要はない。朝日新聞の世論調査によれば菅直人の支持率は15%程度だが脱原発支持は75%を超えると言う。やはり、こうなれば菅直人首相の粘りを期待するしかない。そして、脱原発を、郵政民営化のような単純な争点にして伝家の宝刀「解散権」を抜くとどうなるんだろうなぁ。と、想像する。

 いずれにしても愛する人たちとの別れがどんどん加速している原発。もっと考えなければ。今日、『原発の深い闇 (別冊宝島)』と『雲』をそれぞれポチッたのである。


そよ風のコンサート

 一昨日のブログに書いた本田武久さんが自身のブログにその時のコンサートについて感想を書いてくださっている。ぜひとも読んでくださればありがたいです。

http://blue.ap.teacup.com/takehero/

一流のテノール歌手が小さな高校の体育館で歌う。それも、体育館は夏の風が時々カーテンをボワーンと巻きこみながら吹き抜け、周りではアブラゼミが鳴いている。
本来ならば防音設備の整ったホール等で演奏するのだろうが本田さんは「その場所で大丈夫です」と言ってくれたとのこと。

ボクはその時に「とても良い風が吹いている素敵なコンサートだなぁ」と感じていた。

    テノールの歌の流れる体育館ふわり温か風と涙は


本日の高校野球

 準決勝
  能代商  6- 3 金足農
  秋田中央 6- 5 秋田商

これで決勝戦はどちらもノーシード校の対戦となった。シード校制度について考え直す時期かもしれないと思う。強化策は初戦からガチンコ勝負が正しい方向性の一つだと思うのだが・・・。
と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR